おかしな おかしな 大 追跡。 「おかしなおかしな大追跡」昔々、ニューシネマ最盛期の頃サンフランシスコに四つの赤の格子鞄がやって来ました・・・

おかしなおかしな大追跡 の レビュー・評価・クチコミ・感想

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。 結構、笑わせてくれます。 ハワードの後に陣どっているのは意外やジュディ。 一方ハワードのカバンの中には岩石が数個。 日本語字幕監修: 日本語版 [ ]• サンフランシスコ市街地でのスリリングなカーチェイスシーンといえば何と言っても「ブリット」(1968)が思い出されますが、ここに、2つ目のパロディが見出せるのです。

>

「おかしなおかしな大追跡」昔々、ニューシネマ最盛期の頃サンフランシスコに四つの赤の格子鞄がやって来ました・・・

カルポフ/シャロン:()• その様子は、あたかも目茶苦茶なスピードで表層を駆け回ってアイデンティティなどどうでもよかろうとでも言わんばかりなのです。 数日後に開かれたパーティの席上、4つ並んだそっくりのカバンのうち、大事な岩石の入っているカバンがどれなのかわからなくなって、ジュディとハワードが全部を表に持ち出そうとしたため、みんな大あわて。 えっ、他にもカバンがある? いくつあるのだ? 【】さん 2011-07-03. 監督:• 最初の上品な紳士には、コトに及ぶ直前に大ケガをさせてしまった。 だがその金も借金のために泡のように消えた。 監督はバーバラから映画のオファーを受けた時、喜劇ならと引き受けたようです頭の中には昔の喜劇「赤ちゃん教育(1938)」があったそうです、豹をペットに飼っている奔放な令嬢(キャサリン・ヘプバーン)に生物学者(ケーリー・グラント)がいいように振り回されるスクリューボールコメディの古典だそうです、機会があったら観てみましょうか。 音楽:• ところが、「おかしなおかしな大追跡」の場合には、アイデンティティが間違えられるのが鞄であるばかりでなく、結局最後まで何の為に皆で躍起になって鞄を追いかけているかが全く判然としないのです(或いは、小生のおつむがポンツクということか?)。 『』以来となる、監督とが4度目のタッグを組んだ作品。

>

おかしなおかしな大追跡 : 作品情報

ジュディ(バーブラ・ストライサンド)は自分の旅行カバンの中に百科事典を1冊つめこんで放浪の旅をしている。 更に、ハワードの婚約者ユニースまで同じ17階に部屋をとって、未来の夫の監視をつとめているのだから状況はややこしい。 つかまってはならじとばかり、ジュディとハワードは雑貨屋の運搬車に乗って逃げだし、あとの連中は逃してはならじと自動車に飛び乗り、坂の多いサンフランシスコの市街で珍妙な大追跡を展開する。 高利貸しに利子付きで4、000ドル返せと脅かされたヘンリーは、バーニーの紹介でチェリー夫人(モリー・ピコン)というお婆さんに会い、4、000ドルの借金の肩がわりをしてもらったものの、このお婆さん、実は主婦売春の元締めだった。 ドラマの解決は、再び故郷に帰る飛行機の中だ。

>

おかしなおかしな大追跡 : 作品情報

その書類を狙ってジョーンズという男が後をつけまわし、宝石を狙ってホテルの専属探偵と帳場係がこれまたウロチョロしているからたまらない。 見どころはタイトルにもある大追跡、くだらない猿芝居を1時間も見せられた後の10分間のクライマックス、サンフランシスコの坂道をマックィーンの「ブリット」顔負けのカーチェイスだが10分間で湾にドボン。 「おかしなおかしな大追跡」は全くその反対であり、見れば見る程「なぜジュディは見ず知らずの音楽学者バニスター博士にしつこく付きまとうのか」などという疑問はどうでもよくなるのです。 ドラマの解決は、再び故郷に帰る飛行機の中だ。 また、「おかしなおかしな大追跡」を始めて見る人は、序盤は必ずや、なぜジュディ(バーブラ・ストライサンド)は見ず知らずの音楽学者バニスター博士(ライアン・オニール)にしつこく付きまとうのか不思議に思うはずです。 フィアンセだったユニースはララビー氏と結ばれ、ハワードとジュディもめでたく結ばれることになった。 バン・ホスキン夫人(メイベル・アルバートソン)とスミス氏(マイケル・マーフィ)。

>

おかしなおかしな大追跡|MOVIE WALKER PRESS

ストーリーの核となるのが、音楽理論研究家のハワードが婚約者と別々の部屋に泊まり、ララビー財団の奨励金2万ドルを得ようとする。 その他日本語吹替:、 スタッフ [ ]• 夫人のカバンの中身は宝石類。 同じチェック柄の旅行鞄が4つ。 一人は政府の機密文書を、宝石を持って旅をしている夫人、石器時代の音楽を学会で認めてもらおうと石を入れているハワード ライアン・オニール 、そして百科辞典を入れて放浪の旅をしているジュディ バーブラ・ストライサンド。 解説 博識多才なオテンバ娘と、音楽理論学会にのり込んできた田舎青年が、まったく同じ形の4つの旅行カバンのおかげでとんでもない大事件にまき込まれていくコメディー。 勿論、「おかしなおかしな大追跡」はコメディなので、ヒッチコックが監督したシリアスなサスペンススリラー作品とは違うのは当然ですが、監督のピーター・ボグダノビッチはヒッチコックを個人的にもよく知っていたようであり、いわばヒッチコック映画の持つエッセンスをコメディに取り入れて、それをパロディとまでは言わずとも一種のオマージュに仕立てようとする意図がボグダノビッチの頭の中にあったとしても何の不思議もなかったはずなのです。

>

おかしなおかしな大追跡|MOVIE WALKER PRESS

サンフランシスコ名物の坂を駆け下りるかと思いきや階段を駆け下りたり、最後には皆で揃ってサンフランシスコ湾にポチャンと突っ込む有り様なのです。 彼女はフランソワの小説に興味を持ち、論文のテーマを「ボブシリーズはなぜ大衆に人気なのか」に決める。 また、「おかしなおかしな大追跡」では、舞台がサンフランシスコ市街地に置かれ、スリリングな?カーチェイスシーンが見られます。 「おかしなおかしな大追跡」は、一般的には伝統的なロマンティック・コメディの流れに属する作品であるように捉えられることが多いようですが、さすがはピーター・ボグダノビッチ!単なる一山いくらのロマコメには終わらせていません。 それでも無事釈放されたのは、この判事さんがジュディのパパだったからということになる。 八点鍾 追記 このボグダノビッチ監督は、あのジョン・フォード監督の研究者でもあります。 この四人が同じホテルに宿泊して、カバンを取り違え、ジュディが色々と掻きまわすことで物語は、あらぬ方向に進み大騒動、大追跡になるのだが・・・ そのラストのあのセリフ "つまらないセリフだ" も決まったクールなコメディ映画です。

>

おかしなおかしな大冒険

とにかく、バーブラ・ストライサンドが歩いた後は草木も生えないことがよく分かります。 そして、現実と妄想の世界が同時に動きだす…。 レタントンローヤル館 八重垣 にお出で頂き有難うございます。 ネタバレ! クリックして本文を読む 冒頭からトップシークレットの書類がチラリと出てくるからスパイものかサスペンスを予感させられるが尾行者の必然性の無いゴルフバッグ、ドジ加減で真面目に観てはいけない種類の映画だと察知するも主役のジュディ(バーブラ・ストライサンド)の役どころが理解できずに沼に嵌る。 製作総指揮:• ジョン・フォード監督を研究するのであれば、ボグダノビッチ監督の著作又はリンゼイ・アンダーソン監督の著作を読んでください。

>