グリップ テープ テニス。 グリップテープ何?初心者必見!テニスのグリップテープとは!

テニス用グリップテープおすすめ12選|ヨネックスなど人気ブランド厳選!

1970年代から現在に至る歴代名プレーヤーのエピソード、ラケットやシューズといったグッズの変遷、人気の移り変わりなどに深い知見を持つ。 その他の関連項目• これにより通気性に優れているので 汗をかきやすい人におすすめになります。 巻くときに角度を付け過ぎない• スポンサーリンク グリップテープの厚み さて、みなさん、グリップテープの厚みってどれくらいか、ご存知ですか。 そこで、こちらのページではオーバーグリップについてとハサミなしで巻く2つの方法をお伝えします。 2つ目の「 ドライタイプ」はサラッとした握り心地で、手汗をよくかく人にはちょうど良いでしょう。 オーバーグリップテープ リプレイスメントグリップの上に巻く薄めのテープです。 グリップが変色している• 【ミズノ】シンセティックグリップレザー の「シンセティックグリップレザー」は、 厚さ1. 保護シールをはがし、グリップエンドとテープの切り込みがある方を上側にして合わせます。

>

「グリップのお手入れ」テニスラケット(RACKET)メンテナンスガイド:「テニスメンテナンスガイド(tennis Maintenance Guide)」| スーパースポーツゼビオ

そのためグリップ性が不十分になります。 質感 タイプ• 商品名 YONEX(ヨネックス)『プレミアムグリップアルティマムレザー』 DUNLOP(ダンロップ)SRIXON(スリクソン)『リプレイスメントグリップ(STA-2600)』 Wilson(ウィルソン)『CUSHION-AIRE CLASSIC CONTOUR(WRZ4203)』 Wilson(ウィルソン)『PRO PERFORMANCE GRIP(WRZ470800)』 BabolaT(バボラ)『ナチュラルグリップ(BA670063)』 YONEX(ヨネックス)『ウェットスーパーメッシュグリップ』 Prince(プリンス)『SUPER TACK PRO(OG111)』 DUNLOP(ダンロップ)『オーバーグリップ セミドライタイプ(DTA2020)』 DUNLOP(ダンロップ)『オーバーグリップ ウェットタイプ TOUR-TAC 1PC(DTA2011)』 YONEX(ヨネックス)『ウェットスーパーデコボコグリップ』 Wilson(ウィルソン)『ELITE DRY OVERGRIP 1PK(WRZ470701)』 BabolaT(バボラ)『プロチームSP(BA651019)』 商品情報 特徴 クリアな打球感が得られる天然皮革製 使いやすい合成樹脂タイプ グリップ重視で選ぶなら 巻きやすさと打球感の高さが魅力 ナチュラルレザーの風合いも楽しめる 通気性と吸水性の高さを両立 巻きやすく耐久性も高い 速乾性の高さで選ぶなら 雨天時にも使いやすい 子どもや初心者も使いやすいフィット感 質の高いドライタイプを求めるなら 手汗をすばやく吸収してフィット タイプ レザー 合成樹脂 合成樹脂 レザー レザー ウェット ウェット セミドライ ウェット ウェット ドライ ドライ 素材 牛革 ポリウレタン コットン、ポリウレタン コットン、ポリウレタン 天然皮革 ポリウレタン ポリウレタン ポリウレタン ウレタン布 ポリウレタン、ゴム 不織布、PU ポリウレタン 厚み 1. 合成樹脂タイプ 合成樹脂タイプは一般的に使われている素材で、柔らかく、握り心地も優れているので ボールの衝撃を吸収してくれますよ。 グリップテープの交換 グリップテープは消耗品であるがゆえに、握っている時の摩擦などでウェット感がなくなってくる、剥がれてくるなどの変化が起きやすいです。 グリップテープの種類 テニスラケットに巻くグリップテープには大きく分けて「アンダーグリップ」と「オーバーグリップ」の2種類があります。 特に手汗が多い人はドライタイプのオーバーグリップを使用すると良いでしょう。 1周したらテープを少し斜めにしながら、重なる部分を作りつつ慎重に巻いていく• どんなものでも変わると賛否が分かれるものですが、ボウブランド独特の吸い付くようなグリップ感と耐久性は大きく変わっていないので安心してください。

>

「グリップのお手入れ」テニスラケット(RACKET)メンテナンスガイド:「テニスメンテナンスガイド(tennis Maintenance Guide)」| スーパースポーツゼビオ

それを防ぐポイントは以下の通りです。 7mm以上は厚めになります。 リプレイスメントグリップテープの選び方 出典: 手に伝わる打球感で選ぶ リプレイスメントグリップテープはボールを打った際の衝撃がタイプによって異なります。 手に汗をかきやすい人や、長時間プレーする人におすすめです。 しかし凸凹タイプを使うことでグリップが太くなることがあるので、手が小さい女性は、グリップテープの厚さを確認し、もしグリップが太くなることで支障をきたす場合にはウェットタイプで無地のグリップテープを選びましょう。

>

グリップテープ何?初心者必見!テニスのグリップテープとは!

【ヨネックス】ウェットスーパーストロンググリップ の「ウェットスーパーストロンググリップ」は、 ウェット性と耐久性が良くた、初心者におすすめのグリップテープです。 テニスマイスター・杉浦直樹さんに取材のもと、テニス用グリップテープの選び方とおすすめ12選を紹介します。 感触を柔らかくして手に伝わる衝撃を減らす• レザーのため角が出るのでフィット感に優れ、グリップチェンジも非常に楽になり、バランスも安定するのでおすすめですよ。 プレースタイルや自分の特徴を考えた上で2つのグリップを選ぶとよりパフォーマンスの向上が見込めます。 手の汗がかかないという方は滑りやすく扱いづらいですが、反対に手の汗が気になる方はとても握りやすく滑らないグリップになっており、夏にプレイする場合や、普段から手に汗がかきやすい方はおすすめです。 古いグリップテープを剥がす• ドライグリップテープ さらさらなドライ感が心地良く、特に手に汗をかく方や夏場におすすめです。 どちらが好みかはひとそれぞれです。

>

テニスのグリップテープの厚みを考える 薄いグリップテープと厚いグリップテープ

テニスのグリップテープおすすめ10選 ここでは、テニスのグリップテープおすすめの商品を10個ご紹介します。 アンダーテープのレザーは、打球の衝撃を手のひらにダイレクトに伝えてくれるので、しっかりとした打球感が得られます。 ドライタイプは、サラサラとした質感をしているので手汗をかいてもテープが吸収してくれ、程よい湿り気でプレーすることができます。 そのためにオーバーグリップテープを購入して、自分で巻く人は少なくありません。 そのためにグリップ性が弱くなってしまいます。

>

「グリップのお手入れ」テニスラケット(RACKET)メンテナンスガイド:「テニスメンテナンスガイド(tennis Maintenance Guide)」| スーパースポーツゼビオ

グリップテープを巻く際の気を付けるべきポイント 初めての方だとどうしても ムラやシワなどが出来てしまうことがあります。 オーバーグリップの種類であるウェット・ドライタイプは自分の手に合わせて選ぶ必要があります。 常に高いフィット感を維持し、手への衝撃を和らげてケガを防止するという、いつでも快適にベストコンディションでテニスを楽しむことができる点にあります。 ナダル選手については現在では違うかもしれませんが、二枚巻きのうわさもありました。 長時間テニスをプレーする選手にもおすすめの加工になりますが、こちらも汗をあまりかかない方は思いの外、 滑りやすくなるかもしれないというデメリットがあるので注意してください。 抜群の耐久性、耐摩耗性を発揮し、最高級の質感はプレーヤーの間でも圧倒的な支持を得ています。

>

テニスのグリップテープの厚みを考える 薄いグリップテープと厚いグリップテープ

使い始めて2日くらいで黒ずみがはっきり目立つようになりました。 また、グリップテープは、汗を吸い込むという特徴を持っていますが、古くなるとその特徴が十分ではなくなります。 摩擦感がない•。 けっこう基本中の基本くらいの勢いで巻いてます。 均一に巻く• レザータイプは硬めの質感になっており、ラケットの角などがしっかりと感じることができます。 通常のドライタイプは汗が染込んでからグリップ力を発揮しますが、この商品はシリコンが含まれているため 通常のドライタイプよりも滑りません。

>

テニスのグリップテープの厚みを考える 薄いグリップテープと厚いグリップテープ

6mmくらいが通常の厚みといったところです。 テニスのグリップテープの選び方4ポイント グリップテープの質感で選ぶ 先ほどオーバーグリップのところでも少し触れましたが、グリップテープにはウェットタイプとドライタイプという2種類の質感の違うテープが展開されています。 これらのポイントを参考に、自身の予算も考慮してテニスのグリップテープを選ぶと良いでしょう。 【ウィルソン】リプレースメントグリッププレミアムレザー の「リプレースメントグリッププレミアムレザー」は、根強いファンがいるレザーグリップです。 レザータイプはノーマルタイプに比べて重くて滑りやすく、 汗を吸うので定期的な交換が必要になりますが、ボールをヒットする時の感触をダイレクトに感じられるでしょう。 凸凹タイプ 凸凹タイプは、グリップに凸凹の溝がある形状をしているため、 非常に優れたグリップ力を発揮することで知られています。 テープを巻くことで、ちょうど 1グリップ分ラケットのグリップサイズが上がるようになります。

>