細田 高広。 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略 : 細田高広

いますぐ行きたくなる物語のある絶景の通販/細田高広

残っていたビールを飲み干す。 バスケットコートがある。 クリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト、カンヌライオンズ、CLIO賞、ACC賞グランプリ、東京コピーライターズクラブ(TCC)新人賞、ロンドン国際広告賞など国内外で受賞多数。 また、ただ人生について語るのではなく、その人や、その人の行動を「Celebration(讃える)」しているかどうかが重要だという。 STEP 1 現状を疑う STEP 2 未来を構想する STEP 3 言葉で描く 常識を打ち破る発想方法 では実際に、ビジョナリーワードと呼ばれる言葉をどうつくるのか。

>

【書評】未来は言葉でつくられる(細田高広)

未来をつくる言葉、かっこいいですね。 すでにできあがったブランドや商品を「売るため」の広告づくりだけでは限界があります。 そっか。 そう語った細田高広氏は、広告制作にとどまらず、経営層と向き合って数々の企業のビジョン開発に携わってきた異色のクリエイターだ。 声があります。 投資したくなる。

>

TBWA博報堂ECDの細田高広氏、広告専門誌Campaign Asia

売りたくなる。 つまり、プレゼンを「ホームゲーム」にするんです。 あるいは、そんな気がしてきた。 ビジョナリーワードとは、組織とか国の未来を表す場合は「ビジョン」、商品開発の場では「コンセプト」といったような、目指すべき未来を的確に言い表す言葉のこと。 「 2030年までに、貧困博物館をつくる」 貧困というものがもはや博物館でしか見ることができず、むかし世界には貧困というものがあったのか、、と人々がつぶやいているような未来。 『この本の終わりが、新しい旅のはじまりでありますように。 経営と言葉という、今まで無視されがちだった領域に光を当てる、クリエイターとしては異色の存在。

>

細田高広さんの『未来は言葉でつくられる』読みました。かんたんな感想と紹介を。

周りに勧めたくなる。 あの町には、海があり、山があり、 魚がいて、酒があった。 旅行をするとき、あるいは旅先でその場所についての思わぬ歴史や物語に触れて、その旅が後までずっと心に残るものになったことはないでしょうか? 幻想的な桜の園を未来に残したいと願った男、福沢諭吉が匿名で守り抜こうとした秘境、伝説の花火師が一夜だけ咲かす花火に込めた願い、我々の足元にひっそりと建つ地下神殿の物語・・・。 この先どうなるんだろう。 これまでの受賞歴は、カンヌ金賞、NY ADCグランプリ、CLIOグランプリ、Spikes Asiaグランプリ、ACCグランプリ、クリエイター・オブ・ザ・イヤーメダリストなど。

>

細田高広さんの『未来は言葉でつくられる』読みました。かんたんな感想と紹介を。

2.日清食品「アクマのキムラー篇」 長年ブランドを支えてきたマスコットキャラクターは、ちょっとした変更を加えるのも勇気が要るものだ。 しかしながら、構成を言葉にするときには、正しいことを言うときとはまったく違うマインドセットが必要になります。 の「海も山もある故郷を、何も無い町と呼んでいた。 そして、いよいよ「言葉をつくる」工程だ。 子どものときから、ずっと疑問だった、 私の頭の上と空はつながっている。 これはまさに一行の戦略であり、ビジョナリーワードであろう。

>

細田高広さんの『未来は言葉でつくられる』読みました。かんたんな感想と紹介を。

これまでに、カンヌ金賞、NY ADCグランプリ、CLIOグランプリ、Spikes Asiaグランプリ、ACCグランプリ、クリエイター・オブ・ザ・イヤーメダリストなど国内外の名誉ある賞を約500以上受賞し、2015年と2018年、2度にわたりCampaign 誌のCreative Person of the Year に選出されています。 グローバルブランドを中心に数多くの広告コミュニケーションを担当してきた。 本講座では言葉を切り口に、その力の獲得を目指します。 そうした言葉はもはやコピーではなく、未来の目的地を設計し、 熱狂的ストーリーを生み出す「1行の戦略」です。 そんな未来を発明する1行の戦略、「ビジョナリーワード」のつくり方を、 世界を変えた30の言葉を紹介しながら、「本当にそう? 単なるおままごとだ。 「ねえ、君の人生のことなんだけど…」と語りかけるべきだ、とつづけた彼のダメ出しが、「今でも一番気持ちのいいダメ出しだったかも」、と細田さんは笑う。

>

ビジョナリーワードが競争力の根源に 未来は言葉でつくられる

コンセプト開発、クリエイティブシンキング、広告制作。 そのような期待を込めて、この作品を選ばせてもらった。 頭の中では、勇ましい鷹が空を飛んでいた。 Evernoteを使い馴染んでいる人は、Evernote以前と以後のライフスタイルがずいぶん変わっていることだろう。 次に「未来を探る」プロセスとして、「もしも?」を考えてみる。

>

細田高広の名言

しかし「Remember everything. クリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト、カンヌライオンズ、CLIO賞、ACC賞グランプリ、TCC新人賞、ロンドン国際広告賞など国内外で受賞多数。 当時の常識では、コンピュータは巨大で、複数人で共有するものであり、これからさらにコンピュータは巨大化すると考えられていた。 慎重になるのではなく、大胆になること。 やがてあなたの物語は現実で動き出す。 若い子に囲まれて、近ごろ私は、浮いている。 踏めなかったアクセル ファーム富田のラベンダー畑 星の降る村 阿智村の星空 1962年の桃太郎 地獄谷野猿公苑 伝説破り 十和田湖 戦地の贈り物 五稜郭 シベリアの白菊 長岡まつり大花火大会 楽園のつくりかた 由布島 道に残された名前 阿寒国立公園 黄金トンネル 垂水千本イチョウ園 住民がつくった日本一 谷瀬のつり橋 見えない遺産 白川郷 鳥の声を聴け 尾瀬 海の贈り物 英虞湾 藤を動かす あしかがフラワーパーク 心を照らす灯台 東尋坊 時を走るSL 大井川鐵道 善の綱 槍ヶ岳 夢の島 軍艦島 小説家の愛した杉 北山杉の里 白鳥おじさんのこと 瓢湖 森の父になる 明治神宮 川んつなぐ道 国土交通省 首都圏外郭放水路. たとえばブログで考えてみよう。

>