アンナ メイ ウォン。 アンナ・メイ・ウォンに1/22のgoogleロゴが変更!!人種差別と戦った偉大な女優の生涯とは?

アンナ・メイ・ウォン

ようやく、そして生まれて初めて、自分自身でいることを受け入れられたアンナ・メイは、クイーンズ・イングリッシュだけでなくドイツ語、フランス語も完璧にマスターし、本格的に世界的な映画スターとして花開くこととなる。 そんなショー・ビジネス界で、戦前のサイレントからトーキー初期にかけて活躍した二人の有色人種系女性スターがいた。 ウォンは戦争の気配から逃れるように帰国し、に戻った。 彼女が演じた主な役柄は 悪女、妖婦、メイド、売春婦、女奴隷などの妖艶でミステリアスな東洋人女性。 続く『黒い肖像』 1960 共々、似たような役柄が続き、ウォンは「また例の役よ」と苦笑いしたという。 超可愛い。 東洋人に対する厳しい見方や法律によって アンナ・メイ・ウォンさんには同じような役柄しか与えられなかったんですね。

>

上海特急

これが「手の女優」にしか出来ない、愛のすぐれて映画的な表現なのだ。 まとめ 今回はGoogleロゴの人物、アンナ・メイ・ウォンさんについて紹介しました。 1924• 1928年、彼女はハリウッドから離れ、ヨーロッパへと活動の拠点を移します。 1930年、凱旋帰国したウォンは、の舞台に立って喝采を浴び、続いて意気揚々とに戻った。 リリーの車室には高等教育を受けた中国の娘フイ・フェイがいた。 彼女はウィルモットの愛人でもあった。 これにより、ウォンの演じられる役柄は、非常に限られたものしか無かった。

>

上海特急|MOVIE WALKER PRESS

超えてはいけない見えない境界線というのは確実に存在していたのだ。 シンガポール Across to Singapore 1928• ついにその便衣隊が帰るまで乗客は拘留されてしまった。 最初は、彼女はチャンとの約束を守って動かなかったが彼が殺されたと聞いて、ハーヴェイの後に従って叛軍と戦いながら特急に帰った。 ドイツで知遇を得た名匠E・A・デュポンの招きで出演したこの作品で、彼女は貧しさから抜け出すために苦闘し、ダンサーとしてスターダムに昇るチャンスを掴んだものの、肥大しすぎた野心のために破滅する中国人女性を演じた。 ハリウッドで一定の地位を確立したように見える黒人俳優にしても、未だに白人の主人公の相棒役のような、人種問題に配慮して作られたような役柄に甘んじる事が多い。 しかし、その表層の下で依然として見えざる差別が存在するのも動かしがたい事実だ。 歓楽の舞姫 His Supreme Moment 1925• また、彼女が買ってあげた時計を未だに身に付けていながら復縁を断られたことに拗ねて素っ気ない態度を取るクライヴの 間に合ってない感に笑う。

>

googleのロゴが女性に!アンナ・メイ・ウォンってどんな人?

朱金昭 1934• 妊婦・売春婦・奴隷・メイドなどの役柄が多く、本人は同じような役柄に苛立ちもあったそうです。 そんなわけで本日は 『上海特急』です。 時代という濾過装置にかけられ、最後まで生き残った記念としてビデオグラム化された映画群のことをわれわれはクラシックと呼んでいる。 当時17歳だった彼女は、白人の男性と恋に落ちるヒロイン役を演じた。 ハリウッド女優として映画出演している一方、外国人として扱われてしまい、俳優仲間から異分子と見られてしまいます。

>

上海特急|MOVIE WALKER PRESS

ピーター・パン Peter Pan 1924• この映画の母親役のオファーを受け、アンナ・メイ・ウォンは出演に向けて意気込みました。 祈りの黒鳥が夜に舞う。 アンナ・メイ・ウォンの経歴 現在でも人種による差別が残るアメリカ。 アンナ・メイ・ウォンのヨーロッパ進出 一大決心をしたアンナ・メイ・ウォンは、1928年の23歳の時にヨーロッパへ渡ります。 ディートリヒの手! そういうことです。 ハリウッド初の中国系アメリカ人としてサイレント期に活躍した女優である。 彼女の伝記2冊と、女優としての足跡を記した本が出版されました。

>

世界中の女性をメロメロにした早川雪洲の「ハリウッド黄金伝説」|なぜアジア人俳優は米国で活躍しないのか?

ハーヴェイはリリーがチャンに身売りしたものと信じて冷たかった。 皇帝が戴冠()• 異郷の露 1934• C:Curious Chinese Child:好奇心旺盛な中国娘」とあだ名をつけられるほどでした。 彼女は地域の公立学校へ通いました。 この法律により、アンナ・メイ・ウォンが出演する映画でも役柄が限られたものしか与えられず苦しんでいたのです。 誰よりも煙草の吸い方が上手かったローレン・バコールもディートリヒの煙草の持ち方を見ればたちまち火種を落として逃げて行ってしまうし、腕がもたらすフィルム的効果を熟知していたエリザベス・テイラーですら革命軍に押さえつけられるディートリヒの腕を前にしては「クレオパトラなのにー!」とか何とか言いながら逃げて行かざるをえない。 彼女以外では、ルイーズ・ブルックスの「パンドラの箱」でルルに人生を狂わされる中年医師を演じて知られるドイツの名優フリッツ・コートナーが、アブ・ハッサン役を演じて強烈なインパクトを残す。

>