Akira コロナ。 AKIRAのあらすじって?コロナウイルスで東京オリンピック開催危機を予言している?

20年前の作品がコロナ禍の今と不気味に符合… レジェンド日野日出志、トラウマ必至の怪奇漫画集/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

神に愛された天才としか言いようがない、大友克洋の至高の描写力によって、大胆に、また同時に微に入り細に入り、絶妙のリズムでもって「ぶち壊されていく」ネオ東京の最後の光景は、一度見たら生涯忘れ得なくて当然の凄絶なインパクトだ。 そして2020年の東京オリンピックを控えたこの街で、「AKIRA」という凄まじい超能力を持つ子どもを巡る争いが繰り広げられていくのだ。 むかし「政治は三流、経済一流」とうそぶいていた国が(本当にそう言っていたのだが)、どっちも三流(か、政治は五流かもしれない)となって長い。 戦後復興の1964年の前回東京五輪、1968年の大学闘争、死に物狂いの東京再開発……。 1988年にはアニメ映画も公開され、国内外に大きな影響を与えた伝説的作品『AKIRA』。

>

マンガのAKIRAって?現代のコロナ流行等を予言してたんですか?

これを受けて予言が外れたというならばそれで良いのだが、 オリンピックが東京に決定してもなお、「2020年のオリンピックが気掛かりなのです」とブログに書いていました。 かつて僕はと題した論考およびその続編のなかで、ロンドン五輪の前年に起きた暴動を引き、日本にもなにか、その国民文化に合った形での軋轢が五輪を機に表面化することを予想した。 「TOKYO2020」が開幕する今年7月24日の413日前は2019年6月7日。 つまり、いま僕らが過ごしている日常というのは「一発目と二発目のあいだ」の3日間が引き延ばされただけの、暫定的な「生の時間」にすぎない。 これまで200件以上の広報コンサルティングやメディアトレーニング(取材対応トレーニング)を行う。 新型コロナウイルスの宿主とされているのはコウモリでしたね。

>

AKIRA

以来、残念ながらその存在は長く忘れられていたが、作中に出てくる「新種のウイルス」「原因不明の高熱で人々は次々と倒れた」という言葉には、2020年の今、新たな意味が付加されてしまったのを感じずにはいられない。 凄まじい爆発で巨大なクレーターができ、大半が水没してしまった東京は戦争が終わると、「ネオ東京」として復興の道を歩み出した。 文字どおり、市街地の大部分がビルも人もふっ飛んで、 「復興前の」灰燼へと帰してしまう。 漫画「AKIRA」は30年以上前に描いたものなのに、2020年に東京オリンピック開催を予言しています。 さらに、「東京オリンピック開催迄あと147日」に着目していただきたいです。 「トラウマ!怪奇漫画集」は1600円(税別)。 たとえば、コロナ禍の延長線上における危機は、いままさに現在進行形だ。

>

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし

そこの部分の話を、僕はしている。 その予定もない。 大人しかった鉄雄が一変したことに戸惑いを隠せない幼馴染の金田。 壊滅的な、大崩壊だ。 五島プラネタリウムでは、コーネリアスの特殊撮影までやらせてもらった。 と、これは僕が言っている嫌みではない。 ならば、この現象を合理的に説明できる答えはひとつしかない。

>

新型コロナ蔓延・東京五輪延期を予言!?漫画「AKIRA」の“鳥肌シーン”

むかし「政治は三流、経済一流」とうそぶいていた国が(本当にそう言っていたのだが)、どっちも三流(か、政治は五流かもしれない)となって長い。 どの道路の上に立ったとしても、一直線で前方を見通すことができない位置にて、渋谷駅周辺に「これでもか」と林立させられたビル群が、この先もずっと長く立ち続けている予定だ、ということ自体が。 唯一予見できなかったものはスマホだったと脚本家ボブゲイルが話してた。 「オリンピックはどうなるん?」 「東京オリンピックが中止になったら リアルAKIRAではないですか!」 と、予言が成就するのではないかと話題なのです。 実際の現実の世界でも、新型コロナウイルスの流行によって、オリンピック開催が難しいかもしれないという見解が出ています。 東京オリンピックの開催日である7月24日から逆算すると、147日前は2月28日になります。 ヒプノセラピストマリアの「サーバーシステム」予言 ヒプノセラピストマリアさんの 「サーバーシステム」という予言方法があるのですが、分かりやすく言うと、マリアさんの 生徒さんをモニターとして、ビジョンを映し出す予知の方法があります。

>

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし【2020年度上半期ベスト3】

そもそもが、 なんの「復興」なのか? 東日本震災の被災地の復興に一切役立たないことは、いまさら僕が言うまでもない。 これを受けて、五輪反対派からは、「グレーなままでまんまと逃げおおせた」「こんな黒いオリンピックは中止にすべき!」という批判が持ち上がっていたのだ。 「トラウマ!怪奇漫画集」は1600円(税別)。 5Gにともなって発生する電磁波は「新たな環境と人体に対する汚染」との受け止め方が広がりつつある・・. そのせいか、どうにも僕にはぴんと来ないのだ。 そして、1945年8月6日に広島に投下されたあと、同9日に長崎に投下される。 東急文化会館は、およそ47年にわたって、あの地にあった。

>

(2ページ目)AKIRAの予言再び「2月29日に何かが起きる」!? 新型コロナウイルスで東京閉鎖か、新型核攻撃で東京が空洞に?ートカナ

数ある傑作、怪作群から特にその「トラウマ」要素に焦点を当てた6作品を収録した単行本「トラウマ!怪奇漫画集」が11月16日、イカロス出版から発売される。 「とはいえ、日野先生自身は『漫画ではよくある設定。 シブヤ経済新聞のページより さらに、パルコも協賛する一大「再開発」プロジェクトの愛称がなのだ。 。 さて、そこで「AKIRA」のことをご存じのない方が次に気になるのが、「予言ってナニ?」ということだろう。 そして2020年の東京オリンピックを控えたこの街で、「AKIRA」という凄まじい超能力を持つ子どもを巡る争いが繰り広げられていくのだ。

>

AKIRAの予言は東京オリンピックや伝染病に続いて税制改正失敗も?

あるいは、開催を争っていた イスタンブールにこの7年間に起こったことに近いような「ストーリー」を、これからの東京および日本、いや東アジアはくぐり抜けなければならない、のかもしれない(それはかなりやっかいだ)。 ネタバレになるが、「AKIRA」のラストは、主人公・金田たちが「大東京帝国AKIRA」という独立国家を築き、瓦礫の山の中でアメリカの手も借りずに自分たちだけで東京の再建を目指す、というものだ。 しかしあの建物は、僕の知るかぎり、とくに理由がアナウンスされることもなく、ある日突然なくなった。 この他にも作品内の描写が現実とピタリと重なっている。 なるはずが、一切ない。 「AKIRA」は単に昭和の時代に起きた出来事を未来風に描いただけ。 しかし、 開催に至る直前にネオ東京はふたたび壊されてしまう。

>