めだか ボックス 球磨 川。 球磨川 禊

球磨川禊 (くまがわみそぎ)とは【ピクシブ百科事典】

受けた者はあらゆるステータスが球磨川と同じ、過負荷に落とされてしまう。 喜界島 もがな 詳細は「」を参照 屋久島 有無路(やくしま うむみち) 声 - 3年11組の男子生徒。 図書委員長。 グッドルーザー球磨川【外伝】 球磨川禊が箱庭学園へ転校してくる前にいた「水槽学園」での物語。 母は潜木家の人間であり、漆黒宴の潜木家代表「潜木もぐら」とは名前に共通点が見られる(どちらも子音で表記すると「MGR」となる)。

>

球磨川禊の名言

選挙後、「」を抱えていることが判明する(そのため、「この世界がもしも『週刊少年ジャンプ』に連載されている漫画だったら」と仮定して物事を話すことが多く「主人公」「ラスボス」「最終回」「アニメ化」など、漫画に例えることが多い)。 と、まぁ色々と丸くなった彼ではあるが、不知火不知編にて安心院さんやめだかには卒業までに勝ってみせるという意気込みは変わっていないようで、めだかも安心していた。 『下巻 水槽管理のツークツワンク』2012年11月24日第1刷発行(11月19日発売 )、• その能力は謎に包まれており、本人もよくわかっておらず、わかろうともしていない。 鹿屋 必修(かのやひっしゅう) 声 - 2年生の男子生徒。 また、自分で勝手に傷ついた場合は押しつけることはできない模様。 潜水艦中学2年5組の女子生徒。

>

「めだかボックス」の質問、第三弾!です。球磨川は、戦うときは基本的に...

具体的には発動してから三分間の間自らが持つ他のスキルの一切を使用不能にするスキル。 「殺人衝動」のような欠点たり得る異常性との違いは、異常性の持ち主はそのスキルを意志で制御しているのに対し、過負荷の持ち主は制御するつもりがないこと。 委員長は雲仙冥利。 また、「 殺す技術」に長けていることから同時に「 殺さない技術」「 殺されない技術」にも長けている。 光化静翔(テーマソング) 目にとまらぬ光の速度での移動・攻撃が出来るスピードの異常性。 本来は生物にしか作用しないが、能力の箍を外すことでコントロール不能になる代わりに、建物などの無生物にも作用する「 憎武器(にくしぶき)バズーカー・デッド」を発動出来る。

>

めだかボックス

フロア全体が巨大な迷路になっており、施設全体が壮大な実験器具となっている。 身体への物理攻撃を、力の加わった箇所を液状にして背後まで貫通させることで無力化することができる。 概要 「」・「」などで知られる西尾維新が手がけた初の週刊連載の漫画原作で、西尾原作の漫画作品としては3作目となる。 験体名「 死番虫(デスウォッチ)」。 鳥栖 木曜(とす もくよう) 声 - 3年生の男子生徒。

>

球磨川禊とは (クマガワミソギとは) [単語記事]

本当の志望動機は、憧れていた破壊臣(阿久根)に会うため。 百輪走では以前のように読者に背を向けている。 国東 歓楽(くにさき かんらく) 声 - 風紀委員会に所属する男子生徒。 第三回オリエンテーションではその妄想力を買われ、TRPGのゲームマスターを任された。 一番下の役職である庶務職に就いており示しをつけるために、年齢的には年下である善吉や鰐塚に対しても丁寧に接し、自分のことを呼び捨てにするようにと頼んでいる。

>

球磨川禊とは (クマガワミソギとは) [単語記事]

言葉(スタイル)は「 挑発使い」。 水中運動会では半袖を解説に置き、部長代行として実況や進行を務めた。 虎居 砕(とらい くだき) 2年10組の女子生徒。 異常な好意からめだかの傍らにいる善吉に当初好意的でなく、善吉との関係は良くなかった。 「殺したいほど大好きな人間を殺さずに済む」と語るように、本人にとって殺意と好意は限りなく比例するものである。

>

大嘘憑き(オールフィクション)

安心院さんは未練は無いが生きた証としてスキルを二つ球磨川に託す。 傷を負った現実そのものを「なかったこと」にして傷を負う以前の状態に戻したり、人間の死や視力などの五感さえも「なかったこと」にできる(に関与するスキルのため、自身の死に対しては自動で能力が発動し、球磨川は死にたくても死ねない状態にある)。 グッドルーザー球磨川 水槽に蠢く脳だらけ【小説版第2弾 上巻】 「グッドルーザー球磨川」の続編。 スキル 「 異常者( アブノーマル)」が持つ特異な才能や、「 過負荷( マイナス)」が持つ特異な欠点など、魔法のような力を総称して「 スキル」と呼ぶ。 また、自分たちが勝負に弱いことを誰より知っているので、まともな勝負はまず仕掛けてこない。 しかし、箱庭学園一学期. 何かと派手な行動の多い生徒会を快く思っていない。

>

めだかボックスの球磨川禊のスキルについて詳しく教えて下さいm(__)m

学園においては「天才のめだかに纏わりついている場違いの凡人」のような認識をされており、善吉本人は他人から生徒会長の犬と蔑まれてもよいという覚悟で生徒会の庶務をこなしている。 水中戦最強。 一度使ったら巻き取ることが出来ない。 身体能力にも優れ、足指の握力と腹筋操作で重力に反した垂直なベクトルに直立・歩行が可能。 第88箱にてカッコつけずに行動すると決めてからはカッコがつかなくなった。 委員会連合 [ ] 風紀委員会 [ ] 雲仙 冥利(うんぜん みょうり) 声 - 2年13組の男子生徒。 その後、球磨川の改心と時を同じくして、安心院なじみと不知火半纏の二人を箱庭学園に転入させた。

>