モーダル シフト と は。 モーダルシフトとは?メリットと進まない理由も解説

東洋メビウス、海上モーダルシフトを推進

「急な出荷量の増減に対応できない」 「トラックに比べて輸送コストがかかる」 「リードタイムが遅くなる」 といった、ネガティブ要素が障壁となっているようです。 この政策の背景には、わが国貨物輸送のトラックへの過度の依存と、それによる交通渋滞の発生や環境問題の深刻化があります。 他にもサプライチェーン全体のリードタイムが伸びることや、コンテナに合わせた形状への梱包、積み替え作業が増えることなどのデメリットもあります。 しかし近年のトラック運送業界では「トラックドライバーの人手不足」や、それによって派生する「荷物の過積載」「過労運転」などが大きな問題となっています。 メーカーから発注があれば、VMIセンターから出荷し、工場へ納品 出荷地点の積み込みの様子 モーダルシフトは、幹線の運行距離が500km以上の輸送距離がないと採算が合わず、コストが割高になってしまう場合があります。 国土交通省は物流の低炭素化などを目ざしてモーダルシフトを推進する事業を行っており、補助金などの交付が行われている。 (新しいウインドウで開きます). つまりモーダルシフトに取り組むことによって行政からの補助が受けられるということです。

>

「モーダルシフト」は日本の物流を救えるか?

「未曾有の大震災」と呼ばれた東日本大震災では、物資を輸送しようにも、地震によってトラック輸送網が麻痺してしまっていたのです。 モーダルシフトが進まないもう一つの理由としてはタイミングの指定の難しさがあります。 モーダルシフト推進のための支援策等 国土交通省では、モーダルシフトなど昨今の物流分野における労働力不足や、荷主や消費者ニーズの高度化・多様化による多頻度小口輸送の進展等に対応するため、 「2以上の者の連携」による 流通業務(輸送、保管、荷さばき及び流通加工)の省力化及び物資の流通に伴う 環境負荷の低減を図るための物流効率化の取り組みを一体的に実施するとともに、「モーダルシフト」・「輸送網の集約」・「輸配送の共同化」等の輸送の合理化により、流通業務の効率化を図る事業に対する計画の認定や支援措置等を定めた法律、 【流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律(物流総合効率化法)】による支援を行っております。 ターミナルにて貨物列車へコンテナを移し替え、静岡のターミナルまで輸送• を利用してトラックそのものを航送する「モーダルシフト」も、数多く利用されている。 モーダルシフトの目的 [ ] モーダルシフトの主目的は(CO 2)排出量の削減にある。 2010年3月には「」という、民間事業者と関係省庁が意見交換をするための議会を設置。 すでに海上輸送の拡大に向けた協議を東洋製罐と定期的に実施している。

>

モーダルシフト|用語集|物流事例・お役立ち情報|大和物流株式会社

だから 内航海運と呼ばれる 国内の船による輸送が モーダルシフトのために とっても期待されてるそうです。 そのような中、最近では、トラックドライバーの労働環境改善のため、モーダルシフトが注目されているのです。 これを転換させるためには、鉄道は主要な幹線鉄道の輸送力、所要時間短縮、積み下ろしの効率化など、内航船舶もスーパーエコシップの開発や普及、輸送拠点の整備などで、競争力を高める必要がある。 (新しいウインドウで開きます) また、物流分野におけるCO 2排出量削減等の環境負荷低減や物流の生産性向上等の持続可能な物流体系の構築に資する取り組みを促進するため、荷主や物流事業者など関係者におけるグリーン物流の重要性についての認識の共有と交流を促進する会議、 【グリーン物流パートナーシップ会議】を経済産業省と共同で開催しております。 <英語・別名称>Modal Shift モーダルシフトとは、トラックから鉄道や内航海運に貨物輸送を転換しようとする国土交通省の政策です。

>

モーダルシフトの意味と進まない理由?問題点と背景!欧州の現状は?

モーダルシフトはいわゆるラストワンマイルの問題が大きいのです。 3 規制の見直し 国際旅客船事業や港湾運送事業などへの新規参入を容易にするため、関連規制の見直しを行っています。 床面にはジョルダーレールを設けてコンテナの奥までパレットを簡易に移動できるようにした。 1 国内旅客船事業における需給調整規制の廃止 フェリーなど国内旅客船事業の新規参入を容易にするため、従来の免許制を許可制に改めます(11年6 月に改正法公布、12年10月施行予定)。 関連項目 [ ]• 東洋製罐グループの東洋メビウス(本社・東京都品川区、篠山健司社長)では、海上モーダルシフトを推進している。

>

「モーダルシフト」は日本の物流を救えるか?

参考資料: モーダルシフトのメリット モーダルシフトの基本知識がわかったところで、そのメリットをご紹介しましょう。 CO2排出量の削減になる トラック輸送と比較した場合のCO2排出量は、鉄道輸送が約6分の1、船舶輸送が約5分の1となっています。 それを打破したのが、納品先工場の近隣に在庫拠点としてセンターを構築し、そこへ鉄道輸送で在庫を補充するという物流システムの提案でした。 モーダルシフトのデメリット• 【メリット】• 輸送サービスの即時性が特に求められるを採用しているや、での鉄道貨物輸送の大規模な採用例もある。 自社のトラックであれば細かい調整も可能ですがモーダルシフトを行うことで鉄道会社との調整も必要になり配車が難しくなるということがあります。 しかし 日本の鉄道は 線路幅がせまく トンネルや橋なども 高さや幅がないため、 トラックをそのまま 載せられるような つくりではない。 海上輸送モーダルシフトの推進に向けて~国土交通省の施策~ 国土交通省では、モーダルシフトの推進に向けて、船舶運航費用の低廉化、利用しやすい港湾の整備、海上輸送の活発化のための規制の見直しなどの課題に対応するとともに、次世代の船舶、港湾についても調査・研究を進めています。

>

モーダルシフト|用語集|物流事例・お役立ち情報|大和物流株式会社

トラック運送業界の課題の解決に繋がる 日本国内におけるトラック輸送の分担率は非常に高く、総貨物輸送量の実に9割以上を占めています。 2 モーダルシフト モーダルシフトとは、トラックによる幹線貨物輸送を、「地球に優しく、大量輸送が可能な海運または鉄道に転換」することをいいます。 1 地球温暖化対策の柱 平成9年 1997)の京都会議で地球温暖化対策としてCO2(二酸化炭素)を1990年に比べ2010年前後には6%程度削減 することが決まりました。 運輸部門のCO2排出量は日本全体の約2割ですが、そのうち9割は自動車が占めています。 集荷や配達は大まかな時間指定が入ることが多いです。 モーダルシフトを行わない場合、倉庫間や集配拠点間の輸送など、幹線輸送となる部分について数百kmの距離を運転するため、出発した拠点に戻ってくるまで数日かかってしまう場合も少なくありません。

>

モーダルシフト

環境問題や交通渋滞緩和などの理由から、モーダルシフトの為に自転車や公共交通重視の政策を進める動きがあり、特に原油価格高騰時には自動車での移動コストが高騰したため自転車や公共交通が見直されるきっかけとなった。 (英語:Modal-Shift) モーダルシフトとは モーダルシフトとは、トラックによる貨物輸送を、鉄道・船舶などの大量輸送が可能で環境負荷の小さい他の輸送モードに転換することをいいます。 モーダルシフト推進は、地球環境への負荷軽減、労働者不足への対応など、まさに現代の社会課題に適応した選択肢であり、今後ますます拡大していく可能性が大きいと考えられます。 。 日本ではの開業に伴うの経営分離で、今後の負担が増えていくことが予想される。

>