棟方 内科。 消化器内科|青森県立中央病院

ご挨拶

消化器疾患に関する内視鏡検査、内視鏡治療 消化器がんの内視鏡治療、総胆管結石などの胆道疾患や膵疾患に対する内視鏡治療、食道静脈瘤の内視鏡的硬化療法など• 来院前にご確認下さい。 胆膵疾患による閉塞性黄疸に対しては内視鏡的胆管ドレナージによる減黄や総胆管結石に対する内視鏡的乳頭切開術かバルーン拡張術による結石除去を行っています。 時間外の症例も多数みられ、当科医師および各スタッフの忙しさは大変なものであります。 卒業大学/弘前大学• 日本神経学会 神経内科専門医• 得意分野/ 診療内容• 日本整形外科学会脊椎脊髄病医• 資格など/日本内科学会認定医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医• 外来での治療(外来化学療法)が中心であり、医師だけでなく、専任薬剤師、看護師等がチームを組んで(チーム医療)、安全で効率的に治療しています。 優しくきめ細やかな医療を提供できるようスタッフ一同力を尽くして参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。 その節は何卒ご理解の程お願い致します。 卒業大学/弘前大学• 当科では最新のダブルバルーン小腸内視鏡、カプセル内視鏡を購入し、積極的に小腸出血、小腸疾患の診断・治療に活用しています。

>

消化器内科|青森県立中央病院

卒業年/平成25年• 得意分野/消化器病学、臨床腫瘍学 部長 沼尾 宏(ぬまお ひろし)(肝胆膵)• 弘前大学医学部付属病院に始まり青森市民病院までの29年間、いくつかの総合病院に勤務し様々な年代の様々な皮膚病に接して参りました。 このような症例では、急性期を過ぎ安定し、外来通院となった場合には、近医や紹介先の病院に連携を通じ、その後の診療をお願いすることとなります。 症例によっては全身化学療法に加え、肝動脈注入療法や放射線療法、手術を併用した集学的治療に心がけています。 資格など/認定内科医、消化器内視鏡専門医、消化器病専門医• 整形外科専門医(日本専門医機構)• 資格・所属学会• 消化器がんの化学療法は新規抗がん剤の開発や支持療法の発達により、外来化学療法が主体となっています。 小腸内視鏡、カプセル内視鏡の登場により、これまで暗黒大陸と言われてきた小腸の観察が可能となり、小腸疾患の診断および小腸出血の治療、CDの小腸狭窄に対する拡張術などが可能となりました。

>

棟方内科の医院情報ページ

是非、一度ご相談ください。 2度目は花粉症の薬を処方して頂きました。 毎年のんでいる薬があるため、同じものをお願いしました。 資格など/日本内科学会認定内科医• 自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変など自己免疫性肝疾患、また最近増加している非アルコール性脂肪肝炎(NASH)にも力を入れております。 E-mailアドレス - 業種 アレルギー科、胃腸内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、小児科、内科 診療科目 内科、小児科、呼吸器内科、アレルギー科、胃腸内科、消化器内科、循環器内科 診療内容等 予防接種 有(一部要予約) 月 火 水 木 金 土 日 診療時間 09:00 ~ 12:00 09:00 ~ 12:00 - 09:00 ~ 12:00 09:00 ~ 12:00 09:00 ~ 12:00 - 16:00 ~ 18:30 16:00 ~ 18:30 - 16:00 ~ 18:30 16:00 ~ 18:30 - - 急患随時受付 休診日 日曜・祝日・水曜・土曜午後 予約 - 提携医療機関 - 院長名 棟方 英次 院長略歴 - 往診 往診可 健康診査および健康診断 健康診査、健康診断、人間ドック、保健指導、各種健康相談、生活習慣病検診 入院設備及び病床群 無 診療情報開示 有. 当科では疾患の早期から緩和ケアを行い、緩和ケア中心となった場合も緩和医療科と連携しサポートできるようにシームレスな緩和ケアに努めています。

>

四日市市 呼吸器内科 咳・たん 睡眠時無呼吸症候群 棟方内科

その経験を活かし、微力ながら地域の皆様に貢献できるよう誠心誠意努力する所存です。 大腸ポリープ・早期大腸癌および早期胃癌に対する内視鏡的治療も積極的に行い、内視鏡的粘膜切除術(EMR)の他、最近では大きな病巣を取り除く内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の施行数も大変増えてきています。 外来医長 資格・所属学会• 得意分野 消化器一般診療はもちろんのこと、外来では胃・十二指腸潰瘍に対する二次除菌も含めたヘリコバクター・ピロリ菌の除菌療法、最近頻度の多い過敏性腸症候群や酸関連疾患の治療を行っています。 得意分野/消化器病学 副部長 荒木 康光(あらき やすみつ)• 日本神経病理学会 認定医 指導医 代議員• インフルエンザが流行っている時期だったので、インフルエンザの検査をして頂きましたが、結果は陰性でした。 診療スタッフ 部長 棟方 正樹(むなかた まさき)(消化管) 【医療管理監、がん診療センター長、腫瘍内科部長、医療連携部次長】• 卒業年/昭和63年• 脊椎脊髄外科専門医 (日本脊椎脊髄病学会、日本脊髄外科学会)• 抗がん薬治療に関しては東北でもトップクラスの数の患者さんの治療を行っています。 原則的に肝炎ウイルスが陽性の方は治療を前提とした精査が必要ですので、キャリアと判明した際は是非ご紹介下さい。

>

医師紹介 | 村上病院

資格など/日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化管学会胃腸科専門医・指導医• 卒業年/平成14年• 卒業大学/山形大学• ICD 感染症制御医師)• 得意分野/消化器病学、肝臓病学 部長 金澤 浩介(かなざわ こうすけ)• 以前に2度、お世話になったことがあります。 薬局に在庫がなかったため、再度取りに行かなくてはいけなかったのが少し大変でした。 待合室には多くの患者さんがおられて、それほど広い場所でないので、ほかの患者さんに気を使い、あまり落ち着きませんでした。 院長 棟方 貴子 <院長プロフィール> 略歴 平成2年 弘前大学医学部卒業 平成2年 弘前大学医学部付属病院皮膚科 平成4年 山形県立中央病院皮膚科 平成7年 弘前大学医学部付属病院皮膚科 平成8年 国立弘前病院皮膚科 平成10年 三沢市立三沢病院皮膚科 平成12年 青森市民病院皮膚科 令和元年 むなかた皮ふ科スキンケアクリニック 専門医・資格 医学博士 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 所属 日本皮膚科学会 日本美容皮膚科学会. 日本脳卒中学会 脳卒中専門医• 食道、胃、大腸などの早期がんに対するESDによる内視鏡治療や抗がん薬治療を受ける患者さんです。 。 得意分野/消化器病学 副部長 花畑 憲洋(はなばた のりひろ)【内視鏡部部長代行】• 子供が熱を出し受診することになりました。

>

診療科・診療時間 | 村上病院

日本スポーツ協会認定スポーツドクター• 以前に2度、お世話になったことがあります。 消化器疾患一般:逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、急性・慢性膵炎、感染性腸炎、過敏性腸症候群、薬剤性腸炎、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、急性・慢性肝炎、肝硬変、重症・劇症肝炎、肝膿瘍、急性胆嚢炎、急性・慢性膵炎など。 また、のどを見るときに使用する「舌圧子」がものすごく苦手で、「舌圧子無しで診られませんか?」と、先にお願いしておいたら、大泣きしていて見難かったとは思いますが、舌圧子を使用せずに診察してもらうことが出来ました。 得意分野/消化器病学 医師 宮代 楓(みやしろ かえで)• 一般皮膚科から日常の皮膚のケアまで、少しでも健康的な皮膚でいられることを目標に診療に取り組んでいきたいと思います。 卒業大学/弘前大学• 卒業大学/弘前大学• 当時子供は非常に病院が嫌いで、診察室に入る前から大泣きするほどでした。 特に当院は都道府県がん診療連携拠点病院として、intensive chemotherapyを積極的に行う患者さんを中心に診療を行わざるを得ない状況にあります。

>