悔やむ と 書い て ミライ 歌詞。 歌詞の意味考察

まふまふ 『悔やむと書いてミライ』 歌詞

友の情愛なんて細くて頼りない。 袖口に隠すとは心理学的な意味合いも加味して 『 本心の裏返し』という意味があります。 知らない 知りたいこともない どうせ言葉以上の意味などないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 言葉以上の意味などないと言って 自分へ必死に言い聞かせている様子が描かれています。 【まふまふ/悔やむと書いてミライ】 歌詞の意味の解釈でした!. 聴いているこちらまで鬱になってしまいそうです。 」の他の楽曲にも注目ですね。 楽に死なせてほしい。 あの日この日と粗探しをして悔やみ続けるのです。

>

【まふまふ/悔やむと書いてミライ】歌詞の意味を徹底解釈!絶望まみれのギターロック。

それが 人生 じんせいです ボクら 手 てにした 人生 じんせいなんです 生 うまれたこと 自体 じたいが 間違 まちがいだったの? しかしながら燃やす事が出来ないまま生き続けてしまっている。 一歩一歩、疑心暗鬼になりながら必死に 未来へと足を擦りながら歩み続ける日々。 さらに歌詞中の瘡蓋に触れていきます。 歌詞 一思いにボクを刺してくれたら いいのにな いいのにな 不条理な御託で刺してくれたら いいのにな いいのにな いつかゴミに出したのに 袖口に隠していた生涯 燃やせぬまま 灰になれずにいたんだ 死にたい 消えたい 以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと 僕は知っていた 悔やむと書いてミライ 生きるふりをして死んでいくのが 人生か 人生だ それじゃボクらはどうしてこの世に こんな未完成な体に 未だ 心を持っているんだ きっと拉げた如雨露で 花を咲かせようとした そうさ 種一つない土に撒いちゃいないか だから一抜けした 捨てた この世の流行り病のような愛も 爪の先よりも細い 底浅い 友の情愛も 知らない 知りたい こともない どうせ言葉以上の意味などないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 片道分の蝋を持って 消さないように必死になって わずか照らした一寸先の 穴ぼこは誰が落ちた跡? それが人生です ボクらが手にした人生なんです 生まれたこと自体が 間違いだったの? 死にたい 消えたい 以上ない こんな命に期待はしないさ 故に 夢に魘され 塞いだ過去に咲いた未来 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと 僕は知っていた 悔やむと書いてミライ 消えたいの 消えたいの 何回だって言い聞かせた 夢も見れぬような 後悔を頂戴 歌詞を解釈 1番 一思いにボクを刺してくれたら いいのにな いいのにな 不条理な御託で刺してくれたら いいのにな いいのにな 自分の命を終わらせたいと思い続けている本心と 簡単には終わらせることの出来ない現実との狭間で 揺れ動く葛藤やジレンマが描かれています。 そんな心情だからこそ、顧みるのはいつも自分の過去。 サビ1 死にたい 消えたい以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ もはやオブラートに一切包まれていない、 ストレートな言葉で 自殺願望を吐露。

>

Lyrics まふまふ (Mafumafu)

Lyrics まふまふ Mafumafu — 悔やむと書いてミライ Kuyamu to Kaite Mirai 歌詞 Singer: まふまふ Mafumafu Title: 悔やむと書いてミライ Kuyamu to Kaite Mirai 一思いにボクを刺してくれたら いいのにな いいのにな 不条理な御託で刺してくれたら いいのにな いいのにな いつかゴミに出したのに 袖口に隠していた生涯 燃やせぬまま灰になれずにいたんだ 死にたい 消えたい以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 生きるふりをして死んでいくのが 人生か 人生だ それじゃボクらはどうしてこの世に こんな未完成な身体に 未だ 心を持っているんだ きっと拉げた如雨露で 花を咲かせようとした そうさ 種一つない土に撒いちゃいないか だから一抜けした 捨てた この世の流行り病のような愛も 爪の先よりも細い 底浅い友の情愛も 知らない 知りたいこともない どうせ言葉以上の意味などないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 片道分の蝋を持って 消さないように必死になって わずか照らした一寸先の 穴ぼこは誰が落ちた跡? それが人生です ボクら手にした人生なんです 生まれたこと自体が 間違いだったの? 死にたい 消えたい以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 悔やむと書いて ミライ 消えたいの 消えたいの 何回だって言い聞かせた 夢も見れぬような 後悔を頂戴 Find more lyrics at myjpop. 今はただ、生きているふりをして本当の死を待つだけの状態です。 「こんな命に期待はしないさ」 最後まで希望一切なしの、 容赦のない自殺志願。 いったいこの二つがどのように関係しているのでしょうか。 聴いているだけで胸が苦しくなってきます。 ラストサビ 死にたい 消えたい以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ ポップなロックチューンなのだから、きっと最後にはちょっとくらい明るい言葉が出てくるはずだ。 蝋とはまさに自分のすり減る命の比喩。

>

まふまふ 『悔やむと書いてミライ』 歌詞

また、" 未完成な体"とは そんな自分の本心に沿って生きることが出来ない人間 そのもののことを指しているのではないか。 一寸先は闇で、照らした先には誰かが落ちた絶望の穴。 過去も未来も現在も真っ暗な状況で もう自分が言葉で否定し続けるしか無くなっているのです。 絶望しかない主人公にとって、未来は新しい何かを得られる時間ではなく、 増えていく過去を悔やむ時間でしかありません。 いつかゴミに出したのに 袖口に隠していた生涯 燃やせぬまま 灰になれずにいたんだ " ゴミに出した"=一度は人生を終わらせようとしたのです。 瘡蓋も出来やしない、血が流れっぱなしの傷跡。

>

悔やむと書いてミライ 歌詞「まふまふ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

そんなことを思っていた私が甘かったです。 そして曲名にもなっている、 「悔やむと書いてミライ」というフレーズ。 種とは花の心臓や命ともいえる部分。 きっと拉げた如雨露で 花を咲かせようとした そうさ 種一つない土に撒いちゃいないか ますは本来の花を育てる過程をイメージして頂きたいです。 まだまだ彼女の自暴自棄は続きます。

>

まふまふ

一思いにボクを刺してくれたら。 それが sorega 人生 jinsei です desu ボク boku ら ra 手 te にした nishita 人生 jinsei なんです nandesu 生 u まれたこと maretakoto 自体 jitai が ga 間違 machiga いだったの idattano? ギターロックで曲調が明るめであることが、唯一の情けとでも言うべきでしょうか。 更に追い打ちをかけるような"種の無い土"という表現。 消えたいの 消えたいの 何回だって言い聞かせた 夢も見れぬような 後悔を頂戴 最後の最後の歌詞だけ、若干毛色が異なります。 人生そんなもんならば、なんで未だに心を持っているんだ 早く死なせてくれ。 全体としては今の自分の人生に対して 全くの期待を抱くことが出来ず、 口を開けば、"死にたい"と"消えたい"ばかりという まさに今にも死と隣り合わせの心情が描かれています。 「生まれたこと自体が間違いだったの?」 掛ける言葉も見当たらないほど、彼女は 暗闇のどん底にいます。

>

BIN

生きていようと、死ねなかった過去や辛い思いをした日々をただ悔やむだけ。 ならばこんな命はいらない。 照らした一寸先さえも穴ぼこが存在しているほどに この世界は曲がっているのです。 そんな瘡蓋が出来ない傷ばかりを負った人生の未来は まさに"後悔"ばかりの人生なのです。 そもそも種なんてなかったんじゃないか? こんな人生初めから終わってたんじゃないのか? 失意に沈む主人公。 感想 夢も希望も一切なし。

>

まふまふ

サビでは、 さらなる彼女の自殺願望がなだれ込むようにつづられています。 一般に水を花に掛けるのは花が育つ栄養素の一つであるから。 しかしながら、この曲単体を見ればやはり どこにも希望のない楽曲。 一見すると全く関係のない 「後悔」と 「未来」。 愛も情愛も捨て、死を待つだけの人生。

>