武漢 軍人 運動会。 昨年9月すでに武漢で「新型コロナウイルス」防疫演習が行われていた(北村 豊)

「2019/10/18 武漢で開催した世界軍人運動会・・・」LC=相棒のブログ | Bubbly ランクル200

もしほんとはそんなことがあった、とすればその時点で大騒ぎになっていたとは思うのですが。 ただ、死亡の時期などには触れていなかった。 その後、武漢市で謎の肺炎が流行りだした。 国益のため経済を回す、コロナはただの風邪、トランプ万歳。 日本政府が正しく機能していれば何ら恐れることはないが、目先の利益やメンツ優先で右往左往して、ろくでもない結果となっているのは事実。

>

中国は早くから新型コロナウイルスを知っていたのか?2019年9月26日の「湖北日報」を読み解く(遠藤誉)

It might be US army who brought the epidemic to Wuhan. 【転載終了】 ************************** なるほど、「屁と火事は元から騒ぐ」ですか?. また、最近わかったのが、ロンドンとフランスの大学が共同で発表した研究によると、新型コロナウイルスに感染した7000人の遺伝子構造を分析した結果、人への感染は最短で去年10月ではないかということが遺伝子検査によって分かったらしいのです。 後にその写真は(SNSでのスクリーンショットを通じて)世の中に出回り、同病院の李文亮医師も注意喚起をしたために、CCTVや新華社のニュース(1月1日)でデマを流した人物と決めつけられ、その後、李医師は2月7日に同病院で死去した。 「なんでしょうねぇ・・・」と流れたが、もう一つ問題があった。 ニュースは17日、「100カ国以上の1万人弱の軍人が中国中部の武漢に集まり、軍の栄誉と世界平和をアピールする。 というわけで、。 2019年大会 2019年は第7回世界軍人運動会があり、2019年10月18日に中国武漢で開催されました。 スポンサーリンク イルミナティカードに武漢のコロナ予言 イルミナティカードというものに武漢のコロナの予言?しているようなカードがあります。

>

フランスの軍人は武漢の軍人オリンピックで感染したのか―仏メディア|レコードチャイナ

新型コロナはいつから世界に広がっていったのか? 新型コロナウイルスは2019年12月に武漢市で発生し、武漢から世界に広がっていったといわれていますが、武漢では海鮮市場での流行前に感染者が発生していたともいわれています。 武漢発の新型コロナウイルスは、アメリカ軍が感染させた可能性があるという主張である。 同所長は米国内で発生した一部のインフルエンザの犠牲者と新型コロナウイルスの関係が後で判明したと述べていた。 これまで中国海軍は、米海軍が定例で行っているリムパック演習に2014年、2016年と参加した経験を有しているものの、中国海軍単独のハワイ周辺までの訓練は初めてである。 見極めるには何十年も何百年もかかる可能性さえある。 このカードの注目する部分が、真ん中にある赤い部分と外側の黄色い部分のところです。 さらに報告書に赤いマークを付けて携帯電話から医者仲間にその写真を送った。

>

「2019/10/18 武漢で開催した世界軍人運動会・・・」LC=相棒のブログ | Bubbly ランクル200

ちなみに、五輪で3回( 1984年、2004年、2016年)、世界選手権で2回( 1982年、1986年)、ワールドカップで5回( 1981年、1985年、2003年、2015年、2019年)優勝している。 これについては、米疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長が3月11日の米下院証言で、「インフルエンザウイルスによる死亡と診断された人のうち、実はコロナウイルス感染が原因だったケースがあった」と証言している。 たしかに湖北だけでも2019年に2回あり、一回目は2019年4月25日で、ここでは。 これは真実性が高いわー。 また、アメリカ国内の感染者数が10万人を超えている事を考えれば、アメリカ軍人が自業自得的な行動をする筈がない。

>

“武漢ウイルス”の裏で起こっていること、元統合幕僚長の岩崎氏「流石!中国は只者ではない」

以上、ついつい学術的関心に引きずられてしまったが、2019年9月26日付けの「湖北日報」に「新型のコロナウイルス」という言葉があったことを以て、「中国が早くから現在の新型コロナウイルスの存在を知っていた」などという結論を導き出し、論を張ったりすると、米中攻防の中で、完全なアメリカの敗北を招くことにつながるので、もう少し見識を広め、科学的に謙虚な姿勢で真相を分析していかなければならないことが見えてくる。 当然、自衛官の将官級の各国との交流や会議等も中止や時期未定の延期となっている。 報道によると、ロシア代表は過去6回のうち5回で金メダル数トップになっている。 ウイルス発生源を突き止めるのは至難の業で、万一にも学問的に否定されたらアメリカに不利になるし、学問的に決着が付くまでは決め手にならない。 欧州は当初、イタリアのみが注目されていたが、最近ではスペイン、フランス、イギリス、ドイツと欧州全域に拡大してきている。 武漢の情報隠蔽を暴露したインタビュー 長い記事だが、感染初期の武漢の事実を克明に記している。 ブラジル代表も輝かしい戦績を手にしており、第5回大会では金メダル数でトップになった。

>

史上最大規模の世界軍人運動会、武漢で本日開幕_中国網_日本語

「国の門の安全を守り、軍事運動会を無事に」というテーマで、応急処置のリハーサルを行った。 歌舞伎町ホストが沖縄でまき散らしてましたよね。 残念ながら今回の世論戦には、世界のどの国も乗ってこなかったし、中国国民でさえ全く信じていない様にみえる。 という意味で、あなたは貴重な存在かも知れません。 だがそれが、武漢での爆発的感染につながる「決定的証拠」かどうかを明らかにする材料はない。

>

2019/10/18 武漢で開催した世界軍人運動会

これが新型コロナウイルスに関する2枚の有名なカードです。 特に経済分野においては、リーマン・ショック以上の莫大な影響を及ぼすことが予測されている。 それが、よりによって自分たちの知らないウイルスを予期して防疫演習を行ったというのは、湖北省政府が神のごとき予知力をもっていたとしか言いようがありません。 アメリカ軍は約10日間かけて機材確認分析及び搭乗者からの聞き取り等の調査を行い、その結果をもって2月末、中国に対して正式に厳重抗議を行った。 以前、中国軍はジブチで米軍機に対しレーザーを照射し、パイロットに障害を与えたことがある。

>