服薬 指導 の ツボ。 服薬指導のツボ虎の巻 / 杉山 正康【編著】/日経ドラッグインフォメーション【編】

今日から使える!新米薬剤師が知っておきたい「服薬指導」5つのポイント|薬剤師求人・転職・派遣ならファルマスタッフ

どのような患者さんが来ても、その患者さんの体調や状態に合わせた服薬指導を心掛けるようにしましょう。 運が悪かったとしか言いようがないです。 たとえば、足の不自由な患者さまがいればお席でお話したり、耳の遠い患者さまがいれば大きな声で話したり、薬袋の文字を指し示しながら説明したり. 7章の40種類以上ある指導せんはwebサイトからPDFを入手して印刷すればそのまま患者さんのお薬手帳に貼ったりすることもできる。 薬局に来る患者さんの多くは病気になったことにより不安な気持ちになっています。 自分自身の表情やしぐさ、話のスピードや声の大きさにも気を配りましょう。 日山 亨 編著 東京医学社 ISBN 978-4-88563-271-6• いろいろな場合を想定し、患者さんの状況や体調に合わせて臨機応変に対応できるようになりましょう。

>

日経BP SHOP|「服薬指導のツボ」虎の巻 改訂版

さらに 教科書的な知識よりもむしろ著者の経験や知識の共有に力を入れている本なので 写真やイラストが多く、実際に薬を使ったことがあるかのような服薬指導に役立てることができます。 表情や顔色に気を配る 患者さんの表情や顔色にも注目しましょう。 服薬指導には主に三つの目的があります。 チャートではまず、患者さんの来局がある場合、ない場合で大きく分かれます。 第3版では不整脈、心房細動、心不全の3疾患を追加して、循環器疾患について服薬指導の力が付きます。 ニュース以外にも薬剤師コラムも充実してるから、ヒマつぶしに読むだけで勉強になる。

>

日経BP SHOP|「服薬指導のツボ」虎の巻 改訂版

現場でよく遭遇する27疾患を網羅。 投与禁忌疾患、患者への説明例を交えた病識・薬識、主として副作用に関する注意事項など、服薬指導に必要な項目を4ステップに分けて解説する。 高齢の方や怪我をしている患者さんは、窓口に来るのも一苦労かもしれません。 服薬指導時の説明すべきポイントは? 服薬指導を行う際に、少しの時間で伝えるべき内容は多いです。 デメリットを伝えるのは、非常に難しく、一歩間違えると信頼を一気に失ってしまったり、処方医から嫌われてしまい、仕事がやりにくくなる可能性があるので、やや上級者向けの内容になります。

>

服薬指導の10個のコツについて!現役薬剤師が語る!

医療系ニュースをまとめて読めるので、毎日の情報収集が激的に効率化。 患者の体質・アレルギー歴・副作用歴• 薬局で、お薬手帳について、繰り返し説明する努力をしてきた成果の表れだと思います。 添付文書をすべて伝える必要はありません。 1冊読めば小児の服薬指導が楽しみになる。 今回は主に調剤薬局での服薬指導を基準にして話をすすめていきますが、もちろんドラッグストアにお勤めの方にもあてはまる点がたくさんあります。

>

「薬の在庫がありません」と伝えると怒り出す患者さんの対処法とは?|服薬指導のツボ

ここでのポイントは「指導が義務」ということ。 特に初回服薬指導時は親しみやすい態度で接遇にあたりましょう。 」と前置きして自分の病気や服薬に関する不安を話してくれることがあります。 それでは実際にオンライン服薬指導を行う場合は、どのような流れになるのでしょうか?日本薬剤師会では「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」(0410対応)での薬剤交付までの主な流れについてフローチャートをまとめています。 そして、次回、そこをさらに深く掘り下げていけばいいんです。

>

日経BP SHOP|服薬指導のツボ 虎の巻 第3版

DVD• 服薬指導の例が、薬剤師の吹き出し形式で口語的に書かれています。 「主な副作用と対策」「各薬剤の重大な副作用」「妊娠・授乳婦への危険度」「服用を忘れたときの対応」「薬剤の使い分け」も表でわかりやすくまとめられています。 実際に厚生労働省の報告では、東京の医師が北海道の患者さんを診療するなどの事例もみられています。 「日経ドラッグインフォメーション Premium」の好評連載「達人に学ぶ 服薬指導のツボ」(2006年4月~2009年2月連載)を再編集し、第3版は循環器疾患を書き下ろして、内容を増強。 その場合、周囲には他の患者さんがいることを忘れてはなりません。 Step2「相互作用」では最新の知見をアップデートしました。 そして、ここで聞いておくべき事は. 「ちゃんと指導できるかな?」「失敗したらどうしよう. 患者さんに対しても、自分が悩んでいる事は何かと、再確認する事にもなりますし、良く話を聞いてくれている薬剤師と感じてくれるはずです。

>