ユニバーサル デザイン 7 原則。 ユニバーサルデザイン、ロン・メイスの7原則から

ユニバーサルデザインとは

。 まずはこの7原則をご紹介します。 原則1 同じように利用できること(公平な利用) 【ガイドライン】 ・すべての利用者が、可能な限りいつでも同じ手法・方法で利用できること ・どんな利用者も差別や特別扱いをしないこと ・すべての利用者のプライバシー、安全、安心に配慮すること ・すべての利用者に魅力あるデザインとすること ユニバーサルデザインコーディネーター準2級公式テキスト(発行元:実利用者研究機構) 例えば、自動ドアは、 「自動ドアの前に立つ」という手段で、 多くの人が利用できます。 原則2 使う際の自由度が高いこと(利用における柔軟性) 【ガイドライン】 ・利用する方法の選択肢を用意すること ・右利きと左利きのどちらでも使えるようにすること ・利用者の的確で正確な操作を促すこと ・利用者個々の速さにあわせられること ユニバーサルデザインコーディネーター準2級公式テキスト(発行元:実利用者研究機構) 駅などに、 階段、エスカレーター、エレベーター それぞれ用意されているとしたら、 利用者の特性、状況によって、 どれを使うか選ぶことができます。 一方、ユニバーサルデザインは、はじめからすべての人にとって利用しやすいように作ろうとすることです。

>

ユニバーサルデザインは高齢者にも社会も優しい!7つの原則とは?

うっかりミスで、まちがった使用をしても、できるかぎり危険につながらないようにしましょう。 使い方が簡単で自明であること• 自動ドアは、全ての使い手が「自動ドアの下に行く」という同じ手段で出入りすることができます。 現金、クレジットカード、電子マネーに対応したレジスター 単純である(Simple and intuitive) 使い方が簡単で、直感的である。 「すべての人のためのデザイン」ともいわれており、ユニバーサルデザイン7原則というものが存在しており、ユニバーサルデザインを理解する上での基本的な考え方となっています。 まとめ 日常生活や社会生活において、シャワートイレやスロープの設置といった「ユニバーサルデザイン」への対応が増えてきています。 一時期はメーカーによって突起の場所が異なりましたが、あるメーカーが化粧品業界全体に働きかけたことにより、現在ではどのメーカーを使ってもそれがシャンプーだとわかる目印として、容器の同じ位置に突起をつけることで統一されています。 (Low Physical Effort) 7. たとえば、左利きの人も右利きの人も使えるはさみがあれば、別に用意する必要がなくなります。

>

ユニバーサルデザインの7原則

一方、ユニバーサルデザインは、はじめからすべての人にとって利用しやすいように作ろうとすることです。 以前は便座と一体化されたボタンを操作していましたが、現在は、ユニバーサルデザインの観点から壁に設置されたリモコン操作式に変わりつつあります。 まさに障害者から健常者まで、「誰もが快適に使える」というユニバーサルデザインのコンセプトそのものです。 ユニバーサルデザインとは まずユニバーサルデザインとは、製品、環境、建物、空間などを あらゆる人が利用できるようにデザインすることです。 自由度 使用にあたって、利用する人の好みや能力に合うように高い自由度が求められます。 原則6: 身体への過度な負担を必要とせず少ない力でも使えること(持続性) 使用中からだへの負担が少ない、少ない力でも使用ができることは重要です。 たとえば、階段のほかに、スロープがあれば車いすを使っている人だけでなく、ベビーカーを使っている人や小さな子どもも安全に使うことができます。

>

ユニバーサルデザインの7原則

電車の電子掲示板で、次の停車駅を、 日本語と英語で伝えると、 外国の人にも情報を伝えやすくなります。 5 安全性(Tolerance for error) 安全性とは、 うっかりミスが事故に繋がらないという設計です。 「安全であること」「使いやすいこと」、そして「柔軟性が高いこと」です。 これは、住宅も同様です。 例えば、日本語が分からない外国人 観光客が訪れても理解できるトイレのマーク(ピクトグラム)などがあげられます。 大事なデータを間違えて削除してしまっても、 復旧できることもあります。 今日は、ユニバーサルデザインの7原則について 概要を学んでいきたいと思います。

>

ユニバーサルデザインの7原則

参考: ただし、見やすさ、読みやすさと優れたデザインは、ややもするとトレードオフになる場合もあります。 参考: 印刷にもユニバーサルデザインは必須! ユニバーサルデザインは製品だけではなく、存在する商品すべてが対象になる得るため、印刷業界でも対応が進められています。 3 単純性(Simple and intuitive) 単純性とは、 使い方が簡単で直感的にすぐ理解できるという設計です。 それと気づいていなくても、ユニバーサルデザインは、すでに身近で目にするものになっています。 世界では多くの国や企業がSDGs達成のため、ユニバーサルデザインの考え方をもとに製品やサービスを開発する動きが広がっています。 持続的 長時間使っても疲れないデザイン、体への負担が少ない持続性が求められます。

>

実は身近にたくさんあるんです!みんなの為のユニバーサルデザイン。

だからこそ、今、ユニバーサルデザインの考え方が必要とされているのです。 この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。 幅の広い改札を設置することで、車いすを利用している人や子ども連れ、大きな荷物を持った人など、誰もが心地よく、余裕を持って駅を利用することができます。 このように、私たちの身の回りにはユニバーサルデザインが溢れています。 また、テレビ会議のシステムが音声読み上げに対応しておらず困っている、という聴覚障害のある人の声もあるそうです。 ATM、公衆電話、券売機、公衆トイレなど、公共の施設やそこで利用される機器にはユニバーサルデザインが優先されることが望ましい。

>