創価 ネット 御 書 講義 10 月。 妙密上人御消息(2015年10月度座談会御書) : 創価の森通信

座談会御書「可延定業書」講義(2019年10月度)

どこまでも追いかけてくる症状に逃げ出したくもなりました。 これが承認された暁に「広布部員」になります。 最後に命は、何ものにも代え難い第一の宝であり、一日も長く生きて功徳を積むよう激励され、本抄を結ばれています。 仏法は道理です。 >君は不幸だ。

>

座談会御書「可延定業書」講義(2019年10月度)

例えば、水が氷になったり、水蒸気になったりしても、水の実相がH2Oであることには変わりません。 諸法がそのまま実相であるというのです。 「末法の仏道修行にあっては、唱題する音声、妙法を弘通する真剣で誠実な『声』と『行動』こそが、妙法に対する最大の〝身の供養〟となります」 広布のために、自分の大切な時間を使っていく。 なお、創価学会の財務に参加するには「広布部員」になるための申請が必要です。 「釈尊の教えの真髄である法華経の如来寿量品は、まさに生命の無限の尊さを説き明かしております。 日々の学会活動こそが最高に尊い「身の供養」なのである。 私たち大分の同志にとって、忘れ得ぬ原点がある。

>

1月度「可延定業書」

行学は信心から起こる。 ゆえに、一日でも命を 延 ( の )ばし、今世での使命を 果 ( は )たし 抜 ( ぬ )いて、幸福 境 ( きょう ) 涯 ( がい )を確立することを教えられているのです。 すなわち、御書全集にして約4ページ分と短い御書でありながら、末法の仏法の正体が、網羅的に、しかも簡潔にあらわされているのが本抄なのであります。 報いの内容や現れる時期が定まっている業を「定業」、定まっていない業を「不定業」という。 大聖人御聖誕の地・安房国の門下・光日房(光日尼)に与えられたともされていたが、正確には分かっていない。 機根とは、衆生が仏法を理解する能力をいいます。

>

1月度「撰時抄」

海賊の残した宝を一枚の地図をたよりに出航し、 苦難のすえに無事、宝を手に入れる物語です。 さらに大白42ページには、生命倫理の博士の言葉が紹介されています。 我ら男子部は、日々の現実の課題を乗り越えながら、師と共に黄金の歴史を築いていこう! 一人を大切に 真心の励ましは必ず心に響く 日蓮大聖人は、「可延定業書」の中で「あらを(惜)しの命や」(御書986ページ)と呼び掛けられている。 そして本抄の最後には、重ねて、一日でも生きていれば、それだけ功徳を積めること、その命が大切だということを教えられて本抄を結ばれています。 勇気が漲る。 「お前は死のうとしている。

>

創価学会と広布部員 財務の意義は御供養の精神に|唱題の功徳

大聖人は、妙法によって、寿命をも延ばすことができると励まされています。 「百二十歳まで長生きしても悪い評判を残して一生を終わるよりは、生きて一日でも名をあげることこそ大切である」(同1173ページ、通解) せっかく人間として生を受けながら、悪名を残してむなしく生涯を終わる人もいる。 国の単位でも「経済」は最も重視されています。 解説 本抄は、文永5年(1268年)閏正月18日に蒙古から牒状が届いたことから書き起こされている。 諸宗の教えに対し、妙法は万人を救う力ある教えであり、法華経には悪世末法に妙法を広宣流布すべきことが述べられています。 「難こそ宿命転換の好機!」「民衆救済に立ち上がる時は今だ!」との大聖人の崇高な御境涯に触れた当時の門下の胸に、どれほどの勇気と情熱が湧き上がったことであろうか。 大聖人は、竜口法難のおり、松葉ヶ谷(まつばがやつ)の草庵(そうあん)が襲撃されたとき、法華経第五の巻をもって顔を三度にわたって殴打されました。

>

10月度「御書講義」の参考 可延定業書 2019年10月19日

むしろ、尼御前に、治療を受けるように 促 ( うなが )されています。 池田SGI会長は、昨年11月の本部幹部会へのメッセージで、この御文を拝し、「『生命尊厳』の潮流は、一人の偉大な人間革命から広がります。 なので、これまで創価学会では、牧口常三郎先生の時代から、数ある御書のなかでも、とくにこの「諸法実相抄」を根幹として指導をしてきている歴史があります。 呉王は伍子胥の諫めを用いずに、反対に伍子胥に自害をさせた。 命と申す物は一身第一の珍宝なり 一日なりとも・これを延るならば千万両の金にもすぎたり 命というものは、わが身にとって一番貴重な宝である。 御供養(財務)には計り知れない大功徳がある 日蓮大聖人は、「妙密上人御消息(御書1241ページ)」で、法華経の題目をめる大聖人に対し、便りの度に「銭」を御供養する真心をめでられ、国中の人々が唱える題目の功徳が全て、「あなたの身に聚る」と称賛されています。 未来部員と学ぶ創価学会の歴史と精神。

>

創価学会と広布部員 財務の意義は御供養の精神に|唱題の功徳

そのお振る舞いから、私たちはあらためて仏法指導者の模範の姿を学びたい。 日蓮大聖人の御遺命である広宣流布を進めている団体は創価学会だけです。 金吾のことを、「 極 ( きわ )めて 負 ( ま )けじ 魂 ( だましい )の人で、自分の味方(信心の同志)のことを大事に思う人」と記し、 尼 ( あま ) 御 ( ご ) 前 ( ぜん )が安心して 治 ( ち ) 療 ( りょう )を受けられるように心を 砕 ( くだ )いています。 仏になる道は、これよりほかに求めてはならない。 もちろん最も重要なキーワードは「一生成仏」です。 本抄では、時期が来たら亡くなってしまうという意味において、定業を特に「寿命」の意味で用いられています。

>