胃 ろう 管理。 第13回 胃瘻の管理と合併症

胃ろう(PEG)手術の方法と管理、最適なケアのための観察・看護計画

腸で栄養素の消化や吸収ができるかが問題になります。 また 内視鏡挿入が一度なので患者への負担が少ない。 観察するのは主に栄養剤投与時となるため、投与中もしくは投与後によく観察しておきましょう。 それまで胃ろうによる栄養摂取は医療行為として医師(または医師の指示を受けた看護師等)のみに限られていたが、研修を受ければ介護士が「認定特定行為業務従事者」として胃ろうによる栄養摂取を行えるようになった。 カテーテルの挿入に関連して、肺を傷つける「気胸」や、出血して胸に血がたまる「血胸」などの合併症を起こしやすいのも、中心静脈栄養のデメリットです。 胃ろうの固定が不十分であったために、完成前に早期抜去が起こることがあります。

>

PEG(胃瘻)の基本と看護ケア|見て!わかる!看護技術

経静脈栄養よりも管理しやすく、介護者の負担は比較的軽いです。 。 図3胃食道逆流 図4経皮内視鏡的空腸瘻(PEG-J) 2 PEGカテーテルのチェック 外部ストッパーの位置は正しいか 外部ストッパーの位置は、PEGカテーテルを軽く引き上げた状態で、腹壁との間隔が1. 翌日はガーゼを取り除き、消毒もしくは洗浄し、ガーゼを入れる。 医療処置が求められるため、施設によっては入所の受け入れが難しい場合もあるでしょう。 胃ろうカテーテルは1日に1回程度、回転させ、ろう孔との間に適度なゆるみをもたせます。 注入と注入の間の間隔を開ける。 さらに、胃瘻から注入した液体の栄養剤は、通常の食事と比べて、胃からすみやかに十二指腸へ移行します。

>

胃瘻

便秘や腹部膨満、発熱などの感染徴候がある場合、などのトラブルが起こることも多いため、原因を確認してから対応を決める必要があります。 なお、消毒の必要はありません。 術式の選択にあたっては、慢性的な栄養障害や、痙攣や筋緊張さらにステロイド剤の長期投与などで瘻孔を形成しづらいか どうか。 ただし痛みや出血などを伴う不良肉芽は、ストッパーの締めすぎや不十分な皮膚切開を原因としていることがあります。 それらの徴候がないか、バイタルサインやPEGカテーテルからの排液の性状・排液量、創部からガーゼへの出血量などを観察します。 【関連記事】 経腸栄養法の必要物品、栄養剤の注入、水分と薬剤投与についてはこちら 栄養剤の種類 経腸栄養剤は、天然濃厚流動食、人工濃厚流動食の2種類に分けられます。

>

胃ろう・PEGとは|造設術や管理・看護のポイント(まとめ)

喉などにチューブを入れるわけではなく、口から食べることもできるため、胃ろうにしたとしても、口から食事をとるリハビリを続けるのが望ましいでしょう。 参考リンク>> 2.日頃の看護ケアを徹底しよう! ここからは胃ろうや腸ろう、経鼻経管栄養の看護ケアについて学んでいきましょう。 それだけに、できる限り自分の力で食事を続けたいと考える人が多いでしょう。 また、栄養剤が通るチューブの長さが短いため、内側が汚れにくく、掃除の手間が少なくなります。 しかしながら、在宅の場合には主に患者さんのご家族が援助するため、必ずしっかりと「3、術後の栄養投与の方法」と「5、胃ろうの管理」事項を、患者さんとご家族に指導してください。 1~2週間に1度は、固定水の量を確認し、減っているようであれば適宜追加しましょう。

>

胃ろう(PEG)手術の方法と管理、最適なケアのための観察・看護計画

また、状態が回復した後で口からの栄養摂取に戻れるように、筋力維持のためのトレーニングも大切です。 胃瘻の使用開始前の観察 胃瘻の造設後、瘻孔部が安定するまでには、1~2日間かかります。 在宅生活を送るうえでできるだけ医薬品として処方してもらえればよいですが、身体の状況により使用できる栄養剤が異なりますので、医師との相談が必要になります。 栄養状態が悪い場合にも適しています。 成人では標準術式のPEGですが、一般に小児ではPEGの合併症の頻度は高いことを認識する必要があります。

>

胃ろうの適応と管理

注入は翌日から可 能で、注入量が術前と同じとなり、創傷治癒に問題がなければ退院します。 口から食べ物を食べなければ、誤嚥を起こすこともなく、誤嚥性肺炎の心配はないと思われがちですが、痰などに絡んだ細菌を飲み込むことで肺炎を引き起こしてしまう可能性も考えられます。 胃ろう周辺の皮膚や口の中を常に清潔に保つこと、カテーテルや使用器具にもしっかりと配慮しておく必要があります。 たとえば、後の飲み込みの障害がある患者さんの場合、数口はなんとか食べられますが、大変時間がかかります。 腸瘻をつくって4年になる患者です。 特に、PEG-Jを使用する際は、チューブが詰まりやすいため、経腸栄養ポンプを利用したほうがよいでしょう。

>

胃ろうのケア―胃ろうの管理は難しく考えすぎない!

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。 栄養注入後 微温湯を注入し、チューブ内に栄養剤が残存することによる閉塞、栄養剤の腐敗を防ぎます。 経口摂取しないということだけでも、体の免疫力は落ちています。 消化態栄養剤はタンパク質がすでに分解された形で含まれており、消化吸収能力の低い人が使用します。 この際、栄養剤のリーク(漏れ)を防ぐために、栄養剤の注入口以外はキャップを閉めておきましょう。 食後2~3時間経って頭痛や倦怠感、発汗、めまい、呼吸の乱れなどが現れるもので、多くは早期ダンピング症候群に引き続いて起こります。 カテーテル交換時にもバルーン内の蒸留水を抜いて小さくしてから抜くため、痛みを感じにくく、交換が容易である点がメリットです。

>