踏襲 ふん しゅう。 踏襲の読み方と意味、「ふしゅう」と「とうしゅう」正しいのは?

分からなかったら「忖度」する!? 読めない漢字1位は?

この場合の「踏」には 「足で踏んでなぞる」という意味があります。 「準拠」は「踏襲」に対し、 より形式的な部分を真似するというニュアンスが強いです。 なので、現状調査が必須になる。 一方、「襲」のイメージは「襲撃」のように「おそう。 「このアイデアは、これまでの考え方を踏襲しつつも、新しい視点を持っています」• 本当にシステムを安定稼働させたかったら、システムを新規で立ち上げる時から、リプレイスのための準備を進めていくことになるだろう。 また「何度も繰り返したため、習慣になっている」といった意味もあります。 踏襲のビジネス上での使い方 「踏襲」は、ビジネスでもよく使われる言葉です。

>

踏襲(とうしゅう)の意味とは

「踏襲」はやり方や作法など、形のないものを引き継いだときに使います。 「社長は交代するが、経営方針などは前任の社長の考えを踏襲するらしい」• 次の章で踏襲の意味と類義語について解説していきます。 「He didn't want to follow the pattern. 0% 2位以下を大きく引き離して1位になったのは「独擅場(どくせんじょう)」。 この言葉は「何かを受け継ぐ、引き継ぐ」という意味をもちます。 でも、どの漢字も正しく読める人が一定数いるのは事実。

>

「踏襲」の意味と使い方とは?類語「継承」との違いや対義語も!

2.踏襲の意味と類義語について では踏襲の意味と類義語について見ていきましょう。 「ふしゅう・ふんしゅう・しゅうとう」は誤り 「踏襲」を「とうしゅう」と読めない人は多く、テレビなどでも読み間違いをしていることがあるようです。 システムを粗末に扱い過ぎている感もある。 一方、「保守」は 環境など、ものごとを引き継ぐ時に用いられることが多いです。 「今回の人事はまさに前例踏襲、出世コースに乗ったのは部長の後輩だけだった」• 新任(しんにん)された社長は先任(せんにん)の社長のやり方を 踏襲するようだ。

>

踏襲の読み方と意味、「ふしゅう」と「とうしゅう」正しいのは?

ただし「受け継ぐ」といった意味は持たないので使用する場面には注意が必要です。 システムリプレイスの際に現行踏襲というキーワードが出てきたら、具体的に何をどうするかを聞いてみよう。 「先代の考え方を踏襲する」で「先代の考え方をそのまま受け継ぐ」という意味になります。 亡くなった方をしのぶ場で「80歳でたいきょされ…」なんて言ったら、 微妙な空気になってしまいそう。 「どたんば」は正しくは「土壇場」です。 コストを渋って、「動けばいい!」くらいのノリでシステムを構築する。 また、踏襲は「踏襲しつつ」のように「一部を受け継ぎながら他の部分を変化させる」という使い方が可能です。

>

現行踏襲という言い訳:101回死んだエンジニア:エンジニアライフ

11月9日にノミネートされた30語が発表された。 また、 「前例踏襲」という四字熟語もよく使われています。 「彼女は前任者のやり方を踏襲するばかりで、新しいことを試す気はないようだ」 「踏襲しつつ」で変化させることを表す 「踏襲」は、これまでのやり方を「受け継ぐ」という意味です。 「踏襲」という状況は機械的に作られるものではなく、人々の「受け継ごう」という意思が作り出すものです。 「踏襲」の意味は「受け継ぐ」 「踏襲」は、漢字を見ただけでは意味まで推測することが難しい言葉です。 継承の対象となるのは「地位」「技術」「財産」といった役割や外面などです。 システムを更新しようとした段階で、システムの事は全て把握できている。

>

現行踏襲という言い訳:101回死んだエンジニア:エンジニアライフ

2つの漢字から考える「踏襲」の語源・由来 「踏」「襲」の2つの漢字には、「受け継ぐ」「従う」という意味があります。 「continue」を使用した例文として次のようなものがあります。 現行踏襲という考え方は、IT業界特有の傾向だと思う。 またこの言葉を使うことによって、やり方を昔から変えていないことを強調する意味になります。 「踏襲」は、受け継いで「行う」ことを指す言葉なので、行動の内容、やり方に対して使われます。

>

例文付き「踏襲」の意味・読み方・類語・英語表現!「継承」との違いも解説!

継続的なアプローチは必須だと考える。 またその衣が「位(くらい)」を表していたため、それを着ることは「その位を継ぐ」といった意味があったことから「継ぐ」の意味も持ちました、 この2つが組み合わさり「踏襲」は「前人の位(など任務ややり方)を受け継ぎ同じ道を歩む」といった意味になりました。 このランキングを見て、正しい読み方を覚えておいても損はないはず? (嶋野清明). 「前例の通りに振る舞う」というニュアンスを持つことから踏襲の類語であると言えます。 「踏襲」がやり方・作法など形のないものを引き継いだ時に使うのに対して、「受け継ぐ」は 形のあるものを引き継ぐ時にも用いられます。 「踏襲」と「保守」の違い 「保守」はそれまでの状態を変えないことという意味です。 また、「襲」は「龍」と「衣」の2つの漢字からできています。

>