ロク で なし 魔術 講師 と 禁忌 教典 ハーメルン。 ロクでなし魔術講師と無限の剣製

ロクでなし魔術講師、アルベルト=フレイザー

《銀竜教団》を蛇蝎のごとく嫌っている。 全ての物理法則を破壊し自在に再構築する魔術特性【万理の破壊・再生】により、攻性呪文の高威力行使や時間の頚城の破壊といった、一個人の枠を超えた卓越した魔術行使が可能。 自身がその輩であることに誇りを抱いている。 若くして第五階梯に至った天才魔術師。 やや非力だが、魔術に加え剣術にも秀でるなど文武両道を体現した生粋のオールラウンダーで、凄まじい修羅場をくぐり抜け続けるシスティーナや軍属のリィエルのような規格外を除けば生徒の中でも最強と評されている。 アルザーノ帝国大学で最新の経済学を修め、政府高官職のスカウトも蹴って郷土復興政策を推進、交渉手腕と大学時代の人脈でホワイトタウンまで鉄道を敷き、卓越した施政手腕で観光事業を主軸にスノリアを蘇らせた。 彼女は「感応増幅」という異能を持っているがために、皇族を追われたのであった。

>

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (ろくでなしまじゅつこうしとあかしっくれこーど)とは【ピクシブ百科事典】

その狂気に等しい正義感は霊魂の分割・消費すらなし得るほどで、勝率が1割を切る賭けでも躊躇なく命を賭けられる。 旅行を終えると休職して、眠ったままの白銀竜だった幼女を自宅で介抱している。 原作小説はKADOKAWAの富士見ファンタジア文庫より刊行。 フィーベル家に下宿する金髪の美少女。 その後、数十年ぶりに開催された魔術祭典では、かつての祖父と同じ帝国代表選手団のメイン・ウィザードとして大会に参加することになる。 その結果として狙撃の腕は世界でも5指に入るとされ、「帝国随一の狙撃手」の異名で呼ばれ、条件さえ揃えば観測手なしの3000メトラ級狙撃さえ的中させる。 カイは調理技術に関して非常に詳しい。

>

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (ろくでなしまじゅつこうしとあかしっくれこーど)とは【ピクシブ百科事典】

「私にお手伝いさせてください」 天使ルミアの厚意で生徒たちの協力を得られたグレンだったが…… 「私もついていってやるよ、グレン」 なぜかセリカも同行することに! レザリア王国とアルザーノ帝国が全面戦争になって血が流れれば世界が破滅すると知り、世界を救うために第二次魔導大戦を引き起こすことを決意する。 アルフ=モップス、ビックス=ガヤス、シーサー=エキストラト 声 - 須田祐介(アルフ) 仲良し3人組。 私立校であるクライトス魔術学院の教師で、帝国総合魔術学会でも名の知られた有名人。 同時にルミアの事情を知る人物でもある。 アルフォンス=アルガント 3年次生の男子生徒。 おっとりとした雰囲気とは裏腹に、抜け目のないところがある。 様々な面でセラとよく似ており、グレンがシスティーナを「白猫」と呼んでいるのは、かつて「白犬」と呼んでいたセラとは別人だと心の中で言い聞かせるためでもある。

>

【ロクでなし魔術講師と禁忌教典】主人公最強系?グレンは強いのか

常識を変えるような凄まじい発明をいくつも片手間で行っているが、自分ではその凄さをまるで理解しておらず、間違った使い方ばかりしている。 全12話。 ルミアの気持ちになっていたので、システィがどうなってしまうか不安で、全身にずっと力が入っていました。 最期は正気を取り戻し、自分が地獄に落ちる前に本当の意味で救ってくれたことに感謝しながら、浄化の炎に焼かれて灰と化した。 全12話のアフレコを終えた感想を3節詠唱でお願いします。

>

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 詠唱一覧

助手を務めた一件以来、グレンのことを最大の好敵手かつ心友として一方的に認め、以降も発明の検証に無理矢理巻き込んでいる。 学生の指導はしないが、グレンの代理で授業を受け持った時には生徒の理解度を超越した神殺しの術式の講義を始めたりと、自身の技量が桁違いすぎるせいでどの程度まで教えれば良いかの境界が漠然としてしまっている模様。 原作に記されている言葉「教典は万物の叡智を司り、創造し、掌握する。 数十年に一人の傑物ではあるが、他者に対する理解に乏しい。 高飛車な性格で、お嬢様口調とツインテールが特徴的。 周囲からの評価は一貫して「バカ」で、作戦行動の意味を全く理解せず敵に吶喊する悪癖があり、お目付け役のグレンとアルベルトは常に手を焼いている。

>

【ロクでなし魔術講師と禁忌教典】主人公最強系?グレンは強いのか

マジカルパンチ グレンは自身と相手の魔術を封殺しているので魔術の代わりに近接戦闘で敵を倒す。 白い髪と白い肌に刻まれた赤い紋様が特徴的な美女。 派手な伊達姿の傾き老人。 燃え上がる炎のような長髪が特徴の20歳過ぎくらいの女性で、家庭的で親しみやすい地母神のような美しさを持ち、柔和な笑みを浮かべるが、所作には一切の隙も無駄もない不思議な魅力を持つ。 実家は教会で、幼少期からの習慣で旧教を信仰しており毎日の礼拝を欠かさない。 ・グレンの生徒にルミア=ティンジェルという生徒がいるが、彼女は皇帝の実子。 階級は正騎士で、当時14歳だったイヴの部下。

>