港湾 空港 技術 研究 所。 港湾空港技術研究所の役員・職員の年収・ボーナス(2011年)|給料.com

組織紹介

4月1日 - 3法人はいずれもとなる。 4月1日 - 独立行政法人化に伴い、船舶技術研究所を独立行政法人海上技術安全研究所に、港湾技術研究所を国土交通省と独立行政法人港湾空港技術研究所に分割・改称。 デュアルフェースサーペント水槽• 世界最大の3. 水中TVカメラロボット操縦体験 ジャンボジェット機のタイヤを見よう• 1月6日 - に移管。 コンクリートを作ろう• 公共調達に関する問い合わせの総合窓口 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 管理調整・防災部 管理課 契約係 〒239-0826 横須賀市長瀬3-1-1 Tel : 046-844-5039 ここからこのページに関連するメニューです. 水中TVカメラロボット操縦体験 ジャンボジェット機のタイヤを見よう• 海洋研究領域• 長瀬3-1-1• 4月1日 - 船舶技術研究所に改称。 1月6日 - に移管。 すみませんでし. 主要事業• スズキの給料が安いのではなく、私の給料が安いだけです。

>

組織紹介

海底探査水槽• 水中作業環境再現水槽 水中ロボット水槽• コンクリートを作ろう• 東工場の端の万年平常定時ラ. 私ども、港湾空港技術研究所は、うみそら研の中で、港湾及び空港の整備等に関する調査、研究及び技術の開発等を担う研究所として、これまでの歩みをしっかり継承しつつ、役割を果たしてまいります。 港湾内の海岸の整備、利用及び保全に関すること。 4月1日 - 港湾空港技術研究所に改称。 海底流動実験水槽• 分野横断的な研究以外では、3研究所がその強み・専門性を生かした研究を深化させており、以下の重点分野の研究に取り組んでいます。 第一期中長期計画においては、「沿岸域における災害の軽減と復旧」、「産業と国民生活を支えるストックの形成」、「海洋権益の保全と海洋の利活用」、「海域環境の形成と活用」の4つの研究開発課題に重点的に取り組むこととしております。 所在地: 〒181-0004 新川6-38-1• 7月10日 - を分離。 水中作業環境再現水槽 水中ロボット水槽• 4月1日 - 港湾局技術研究課およびの一部と統合して運輸省 運輸技術研究所となる。

>

海上・港湾・航空技術研究所

研究組織 [編集 ] 7つの研究領域で研究を行っている。 デュアルフェースサーペント水槽• 海底流動実験水槽• 一般公開とは別に10名から30名程度の団体に対する施設見学を行っている。 長瀬3-1-1• 巨大津波を体感しよう• 港湾の整備、利用及び保全に関すること。 航路の整備及び保全に関すること。 5m、深さ12mで、深さ4mの砂地盤層を持っている。 海底探査水槽• スズキ労働組合の賃金. 海上・港湾・航空技術研究所は、これからも、高度な技術力、豊富な知見ならびに世界トップレベルの実験施設群を効率的かつ効果的に活用しながら、企業では出来ないような産業構造を変える大きな先導的・世界的な研究にも取り組むとともに、我が国技術・システムの国際的な普及を図る等の国際活動を戦略的に実施していきます。 波崎海洋観測センター 沿革 [編集 ]• 5mの波を起こすことができる。

>

CPCの概要|一般社団法人寒地港湾空港技術研究センター

ここからこのページに関連するメニューです. アジア・太平洋沿岸防災研究センター• これからは、従前からの国土交通省国土技術政策総合研究所との密接な連携に加え、総合した二つの研究所との連携によって、異分野の研究の連携、融合をさらに拡大、深化させ、統合のシナジー効果の発揮により、研究開発成果の最大化を図ってまいります。 「産業と国民生活を支えるストックの形成」では、インフラの長期耐久性の評価や点検診断技術の開発、既存施設の改良・更新技術の開発、コンテナターミナルの荷役効率化方策の検討などの研究を進めています。 飛行場の整備及び保全に関すること。 - (現在地)に移転する。 フライトシミュレーターで学ぼう 出典 [ ]. 今後とも、 当研究所が我が国独自の厳しい自然条件の下、現場に密着した実践的な研究開発をおこなっている研究機関であるという独自性に鑑み、当研究所が持つ知見、人材等を活用し、防災に係る啓蒙、地震、津波等災害発生時の応急対応及び復旧に対する支援等もしっかりと取り組んでまいりたいと考えております。 「海域環境の形成と活用」では、多様な沿岸域におけるブルーカーボン 緩和効果 の定量化と、生体系の影響を考慮した波浪減衰予測モデル 適応効果 の両方を可能とする新たな沿岸生態系モデルの構築などの研究を進めています。

>

組織紹介

皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。 概要 [編集 ]• 地盤研究領域• 水路の大きさは、長さ184m、幅3. ほぼ実規模の実験を行うことができるため、地盤の動きや構造破壊を再現することが可能である。 2012年度・・・該当なし。 2015年度・・・該当なし。 4月1日 - および(いずれも国立研究開発法人)と統合して国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所の一部となる。 港湾内の公有水面の埋立て及び干拓に関すること。

>

入札・契約情報

フライトシミュレーターで学ぼう 出典 [編集 ]. 大型実験水路• 地盤研究領域• 4月1日 - 港湾空港技術研究所に改称。 統合後、研究所をまたぐ分野横断的な研究として、次世代海洋資源調査技術、海洋分野におけるドローン技術の活用、首都圏空港の機能強化に関する研究を実施するとともに、災害復旧対策評価のためのシミュレーション技術開発にも取り組み、その一部は、交通運輸技術開発推進制度の下で研究が進んでいます(課題名:大規模災害時における海上・航空輸送に関わるボトルネック解析)。 私は35歳から48歳までの13年間、昇給が. 理事長: 大和裕幸 構成研究所 [ ]• 長期暴露試験施設 大規模波動地盤総合水路 [ ] 津波の実験施設である。 海洋研究領域• 長期暴露試験施設 大規模波動地盤総合水路 [編集 ] 津波の実験施設である。 出典 [ ] []. 巨大津波を体感しよう• 地震防災研究領域• 沿岸環境研究領域• - 第7部港湾研究室設立。 4月1日 - 運輸省 港湾技術研究所として独立発足。 さらに、AIの活用、洋上風力発電施設に関しても、3つの研究所の連携が始まっております。

>