恐悦 至極 に 存じ ます。 「恐悦至極」の意味とは?英語表現や類語、使い方の例文をご紹介!

「恐悦至極」の正しい意味と使い方を解説! 対義語や類義語も要チェック!

最後に 「恐悦至極」は、ビジネスにおける改まった席や、目上の人への手紙などに用いることが多く、日常会話ではあまり使う機会はないかもしれませんが、いざという時のために知っておきたい言葉です。 目上の人の慶事について自分が嬉しく思っていることを伝える言葉 といった意味のようです。 普段の生活の中で、「恐縮」という言葉はよく耳にする言葉です。 よろしくお願いします。 自分より目上の相手に対し、悦びの感情を敬語として表現する時に使用するのが一般的なので、「ありがとう」や「感謝しています」といった丁寧語では失礼に当たる相手に使います。

>

「恐悦至極」の意味とは?英語表現や類語、使い方の例文をご紹介!

com 1:「格別なるご厚情を賜り、誠に恐悦至極に存じます」 「恐悦至極」はかしこまった言葉ですから、日常会話の中ではあまり使いませんね。 自分は、至極当たり前のことをしたばかりだ。 このたびは、私の当選祝いに会長自らご光臨賜りまして、 恐悦至極でございます。 「教えていただけますか?」 が一番です。 彼とは同じ屋根の下に寝起きしているけれども、たとえ顔が合ってもむこうはいつもせわしそうで、庭や廊下ですれ違いながら「あいかわらずお世話になっておりまして、まことに 恐悦至極であります」と頭を下げるのみだ。

>

恐悦至極の意味,使い方,例文,類義語,同義語とは?

「恐縮」とは この「恐縮」は、「話しをしている者が、自分の立場や姿勢をへりくだらせて、その身が震えて縮こまるほど恐れ入るような敬意を相手に示す形容表現」という意味があります。 まとめ 「恐悦至極」とは、相手の好意や取り計らいに対し喜ぶという意味の「恐悦」と、この上なくという意味の「至極」が合わさった言葉です。 「extremely」は「極めて」、「delighted」は「大いに喜ぶ」という意味です。 単に簡単というだけではなく、これ以上ないほどの誰にとっても簡単である意味合いとして使います。 Q おはようございます。 読み方は「きょうえつしごく」で、「きょうえつしきょく」は誤り 「恐悦至極」の読み方は「きょうえつしごく」であり、「きょうえつしきょく」は誤りです。 恐々謹言(きょうきょうきんげん)• 例えば 「恐縮です」だけでは、相手に対して配慮が欠け、不遜に思える場合に 「至極」を付けて謙譲語にして使用します。

>

「至極」の意味とは?言葉の使い方や例文・類語表現も解説

近い意味合いを持っていると言えます。 「恐縮至極」との違い 「恐悦至極」と似たような言葉に 「恐縮至極」という言葉があります。 目上の人に対して、喜んでいることをかしこまって伝えるときに用います。 今回は、この「恐縮至極」という言葉について見てみましょう。 疑いや異論を唱える隙間もないほどに「当然」である場合に、使う言葉です。 副詞としての「至極」は、「極めて」「非常に」「すごく」などの意味を持っています。

>

「恐悦至極」の意味や語源・英訳・使い方・類義語は?現役ライターがサクッと解説!

人気があり中々席が取れない有名人の講演に参加できると、嬉しくてたまらないでしょう。 「お褒めの言葉をいただけて恐悦至極に存じます」• この熟語を構成している漢字の至という字は「この上ない」という意味を持っており、極という字は「これ以上ない」という意味をもっています。 これに対して 「恐悦」は 「恐れ多くも喜んでいる」という意味です。 また、ご親切に社内をご案内くださり、身に余る光栄と存じます。 恐惶謹言(きょうこうきんげん)• 「便利な語法」として、TPOや必要に応じて使い分ければいいと思います。 恐悦至極(きょうえつしごく) 「 恐悦至極」は普段の日常会話ではあまり頻繁に用いられていませんよね。

>

恐悦至極の意味,使い方,例文,類義語,同義語とは?

恐悦至極の類義語はどのようなものがある? c Shutterstock. 「至極」は 「極限に至る」という意味から 「この上ない」ということを意味します。 例: 「にて」「とも」「ども」「ば」など ご質問文は述部が省略された口語表現です。 「恐縮至極」の使い方 「恐縮至極」の使い方は、日常的にはあまり使うことが無い言葉ですが、ビジネスシーンにおいては使うことがある言葉です。 「至極」とは この至極は、「これ以上の程度はありえないさま」という意味を持った言葉です。 これもおかしいですか? 電話の例だと、「ご丁寧にありがとうございました」などと言うべきなのでしょうか? 初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えていただければと思います。 例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。 物凄く嬉しく感謝している。

>

「恐悦至極」とは?意味や使い方を解説

上司から取引先の部長など最も肩書のある人へ挨拶をする時に、この様な言い方をします。 恐悦至極の使い方は? ビジネスでの例文をご紹介 c Shutterstock. 「ご臨席賜りましたことは、望外の喜びに存じます」「お褒めの言葉をいただき、無上の喜びをかみしめております」「ご丁寧なご祝辞をいただき有難き幸せに存じます」などと用います。 「恐悦至極に存じます」 「恐悦至極に存じます」をわかりやすくすると、 「大変畏れ多く幸せでございます」や 「これ以上にない幸せや悦びを感じております」という意味になります。 2:「恐惶謹言」(きょうこうきんげん) 恐惶謹言は、「恐れ謹んで申し上げます」と言う意味です。 特に敬意を払う相手に対しては、口語での省略表現は失礼にあたることがあるので、語尾まで敬語で修辞した方がいいでしょう。 この「恐縮」という言葉は、現代に限った使い方ではなく、日本古来より使われてきた言葉です。 しかし、「至極」という言葉の意味から考えると、「この上なく素晴らしい」「究極である」として表現したい場合は、「珠玉の」や「究極の」を使うことが適切でしょう。

>