永寿 総合 病院 屋形船。 屋形船感染者から拡大か・・・永寿総合病院のクラスター

台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

A病院長がここまでコロナの院内感染を警戒したのは、日頃から永寿病院への評価が高かったからに他ならない。 感染症専門家は、同一箇所で患者が多発することを「クラスター」(感染者集団)と呼んでいるが、なかでも一カ所で100名を超える感染者を発生させていた永寿総合病院のケースは「大規模クラスター」だった。 Advertisement 感染クラスターとして今年1月中旬に発生した東京の屋形船の感染者が、7人が死亡した都内の永寿総合病院の集団感染の原因になっていた可能性があることが分かりました。 感染が確認された方の情報や、感染経路について調べていきます。 慶応大病院(新宿区信濃町)でも、永寿総合病院から転院した患者1人と、同じ部屋にいた患者3人の感染が分かっている。 新型コロナウイルスが拡大している問題で、 3月26日、東京新宿区にある慶應義塾大学病院で 入院中の4人の患者から新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表されました。 とすれば、原因は別にあることになる。

>

屋形船感染者から拡大か…永寿総合病院のクラスター

ベッド数400床を誇り、東京・下町の中核病院でもある同病院では、3月25日から外来診療の受付を中止していた。 感染の連鎖を食い止める手立てはあったのか。 さらに、永寿総合病院からは慶応義塾大学病院にも患者が転院していて、感染が広がったとみられています。 うちを永寿にするわけにはいかなかった」(A病院長)。 入居者の1人が体調を崩して永寿総合病院に入院。 新型コロナウイルスの感染者が多数確認されている東京都台東区の永寿総合病院=2020年3月30日午前9時48分、本社ヘリから 新型コロナウイルスの感染が拡大している東京都では、永寿総合病院(台東区東上野)の入院患者やスタッフの感染者数増加が問題になっている。 急増する新型コロナウイルス感染者が病院に担ぎ込まれ、同感染者以外の病気や怪我の患者が治療を受けられなくなったり、多くの軽症感染患者が入院して先にベッドを塞ぎ、重症感染患者の治療ができなくなったりする事態をマスメディアは「医療崩壊」と呼んでいる。

>

頑張れ、永寿総合病院:地域医療の砦を守ろう(永寿総合病院を応援する会 共同代表:阪口 真之、中野 邦夫、鴫原 寿一 2020/06/29 公開)

大規模な院内感染が発生している恐れは、この時点で容易に予想できた。 永寿総合病院では100人以上が感染し、7人が死亡している。 (ダイヤモンド編集部 野村聖子) 全国の病院を震撼させた大クラスター 「うちを永寿にするわけにはいかない」 東京・上野駅から程近い、永寿総合病院。 4月2日、4日、5日の新規感染者数も、さらには最新の感染者総数さえも教えてもらえなかった。 厚生労働省のクラスター対策班の分析によりますと、1月18日の屋形船での新年会で新型コロナウイルスに感染した患者が東京・台東区の永寿総合病院に入院しました。 当院には以前から感染制御部があり、連日奮闘していましたが、当時の知見ではわからないことばかりでした。

>

屋形船感染者から拡大か…永寿総合病院のクラスター

その間に想像以上の早さで感染が広がった可能性が高い。 以下、NHK、朝日新聞、日本経済新聞等の報道で追える範囲の感染者数の推移を記してみる。 「最初に見つかった感染者は、今年1月に都内で発生した屋形船での集団感染の関係者です。 この患者さんは台東区の永寿総合病院から転院したとのこと。 この下町にある病院の名前を一躍全国区にしたのが、3月に発生した新型コロナウイルスの大クラスター(集団感染)だった。 注意喚起を行っていたにもかかわらず、懇親会が開かれていたようですね。 感染経路は、既に院内感染が報道されている都内の病院より転院された患者さんではないか?ということです。

>

泣きながら防護服…永寿病院、いま伝えたい教訓 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

都のホームページにも載っていなかった。 その関係者であることは、ご本人から聞いて初めてわかりました。 【旭川】新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が国内最大となった旭川厚生病院。 3月半ばにいったんホームに戻ったが、再び体調不良を訴えて病院に入り、感染がわかったケースがあった。 * アウトブレイクのきっかけをつくってしまった患者さんにしてみれば、たかが「風邪」のことを黙っていたことで、これだけの大騒ぎにまで発展しようとは、夢にも思わなかったことだろう。 保健所は検体の搬送から入院の手配まで精いっぱい対応してくれましたが、一時は検査キットが不足するほど逼迫(ひっぱく)していました。 その一因が研修医約40名が開いた懇親会だったことが「週刊文春」で報じられました。

>

「永寿総合病院の謎」 ――東京・下町の中核病院で今、何が起きているのか――

そして、取材の終わりにA病院長はこう言って目を伏せた。 院内関係者は「気づいた時には広がっていた」と証言するが、専門家は無症状の医療従事者が院内を移動するうちに感染を広げた可能性を指摘。 このうちの1名が3月中旬に同病院に入院し、退院後、再び「谷中」に戻っていたことで、特養入居者の間に感染を広げていた。 病院はこれまで、記者会見には応じておらず、院内感染の詳細はわかっていない。 出席者の中に新型コロナウイルスの感染者がいたとみられ、 クラスターが発生。 スタッフは派遣職員らも含めると750~800人おり、入院患者を含めた最終的な検査件数は1000人規模になる見込みという。 最初の感染者確認から3週間を経ても終息の気配はなく、同病院は12日も新たに12人の感染を発表し、感染者は281人、死者は25人となった。

>