中国 コロナ アメリカ。 sakaaltimes.com : 中国高官、新型コロナは「米軍が武漢に持ち込んだ可能性」

米議会で新型コロナの秘密を暴露した中国人ウイルス研究者は誰か!?

以来CSISでは非常勤研究員を務める。 実際、新型コロナ禍への対応では、各国指導者の危機管理能力のなさが露呈した。 その後、FOXテレビがWHOに電話して質問すると、 WHOは「マリック・ペリス氏はWHOの正式な職員ではありません。 しかし閻麗夢博士がその現場に行き、マリック博士が出張した事実を知ったのです。 さらに翌9月には4301の閉鎖を発表した。 3月27日には、グーグルがGoogle Playストアでのインフォウォーズのアプリ販売を凍結している。 しかし、ウイルス研究所は自分たちがなぜこの「部品」を作るのか、その目的が分かりません。

>

新型コロナ「アメリカ起源説」「中国生物兵器説」は両方デマ。発信源は2つの有名陰謀論サイトだった

さまざまな識者のインタビュー、寄稿からコロナと共存しながら事業を継続する鍵を探る。 アメリカでの新型コロナ感染爆発とトランプ政権の対応に対する批判の高まりが政権内のバランスを変えた。 この戦略は、4月17日の共和党の機密メモでも説明されている。 また、中国は都合の悪い情報は決して表に出さない国ですが、今回だけは重症患者だけの致死率を発表したり、大都市を封鎖したりして、お上が先頭を切ってコロナウイルスの危険性をアピールし続けています。 流出が意図的だったのか、事故だったのかについても、慎重に断定を避けている。 これを見る限り、トランプ氏は「研究所からの流出を裏付ける証拠がある」とは言っていない。 「石氏が1000件近い秘密文書を持ち出して、家族と共に欧州に逃亡し、フランスの米国大使館に亡命を申請した」 これがネット上で広まり、中国のネットユーザーの間で「石氏は裏切者だ」という批判が出た。

>

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

彼らは問題に当惑した、と思う。 さらに13日には、新型コロナウイルスは、中国ではなく米国の製造した生物兵器であると指摘する記事をリツイートした。 しかし、1870年代末にアメリカがGDP(国内総生産)でイギリスを超え、第一次世界大戦・スペイン風邪後に1人あたりGDPでも逆転が決定的となり、それ以降、イギリスがアメリカを上回ることは二度となかった。 質問者:あなたは「ウイルスが武漢ウイルス研究所から来た」と信じるに足る証拠を見たのでしょうか。 2010年5月から2011年3月まで外務省発行誌「外交」の編集委員。 — Lijian Zhao 赵立坚 zlj517 米軍兵士の数百人は昨年10月、武漢市で開催された軍のスポーツ選手の国際競技大会に参加していた。 中国とロスチャの仕掛けによるサンダースの大統領就任は象徴であって、そのようにして彼らはアメリカの政治家を次々と抱き込んでいくはずです。

>

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

極端なケースではアメリカ軍をやり玉に挙げ、ウイルス蔓延を外国人の責任にする排他的な宣伝も行った。 ものすごく当惑したのだ。 ヨーロッパ各国で相次ぐロックダウン。 ちなみにこのとき、「西陸網は人民解放軍の公式サイトなので、(生物兵器であることを)軍が公式に認めたことになる」とのフェイク情報も同時に拡散されている。 中国の外交官や国営メディアを情報戦のいわば「表の兵士」とするならば、実は「裏の兵士」も存在する。 しかし、この人工ウイルス説は、世界中の専門家によってすでに否定されている。

>

米議会で新型コロナの秘密を暴露した中国人ウイルス研究者は誰か!?

これが自然に発生するのは不可能です。 その是非はひとまず置いておいて、先日こんな要旨の記事を目にしました。 そして、その配列は自然に起こる現象とは考えにくく、それゆえ新型コロナウイルスは人工である可能性が高いというのだ。 外注の顧問で す」とWHOが悪行と関与したことを否認しました。 閻麗夢博士の証言は、莫大な量があります。 隠そうとした」などと、武漢ウイルス研究所をターゲットにした発言を繰り返している。 この内向き意識はコロナで変わるどころか強化されるだろう。

>

【制裁】習近平も怯える…アメリカは「コロナの元凶・中国」を絶対に許さない

我々に突き付けられている当面の課題は、世界大恐慌にどう対応するかという課題です。 その背景にあるのは、一般のアメリカ人のコロナ感染は中国に責任があるという強い反感だ。 11テロは米中央情報局(CIA)の自作自演。 ここで、叩いて、押して、引き伸ばして、ズタズタに引き裂いておかないと、なんて考えているのではないでしょうかね。 こんな感じだと、ひょっとしたら、アメリカの大統領選が終わった頃、戦争が始まっちゃうのかもしれません。

>

「コロナは武漢の研究所で作られた」中国人学者が論文発表→専門家は「荒唐無稽」と指摘【新型コロナ】

最近の中国情報は、日本のメディアで報道されない情報が多く、驚いています。 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 だが、大勢として世界経済全体のバランスは、アメリカから中国に大きくシフトしていくと思われる。 だが、消せなかった。 ロスチャが中国と手を組んでアメリカ支配に動く理由は何なのか? それは、マイナス金利にまで行きついた中央銀行の行き詰まりや、目前に迫ったドイツ銀行の破綻など、もはやロスチャは中央銀行支配を断念するしかないところまで追いつめられているからです。 にもかかわらず、アメリカのインフルエンザは全く報道されず、コロナウイルスだけが連日連夜、世界中で報道され続けている。 法輪功で董宇紅氏が行った主張は、世界のウイルス研究者たちにはまったく相手にされなかったが、それでも世界の反中国勢力の間では、その後もしばらく引用され続けた。

>

米国で連発、新型コロナ拡散で中国相手に集団訴訟 感染拡大の原因追及に立ち上がったネバダの腕利き弁護士(1/3)

長期的な視点に立てば、世界経済の成長が大きく減速し、アメリカや欧州の凋落が決定的になる」 ロジャーズ氏はその根拠は歴史にあると言います。 検査が行われているという仮設の検査テントに行ってみると。 イギリスでは、ボリス・ジョンソン首相が11月5日から12月2日までの4週間、2度目のロックダウンを開始すると公表。 笹川平和財団 安全保障研究グループ 渡部恒雄・上席研究員に話を聞いた。 この問題を考えるにあたっては、まずトランプ政権を「トランプ大統領」「経済チーム」「外交・安保チーム」に分けて捉えなければならない。 趙立堅報道官のツイートは、明らかに隠蔽工作を含む初動のミスを誤魔化そうとしているのは見え見えで、中国やロシアなど以外ではこうした情報操作は一蹴されている。 実際に現場に行ってみると・・ いないじゃんねー。

>