フェイズ シフト 装甲。 ニコニコ大百科: 「フェイズシフト装甲」について語るスレ 121番目から30個の書き込み

フェイズシフト装甲

その状況の中で「YFX-600R 火器運用試験型ゲイツ改」を用いて武装機器の試験運用が行われたが、その結果は思わしいものではなく、これにより核エンジン搭載の流れへと繋がった。 従来のMSでは考えらない多数の火器と大火力を有しており、これほどの武装が盛り込まれたMSはC. とはいっても、に動的に出を変える機体は-2A 程度であり、基本的には機体ごとに固定されているか、のように装備によって切り替わる程度。 大気圏内では空力制御を行い宇宙空間では重心制御に用いることで 、航空機以上の高い急旋回・急制動能力を発揮することが可能。 フリーダムとジャスティスは、核エンジンの採用により使用可能となった新技術の試験運用機としての側面も備えており、ここで蓄積された技術は後に開発されたモビルスーツ群にフィードバックされ、その性能を飛躍的に向上させることになった。 エネルギーが切れると装甲がディアクティブモードに戻ってしまう「フェイズシフトダウン」を起こし、機体の稼働すらままならなくなる。

>

ニコニコ大百科: 「フェイズシフト装甲」について語るスレ 151番目から30個の書き込み

キラ・ヤマトの能力ならばフルバーストモードによって10機以上の敵機を同時に捕捉する事も可能とされている。 7- 組立説明書• 「バラエーナ」はで「」の意。 中距離からの牽制用火器としても有効であり対MS戦闘における戦術が広がった。 なお、PS装甲に対ビームコーティングを併用した例としてはが存在する。 TP装甲は通常装甲の内側にPS装甲を備えた複合構造となっており、内側のPS装甲は外装に内蔵されている圧力センサーに反応があった時のみ、フェイズシフトする方式をとっている。 ISBN 4-8402-2817-5• しかし、当時のモビルスーツ設計局と武装機器の設計局は反目しあっており、モビルスーツ本体の設計局から「その砲身の大きさが原因となり機体全体のバランスが崩れるのではないか」という声が上がった。 概要 [ ] アニメーション作品『機動戦士ガンダムSEED』においては、第2話からその機能が描写された。

>

ガンダム鉄血のオルフェンズにSEEDのフェイズシフト装甲があったらという...

略称は TP Trans Phase 装甲。 その後、エターナルとクサナギの連携によりヴェサリウスは撃沈され、アークエンジェルもドミニオンを振り切り3隻はL4宙域からの脱出に成功する。 その後のデザイン作業で改稿が繰り返されていくうちにソードストライカーの要素は影を潜め、いつしか両腰に装備されたレールガンに変化した。 尚、地上での分離使用はできない。 ならみたいな推進の付いたとか作らないのかとか、なんで 作品によっては例外もあれど基本的には射出原理は射撃と同じなので間的な衝撃 が通じるのか分からないけど。 この判断は正しく、実戦ではキラの操縦技術はシミュレーションのデータを凌駕しており、戦場において一度も被弾する事が無く、防御力の低下は問題が無かったどころか、もしこの機構が導入されていなかった場合、キラの速度に機体が追随出来なかったであろう事が判明している。

>

鉄血のオルフェンズに登場する兵器ダインスレイブってガンダムSEEDのフェイ...

『スーパーロボット大戦』シリーズでは地上でのドラグーンを用いないフルバーストモードをハイマットフルバースト、宇宙でのドラグーンを用いたフルバーストモードをドラグーンフルバーストと区別している。 番組初期には携行型ビームライフルを装備する機動兵器はガンダムくらいしかいなかった 戦艦用の収束火線砲やD装備のバルルス改もあるが、サイズが大きい ので、Nジャマー下のドッグファイトでガンダムを倒せるのはガンダムだけという構図になるとのこと。 をはじめとするザフト製のガンダムやに使用されている。 接近戦における剣術を多様化している。 また、の装備するインパクトバイスを炸薬により300万Gの圧搾力で20-30発程連撃すればフェイズシフト装甲といえども粉砕されるという。

>

ニコニコ大百科: 「フェイズシフト装甲」について語るスレ 151番目から30個の書き込み

の攻撃は食らうと以外にのが削り取られる特殊効果を持ち、が一定値を割ると残りに関係なく撃墜されてしまうという危険なもので、の攻撃は全にを0にしてしまうか、攻撃自体を回避する必要がある。 この武装は、絶大な威力は立証済みでありながらも、2発の発射でゲイツ改が停止するほどの電力消費量が問題となり事実上失敗作の烙印を押されていた武装であった。 「SEED DESTINY」放送当時の公式サイトにおいては金色の関節という説明のみがなされており、以後の設定は後続の媒体によって追加されたものである。 フリーダムガンダム開発時点での従来型モビルスーツはバッテリーを動力源としており、試作武装の試験運用を行った結果、複数の強力な火器を同時使用した場合とても実戦に耐え得る稼働時間は確保できないことが判明した。 INFO、2009年4月17日 参考文献 [ ]• ISBN 978-4840234986• ただし、作中でこれを使用したのは「機動戦士ガンダムSEED」本編39話 リマスター版37話 のみである。 フリーダムガンダムとインパルスガンダムの攻防が始まったが、そこへミネルバ所属となったアスラン・ザラのセイバーガンダムが割って入る。

>

フリーダムガンダム

マニピュレーターの可動は人間の手とほぼ同様の動きをすることが可能で、ビームライフルやビームサーベル等の武装をコントロールする。 機構の内装に大きなスペースを必要とするという理由から排除する案も出されたが、実弾兵器に対する信頼の強さから最終的に残された経緯がある。 ただし、CE73年においてはザフトがセカンドステージのの両肩部シールドにおいて、VPS装甲と対ビームコーティングの両立を行っている。 ストライクフリーダムに搭載されたタイプは武装プラットフォームからスーパードラグーンをパージすることで、このスラスターを最大限に活用することができ、基部から青白い光の翼を放出し、より驚異的な高速戦闘が可能となる。 3』講談社、2003年9月。 トダカ一佐をはじめとしたオーブ軍の将校は、去りゆくアークエンジェルを敬礼で見送った。

>

フェイズシフト装甲 (ふぇいずしふとそうこう)とは【ピクシブ百科事典】

『Official File Magazine機動戦士ガンダムSEED DESTINY OFIFICIAL FILE メカ04』講談社、2005年11月。 また、の装備するインパクトバイスを炸薬により300万Gの圧搾力で20-30発程連撃すればフェイズシフト装甲といえども粉砕されるという。 ほどなくして、侵攻の遅延を打開するべく、自機と母艦のエターナルやドムトルーパー隊を残しての全軍先行を指示(命令)し、ザフト軍から離反したジュール隊などの加勢も受けながらメサイア増援部隊の足止めに従事する。 - 組立説明書• 機体のエネルギーが切れて相転移を維持出来なくなると装甲の色もメタリックグレーに戻ってしまう。 これにはアイリーン・カナーバが3隻同盟の活躍を考慮し、後々に軍法会議による責任追及が発生しないように取り計らったものだという。

>

フリーダムガンダム

この金属は相転移にともない装甲面の配列が変わり、も変化する性質がある。 「ナチュラルを排し純然たるコーディネイターだけの世界構築」というパトリック・ザラが想い描く理想を実現させる尖兵となるはずのフリーダムであったが、地球連合軍統合作戦本部を攻撃目標とした「オペレーション・スピットブレイク」の発動と時を同じくし、の手引きの下でに奪取された 本来の搭乗予定者が誰であったのか定かではないが、特務隊の隊員もしくはザラ派と呼ばれる最高評議会議員のナンバー2であったエザリア・ジュールの息子だったのではないかと思われている。 MMI-M15E クスィフィアス3レール砲 旧フリーダムのM15を発展させた両腰の兼。 ストライクフリーダムガンダムのデザインは大河原邦男が担当した。 カガリのストライクルージュに対してミネルバ所属のインパルスガンダムはミサイルを放ち、キラのフリーダムガンダムはそれを防ぐ。 また、装甲材となる金属は、またはそれに準じた低重力環境でしか精製が不可能である。 の専用機だからこそ成し得た超高性能化であり 、最強クラスと言われるスペックを獲得出来たのは、非凡極まるパイロットの非凡な要求に答える為に、非凡極まるを生み出そうとした技術者達の努力があったからである。

>