飯田 俊樹。 livebar UP&ALL on Strikingly

Kiss Music Presenter::9月22日(火)ゲスト「飯田俊樹」

針生和尊。 これらの活動全てが、 日頃の皆さんの応援があってこそ行えているものだと感じています。 最後に 万一ご来場された方の中に感染者が出た場合に速やかに保健所に予約時にいただきました情報を提供させて頂きます。 神戸市出身・フリーのラジオ・クラブDJ、タレント。 ===================== みなさん、こんにちは! シンガーソングライター兼イラストレーターの 飯田俊樹です! 本ページをご覧いただき、ありがとうございます! この度、 人生初となるカバーアルバムを発売したくクラウドファンディングの企画を立ち上げさせて頂きました!!! 企画の概要や趣旨をまとめましたので、 最後までページを見て頂けますと嬉しいです! よろしくお願い致します! 僕はPermanent Fishというアカペラグループにて2005年から活動を始め、2019年4月に解散してからソロシンガーソングライターになりました。 マスクの着用をお願いします。 アカシアオルケスタのメンバー。

>

飯田俊樹×Antique Notes2マン全国ツアー~2マンなのか何なのか~@大阪

そこで今回、「スーパーソーシャルディスタンス スッカスカレギュラーワンマンライブ」で行っているカバー楽曲をCDにして皆さんに届けようと考えました!! しかしながら僕は現在個人で活動を行っているので、スタジオ代やサポートメンバーのギャランティなど、カバーアルバムの制作になると予算の制限がかかってしまいます。 西村広文(アカシアオルケスタ)。 ターザン山下 ターザンやました 8月19日生まれ、獅子座。 【敬称略】 毎回1回きりのライブではありましたが、披露する曲の表現やアレンジは、 そのメンバーと共に想いを込めて作り上げました。 藤原 岬 ふじわら みさき 1月24日生まれ、O型の水瓶座。 クマガイタツロウ(ワタナベフラワー)。

>

【飯田俊樹】あなたと僕と最高のミュージシャンとで最高のカバーアルバムを作ろう!プロジェクト

その一方、釣り好きが高じてさかなイラストを日々描く「さかなのおにいさん かわちゃん」としても活動中。 その傍ら、ピアノボーカルデュオAntique Notes、イラストレーター(似顔絵師)やFMラジオ局のパーソナリティーなど幅広いエンターテイメントの分野で活動してきました。 下町生まれ下町育ちによって得た人情と人なつっこさで、リスナーの気持ちになれるパーソナリティーを目指しつづけている。 3歳以上チケット必要。 そんな中で僕は、こんなに素敵なメンバーと素敵な音楽を作りそれを届けてきたならば、 これをちゃんと形にしたい!と思うようになりました。 ロックを根底にメンバーそれぞれの独創性を生かしたジャンルにおさまる事のない音楽を確立する傍ら、Kiss FMのサウンドクルーとしてラジオDJとしても活躍中。

>

Kiss Music Presenter::9月22日(火)ゲスト「飯田俊樹」

そこで今回、クラウドファンディングをさせていただき、皆さんにもご協力をいただきながら最高のカバーアルバムを作ろうと考えました! とても大変な時期ではございますが、皆さんどうかお力をお貸し頂けないでしょうか。 (意味不明) 本日のゲストは、 飯田俊樹さんでした いつの間にか髪型が変わってイメチェンしていた飯田さん! どうやら普通のイメチェンとは違って、今後の老化のことを考えてからの前髪無くしのようです。 笑 もう直ぐ誕生日の飯田さんに何が欲しいか聞いてみると・・・ 持続化給付金!!!なんてリアル! 最高に面白かったです。 。 (万一熱がある場合はご入場をご遠慮いただきます。 届かない場合はお手数ですがmail iidatoshiki. 詳細近日発表。

>

飯田俊樹×Antique Notes2マン全国ツアー~2マンなのか何なのか~@大阪

野口亮。 ご来場の皆様、アーティスト、ライブハウス すべてが守られる環境づくりの為ご協力の程 宜しくお願いいたします。 ディスコDJの経験を生かしたターンテーブルMIXを得意としている。 まななん。 クボタアツシ。 その企画内で、毎週違ったサポートメンバーと一緒に、 オリジナルはもちろんのこと、様々なカバーも披露してきました。

>

Kiss Music Presenter::9月22日(火)ゲスト「飯田俊樹」

熱中症なども考えられますので水分補給など対応をお願いいたします。 本当にありがとうございます! そんな活動の中、僕はこの9月10月の2ヶ月間、神戸煉瓦倉庫K-waveにて、 「スーパーソーシャルディスタンス スッカスカレギュラーワンマンライブ」 という企画を行ってきました。 柿原千春。 。 。

>