鋭意 意味。 「鋭意製作中」の意味と・ビジネスで「鋭意」をつかった表現

「鋭意」の意味とは?読み方や使い方・例文・類語・英語表現など詳しく解説!

「鋭意作成中」という表現の中で「鋭意」は、「作成することに集中している」状態を示しています。 相手への気遣いは今後の関係性もアップさせるため相手の立場に立って情報を提供するようにしましょう。 そんな激励を下さった社長は対しての敬意を込めて「鋭意邁進」というフレーズを用いています。 これから頑張っていくぞという気持ちで周りの期待に応えようとする態度が現れています。 「鋭意」は、どちらかというと「謙遜」に近い言葉である為、相手の行動に対して使用することはありません。

>

「鋭意」の意味と使い方!細かなニュアンスや類語、英語も解説

「鋭意」を使って、自分の気持ちをダイレクトに伝えられると良いですね。 そういう意味では、しつこい追求をはねのける、便利な言葉ともいえます。 謝罪など、ネガティブな場合に 「鋭意お詫び申し上げます」 「鋭意猛省する所存でございます」などとは、使いません。 精一杯• 「いやだけど」「上手くいくかわからないけど」など、ネガティブな心情を持った状態でも、それらの言葉を使うことはあります。 意味としては「 一生懸命」や「 集中する」と言うように、自分が今していることに対し、 がむしゃらに力を注いでいる状況を表す言葉です。 しかし、スムーズに物事が進んでいない場合、「まだ終わっていません」などといってしまうと相手に不安を与える可能性もあります。 しかし、引き受けないわけにはいかない…というときは「鋭意尽力いたします」と伝えてみましょう。

>

「鋭意」の意味と「鋭意」を使った例文5つ・「鋭意作成中」の意味

」 簡単に言うと、「専念する」というような意味です。 つまり「鋭意作成中」という表現は、「取り組み姿勢に関しては、全く他から文句を言われるような余地は見当たらない」、ということを暗にアピールした使い方をします。 失敗を補うことは悪い事ではないですが、それを目上の人に「フォロー」という言葉を使用して伝えると上から目線で言われているように感じる人もいるので注意が必要です。 ","datePublished":"2019-01-28T20:09:09. 「鋭意作成中」としても、表現される内容に大きな違いはありません。 」 〇「専心」を用いた例文 「彼女は、受験が近づいたのでアルバイトをやめて学問に専心した」 「専心して取り組んでいるだけあって、知識がものすごくあった」 「休みの日は、ボランティア活動に専心している」 懸命 「懸命」は「 けんめい」と読みます。 「一生懸命努力します」という気持ちを伝えるのに、「精進いたします」というような使い方をすることができます。

>

「鋭意」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】

ではどんな時に「鋭意作成中」という言葉を使うかといえば、ニュースのようにかしこまった場面、つまり身近なところでいえばビジネスの場面で使います。 ですので、「誠実に真面目に取り組んでいます」という意味のフレーズになります。 「鋭意作成中」の使い方 「鋭意作成中」が「気力をその一点に集中させて作っています」という意味がある言葉であることからも感じ取れるように、「非常に頑張って何かを作っているとき」に使う表現が、「鋭意作成中」です。 問題の解決まで鋭意対応させていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 同じような意味の言葉は他にもたくさんあります。 内心「とても良い内容だ」と思っていても、自分ひとりで決断できないことは多いでしょう。 「気持ちを集中させて頑張っています」とか、「真剣に取り組んでいます」とかそのような前向きな意味を持っています。

>

「鋭意」の意味と使い方!鋭意努力は頑張ります?使える例文も紹介

「専心」の意味は、「そのことだけに心を注ぐこと」です。 それが 「がんばります」や 「努力します」では、締まりませんし、クライアントもいささか不安です。 少なくとも、目処くらいは立ったのでしょうか。 「鋭意」の使い方 「鋭意」という言葉を使った例文を確認していきましょう。 仲よくつきあうこと。

>

「鋭意作成中」の意味やビジネスでの使い方|「鋭意~」の表現紹介

自分が目の前のことを懸命に取り組むという強い決意を伝えることができます。 「一生懸命に」「集中して」という意味です。 <例文> ・先日ご依頼いただきましたパンフレットにつきましては、現在、鋭意作成中でございます。 「鋭意努力」は「一生懸命努力します」ということ 「鋭意努力」は、「 一生懸命努力します」ということです。 「鋭意」の読み方と意味 「鋭意」はひたすら取り組む様子 「鋭意」という言葉は「えいい」と読みます。 「鋭意作成中」と「誠意作成中」の違い. まとめ 誰だって、できればいつもポジティブな言葉を使っていたいと思っているのではないでしょうか。

>

「鋭意」の意味とは?使い方や例文を紹介!

作成中 例文「ご要望のありました統計資料は、只今鋭意作成中でございます」 この例文は、要望のあった資料を懸命に作成している最中であるということを伝えている文章です。 具体的には、「その書類は鋭意作成中です」、や「新企画を鋭意作成中です」のように使います。 <例> 励ましのお言葉ありがとうございます。 「ちゃんとやっています」「頑張ります」という言葉は、伝わりやすい反面ビジネス感に欠けてしまいがちです。 「熱」は、音読みで「ねつ」と読み、「心を打ち込む・夢中」という意味があります。 「鋭意」「鋭意努力」は、言葉の意味をきちんと知り、その重みを理解して使うようにしたい言葉です。

>

「鋭意作成中」の意味やビジネスでの使い方|「鋭意~」の表現紹介

「鋭意作成中です」には、「きっとうまくいきます」「なんとかして成功させてみせます」という前向きに努力し邁進する心意気があるという意味を含んでいます。 「一生懸命やる」と「鋭意努力する」は同じような意味で使いますが、一生懸命の方は後ろ向きな気持ちの時にも使うからです。 鋭鋒 1つ目の「鋭」のつく漢字は「鋭鋒」です。 「鋭鋒」という言葉の「鋭」は、「よく切れる。 「留意」は「りゅうい」と読み、「ある物事に心をとどめて、気をつけること」という意味を持ちます。 「誠心誠意努力いたします」という表現と「鋭意努力いたします」という表現は、同様のシチュエーションで使うことができます。

>