パレット エアコン 効か ない。 スズキ株式会社 リコール情報 2016年3月3日 パレット、ワゴンR、アルト ラパンのリコールについて

価格.com

エアコンの状態によっては、コンプレッサーが作動しないこともありますので、まずはその作動を確認することが第一段階です。 お車はH24年式日産セレナです。 13530• 記載して頂いてる番号を調べると私のパレットも 含まれてるいました。 エアコンガスの量、というのは、実は「適量」というのがあって、多すぎても少なすぎても駄目で、補充には経験を要する分野でもあります。 これまでは毎回ディーラーで下取りして新車を購入、基本的に新車好き。 お客様問い合わせは、12~13時休みなので、昨日上司に説明して11時半に電話しました。

>

【故障】車のエアコンが効かない(冷えない)原因とDIY修理方法まとめ

普通は管内から吹き出しチェッカーの外へあふれ飛ぶことはないのですが オイルが大量に吹き出すなら、相当入れ過ぎ状態。 ベルト音が出ている古そうなベルトの場合は使えそうでも新品交換してください。 もしくは、1年に1度だけ補充をしていれば問題ないなどですね。 ワゴンRのエアコンが効かないということで入庫してきました。 実際乗られた方、どうかご意見を聞かせてください。 またコンプレッサーが作動しても何も見えないという場合は、可能性としては液体だけが流れていることが考えられます。

>

スズキパレットエアコン修理を聞きたい?

・・・・・・・・・・・・・以上なのですが高圧が高いと言うことなのでガスの入れすぎ出しょうか?或いは不足でしょうか?或いは他の原因でしょうか? 車のエアコンが効かないので教えてください。 混んでいるようで事前に電話予約しました。 ほんと、納得がいかないです。 なおそういう際に交換するベルトは出来るだけ上質なゴムを使ったベルトが良いでしょう。 冷媒ガス補充;約3000~4000円 ただ、ここで知っておきたいことは、カーエアコンの不調の多くは完全に故障してしまったというよりも、少し調子が悪くなっているだけということが多く、DIYの知識やノウハウがある人であれば、自分の力でその不具合を直すことが出来ることがよくあります。 エアコンが効かない エアコン作動時カチカチ音がする ハイゼット系S330W エアコン効かない コンプレッサーの作動はこんな感じ。

>

【故障事例】ダイハツ ハイゼット エアコン効かない カチカチ音

ですから、本当は機器自体故障をしていない場合もあり、故障と決めつけられ、 コンプレッサーなど脱着で入れ替える際に多すぎたオイルが抜けるので直ってしまう事もあります。 車の下を覗き込めば見えます。 このためしばらくの間、室内の温度が下がりにくく、 冷却不足を感じる。 745• ) 見ただけでは判らないが下図右下の穴(液体の冷媒が入る)から息を吹くと、 その上部に息(冷媒が霧化し)が抜けるが、両方を比較すると 上記右の部品は空気の通りがかなり悪いことが判る。 注: は、点検によりコンプレッサオイルの補充又は交換する部品を示します。 新しいオイルのような褐色気味の琥珀色になっていたり、配管内にアルミの摩耗粉が混ざっていると 灰色になります。

>

【故障事例】ダイハツ ハイゼット エアコン効かない カチカチ音

エアコンを切ってるときは、ポンプを動かす必要がないので、クラッチを切って、空回りさせています。 車を少しでも高く売れないか、友人のスバルにアドバイスを求める。 そこで今回は、カーエアコン不調の原因とその対処法について詳しくお話していきます。 中心軸の交換や電磁クラッチの交換で直る場合が多いが通常は コンプレッサー交換となることが多い。 ) ON時にコンデンサーファンが同期作動しない事がある。 まずはガス圧を点検し、多すぎるようなら適正な量までガスを減らすといった作業が必要になります。 素人が言う「真空引き」の時間とは全く無関係です。

>

スズキ株式会社 リコール情報 2016年3月3日 パレット、ワゴンR、アルト ラパンのリコールについて

え?スイッチをオフにすると0v。 コンプレッサーはエンジンに取り付けられた補機で、ファンベルトによって駆動しています。 出典) ここで知っておきたいことは、カーエアコンは家庭用のエアコンと違って製造上の問題から、エアコンを構成するパーツの接続部分や圧縮機と呼ばれる部品のシール部分が溶接などによって完全に密閉されているわけではありません。 一度、販売店でも見てもらいましたが、ガスが多少減ってるぐらいで 問題はないようです。 ・エアコンヒューズの取り付け部腐食やヒューズ切れ ・ブレーカーが作動して(あがって)いる。

>

価格.com

けれども冷間時なので、少し強引に力をかけて回してみたらその固着がはずれ、 ロックしたと思われる部分では少しだけ引っかかりを感じただけで 普通に手でも回せる状態になった。 (R-12用オイルチェッカーは既に廃盤となっていますので 1個サービスでお付けしている分も在庫分のみで打ち切らせて頂きます。 もしも心当たりがあるのでしたら、コンプレッサーが怪しいかもしれません。 エバポレーターからのガス漏れでも無償修理対象車とそうでない場合とあるので喜ぶのはまだお待ちください。 ブロアモーターの直前まで電気は来ているので、ブロアモーターの不良でほぼ決まりです。 ただ、高圧、低圧をチェックしますと、普通は低圧が異常に高い場合のケースで起こるようです。 A ベストアンサー 子供が大きくなって、自分でドアを開けることができるようになると、駐車場で隣の車にドアパンチ。

>