お 時間 を 頂戴 し。 「頂戴する」の意味とは?ビジネスで使える?幼く聞こえる?使い方を解説

「頂戴する」は正しい敬語か?「頂戴」の意味と使い方、類語、英語表現を解説

「頂戴する」は謙譲語「いただく」に言い換えできます。 以下の例文もご参考にどうぞ。 しかし、相手が自分のために時間を使ってくれる、という状態は 『もらう』と考えることができます。 相手に無理を言って時間を作ってもらった場合にこそ使いたい言葉でもあります。 使い方「アポイントメール」 「お時間を頂戴する」の使い方 訪問アポイントメールに取引先や上司・目上に「お時間を頂戴できますでしょうか」「お時間を頂戴いたしたく存じます」という形にしてよく使います。 」 26、「もしお時間をいただけるようでしたら、〇〇様のご都合のよろしい日時をいくつか、ご教示いただければ幸いです。

>

お数珠頂戴は善光寺の行事!時間やご利益•アクセス方法を紹介

かつて、日本語において最上級の敬意を表す言葉として、最高敬語というものがありました。 例文「お時間を頂戴できれば幸いです」 意味は『時間をもらえたら嬉しいです』 「いただければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」+可能形+仮定の「~れば」 「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 席をすすめられない場合は、勝手に座らずに立って待ちましょう。 のようにして使えますね。 ここでは「お時間をいただきたい」 のより丁寧な言い換え、 ビジネスシーンでの使い方を紹介します。 「頂戴=もらうこと」ですので全文での意味は 「時間をもらう」と解釈できます。

>

お数珠頂戴(おじゅずちょうだい)|信州長野 善光寺参り

『頂戴する』という表現は他にも『相手から何かをもらう時』に使います。 ですが、 このままだとストレート過ぎて 相手に失礼に当たりますよね。 「お待ちください」を使用した例文 ここでは「お待ちください」という言葉を維持して、より丁寧な印象を与えられる文章を紹介します。 ご理解いただけたでしょうか。 「~をもらう」の謙譲語「~を いただく(頂く)」• 」 27、「29日の13:00にお伺いいたします。 たとえば、取引先にアポイントメールするとき。 この場合の「いただく」は補助動詞であるため、「頂く」など漢字ではなく、ひらがなで表記します。

>

「お名前を頂戴できますでしょうか」は間違い!? 【ビジネス用語】

上司に言う場合 ・「本日はお時間をいただき、ありがとうございます。 例文「お時間を頂戴できればと存じます」 意味は『時間をもらえたらと思います』 「頂戴できれば」は「もらう」の謙ったフレーズ「頂戴する」+可能の「~できる」+仮定の「たら・れば」 「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」 「~いただければと存じます」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 具体的にはたとえば取引先と打合せした後のお礼メールで、 -ビジネスメール例文- いつもお世話になっております。 「お待ちください」の意味 「お待ちください」は、「お」「待ち」「ください」の3つに分類できます。 例文『ご確認(を)いただければと存じます』• ビジネスでは「名刺を頂戴いたします」という表現がよく使われる ビジネスでよく使われる例として、「名刺を頂戴いたします」という表現があります。 しかし、この言葉には影に隠れている意味があります。

>

「貴重なお時間を」の例文・使い方|シーン別/メール/を頂戴し

書き言葉の場合は「お時間を割いていただき」の「いただく」は必ず平仮名で表記します。 アポイントメール の場合 例としては 平素大変お世話になっております。 ・お時間をいただきたく、お願いいたします。 「戴く」は現在常用漢字から外されており、新聞用の漢字でも「戴く」は「頂く」に替えて書くよう決められています。 相手に何かを要求したいときに、丁寧な気持ちを込められる表現です。 お時間を頂戴できればと存じます ビジネスメールにつかえる丁寧な「お時間を頂戴する」の使い方• 一言添えるだけで、そのメールがぐっと丁寧なものになり、相手によい印象を与えられます。

>

「お時間ありますか」「お時間いただけますか」は敬語として正しい?

お名前をお聞かせください• 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 ご都合いかがでしょうか。 使い方「お礼のビジネスメール」 「お時間を頂戴する」の使い方 これまでとちょっと違いますが、訪問・面談・打ち合わせした後のお礼ビジネスメールに使うこともできます。 または「お待ちください」というフレーズ自体を置き換えてしまう方法もあります。 参拝者は本堂に向かう途中の参拝の左側で跪いて待っていると頭の上に数珠を頂戴して功徳をさずかれるといわれています。

>