古川 五 勢。 古川五勢『犬になったら好きな人に拾われた。』1巻感想 犬であるが故のラッキースケベ連発

[古川五勢] 犬になったら好きな人に拾われた。 第01巻 雑誌寄せ集め│試し読み│zip│rar│rapidgator

買えば? うーん、いらないかな。 なんせ人間の7倍で歳をとるらしいからな。 四足歩行といえば地面が近い。 著者:古川五勢 出版社:講談社(KCデラックス) 巻数:1巻(以下続刊) 犬になってクールな美少女に飼育されることになった主人公を描いた、 犬視点のラブコメディ。 なんせ人間の7倍で歳をとるらしいからな。 犬ならではのローアングルから生まれる パンチラや、まさか見られているとは思ってもいない無防備な 着替え姿、そして 一緒にお風呂といったところでしょうか。

>

[古川五勢] 犬になったら好きな人に拾われた。 第01巻 雑誌寄せ集め│試し読み│zip│rar│rapidgator

その「しょうもなさ」を求めている部分もありますので。 本作に関しては、犬になった理由も分からず、今のところ ただ美少女のちょっとエッチなシーンを羅列しているだけの内容になっています。 総評すると、「つまらない」に片足つっこんでる普通の作品ってところでしょうか。 四足歩行といえば地面が近い。 しかし冷静に見ると、ちょっと 不自然とも言えるくらいに足裏がフォーカスされているコマが多いように感じます。 犬ならではのローアングルから生まれる パンチラや、まさか見られているとは思ってもいない無防備な 着替え姿、そして 一緒にお風呂といったところでしょうか。 わけも分からぬまま、同級生のクールな美少女・ 犬飼さんに拾われ家に連れて帰られ、彼女のペットとして飼われることになってしまいます。

>

古川五勢『犬になったら好きな人に拾われた。』1巻感想 犬であるが故のラッキースケベ連発

犬になった理由は? 足フェチのことは置いといて、単純に漫画としての評価ですが、上でも書いた通り残念ながら 手放しに面白いとは言えない内容です。 まぁ実際にはそんなに単純な計算でもないらしいですけどね。 netについて 本サイト内の紹介記事はすべてRapidgator. 実を言うと、あらすじを読んだ時点で「足舐める」という場面は多分出てくるんじゃないかと予想(というか、それを確認するために購入したと言っても過言ではない)している部分はありました。 エロさも中途半端なんだよなぁ。 ただ肝心の内容が…。

>

[古川五勢] 犬になったら好きな人に拾われた。 第01巻

netのリンクがあります プレミアムアカウントの購入について: Rapidgator. 主人公が犬であるが故に視点は必然的に低くなり、そのおかげで 足フェチには嬉しい描写が多数存在するのです。 「佐伯さん~」に関しても、足フェチ絡みで当ブログで過去に取り上げたことがあるんですよ。 「佐伯さん~」に関しても、足フェチ絡みで当ブログで過去に取り上げたことがあるんですよ。 まぁ実際にはそんなに単純な計算でもないらしいですけどね。 netのリンクがあります プレミアムアカウントの購入について: Rapidgator. netはゲートウェイの問題でいつでもプレ垢を買えるとは限られません もし検討があるならお早めに購入をお勧めします! お散歩にトイレ、好きな子に調教されてこのままでは身も心も犬になってしまう! 著者:古川五勢 出版社:講談社(KCデラックス) 巻数:1巻(以下続刊) 犬になってクールな美少女に飼育されることになった主人公を描いた、 犬視点のラブコメディ。 読む人によっては「面白い寄りの普通」くらいにはなるかもしれません。

>

[古川五勢] 犬になったら好きな人に拾われた。 第01巻 雑誌寄せ集め│試し読み│zip│rar│rapidgator

思わぬ形で想い人と同居することになり、無防備な彼女の姿にドキドキしちゃう主人公くん(犬)でしたが、犬飼さんは 常軌を逸するほどに飼い犬を溺愛する人で……? 感想(ネタバレ度:低) ローアングルから攻める 密かに想いを寄せていた美少女と突然同居することになるという、うらやましいお話です。 犬といえば四足歩行。 このことから察するに、作者さんは 足に対して並々ならぬ情熱と執着を持っている方とみて間違いないでしょう。 それはともかく本作の見所はと言いますと、やはり主人公が犬であることによって起こる ラッキースケベの数々でしょう。 「かなりHな描き下ろし漫画付き特装版」なんてのがあるけど。

>

[古川五勢] 犬になったら好きな人に拾われた。 第01巻

この作品も当然そういったベーシックなシチュエーションは押さえてありますが、個人的にはそれ以外で注目したところがあります。 もちろん2巻以降で、そのあたりの謎に迫っていく部分が多少なりとも出てくるんだろうとは思うんですが、おそらく今後もラッキースケベがメインの「しょうもない漫画」の域を抜け出すことはないでしょう。 なので漫画にストーリー性やらメッセージ性やら、 高尚なモノを求める人にとっては用が無さそうな作品だと思います。 いずれにしても、自信をもってオススメ出来る作品ではないかなぁって感じでした。 総評すると、「つまらない」に片足つっこんでる普通の作品ってところでしょうか。 こういうのって、寿命も犬仕様になるのかな? ならば1週間もバカには出来んぞ。 「かなり足フェチ」なら躊躇なく買ったが。

>