ミッキー ワイルド。 【根岸S】2番人気ミッキーワイルド直線伸びず11着 Mデムーロ「気持ちにスイッチが入っていない感じ」

【根岸S】2番人気ミッキーワイルド直線伸びず11着 Mデムーロ「気持ちにスイッチが入っていない感じ」

重賞未勝利も同舞台の霜月Sを制し2番人気の支持を受けたミッキーワイルドは、3番枠からきっちりとスタートを決めて先頭集団を見る絶好の位置でレースを進めるも、2カ月半ぶりの実戦の影響か、直線伸び切れず11着に終わった。 馬名i 出走回数 1着-2着 賞金 アーモンドアイ 10 7-1 902111000 サートゥルナーリア 8 5-1 432731000 ステルヴィオ 12 4-3 293844000 ダノンスマッシュ 15 6-2 235815000 ダイアトニック 13 6-3 172659000 ファンタジスト 11 3-2 134387000 トロワゼトワル 15 5-4 121187000 アンヴァル 16 4-2 102569000 ミッキーワイルド 14 5-5 102023000 ケイデンスコール 8 2-2 88008000 イベリス 11 3-0 79401000 グルーヴィット 8 3-1 68928000 ゴールドギア 20 3-2 67253000 ドナウデルタ 9 4-1 62537000 エイシンデネブ 12 4-1 61272000 まとめ ロードカナロア産駒の中で例外的にダート競争で活躍をしているミッキーワイルド。 同レースは過去10年で16年モーニン、18年ノンコノユメが同レースをステップにフェブラリーS(G1)制覇を果たしているステップレースだ。 ・本馬は3番仔。 ここでこそ、真価を発揮してくれるのではないでしょうか」(競馬誌ライター) また前回はデムーロ騎手が騎乗したが、これは主戦の北村友一騎手が騎乗停止だったためだ。 また根岸Sは斤量面でも恩恵が得られる。

>

JRA根岸S(G3)『代打の神様』が試合を決める!? ミッキーワイルド庭の府中で弾けるか!?

だが、レースではこれまでとは打って変わって直線で伸びを欠き、11着。 最終追い切りも坂路で4F52秒、ラスト12秒5と上々の動きを見せています。 ミッキーワイルドとデムーロ騎手のコンビは、今回が初めてではない。 G2-ローズSの勝ち馬でG1-オークス2着、G1-エリザベス女王杯3着など重賞入着5回。 パワーは申し分なさそうなので一度でいいからダートで走ってもらいたい。 現時点ではまだディープインパクトの初年度成績には及ばないが、既にダイワメジャーの初年度成績を上回っていることが分かる。

>

ミッキーワイルドが丸わかり!競走馬データベース

キングカメハメハ ミスプロ系 の系統は人気で、 サウスヴィグラス産駒 ミスプロ系 は人気薄での好走が多くなっています。 もはやミッキーワイルドにとって東京競馬場は『庭』同然だ。 0 東京、中山、阪神 合計 21 5 6 1 9 11092. オープン馬が2頭。 芝・ダートともに1400mで安定を見せています。 根岸Sで11着に敗れたミッキーワイルド 2月2日の東京11Rで行われた第34回根岸ステークス(GIII、4歳以上オープン、ダート1400メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の3番人気モズアスコット(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)が快勝。

>

ミッキーワイルド【12/3(日)新馬戦(中京芝1400)1着】

アーモンドアイ、ステルヴィオ、サートゥルナーリア、各世代ごとにG1ホースを輩出しているロードカナロア。 ダート転向後、最低着順に終わっていた。 デムーロ騎手を背に2番人気に支持された。 デムーロ騎手は今年開幕週で4勝を挙げるも、その後2週間勝ち星から遠ざかる。 1秒差の2着。 2着に3馬身半の差をつけて完勝。 この影響での乗り替わりである。

>

【根岸S】2番人気ミッキーワイルド直線伸びず11着 Mデムーロ「気持ちにスイッチが入っていない感じ」

芝2000m以上の距離での賞金はハープスターの実績によるものです。 まだまだ少ないロードカナロアのダート実績。 確かに馬体がプラス8キロでしたし、少々緩さが残っていたのかもしれません。 もはやミッキーワイルドにとって東京競馬場は『庭』同然だ。 スムーズな競馬が出来れば強いタイプ。 馬名 キャリア 賞金 ハープスター 5-2-0-2 360248000 ステルヴィオ 4-3-1-4 293844000 ワントゥワン 5-8-2-14 164617000 ミッキーワイルド 5-5-1-3 102023000 カオスモス 1-4-2-21 88409000 マリオーロ 4-1-5-24 83025000 テトラドラクマ 3-1-0-7 70480000 トーセンブレス 1-1-1-11 60606000 ユアスイスイ 3-4-0-16 47450000 エイシンセラード 4-0-0-3 42101000 BMSがファルブラヴである馬の距離実績 ハープスターは阪神、ステルヴィオは京都のマイルでG1を勝ちました。

>

ミッキーワイルド|JBISサーチ(JBIS

中団でレースを進め、終いの脚が切れる、まさに危なげないレース運びでここへと駒を進めてきた。 ヨハンは母父が アフリート ミスプロ系 で今回も激走に警戒したい。 本格化の兆しを見せていたミッキーワイルドは、M. うち1着になった記録のある馬が49頭。 だが、レースではこれまでとは打って変わって直線で伸びを欠き、11着。 ここでも『代打の神様』の一発に期待したい。

>

ミッキーワイルドが丸わかり!競走馬データベース

ここも便宜上、賞金ベースで上位10条件のみ記載します。 トップレベルの競争はそうした小さな積み重ねが決定的な差になります。 重賞未勝利も同舞台の霜月Sを制し2番人気の支持を受けたミッキーワイルドは、3番枠からきっちりとスタートを決めて先頭集団を見る絶好の位置でレースを進めるも、2カ月半ぶりの実戦の影響か、直線伸び切れず11着に終わった。 2月2日東京競馬場で 根岸S(G3)が開催される。 だが、昨年条件戦を2連勝して、OP入りを果たすと続いて出走したプロキオンS(G3)では勝ち馬とは0. 4 メンバー最速。 今年から騎乗停止期間の施行が1週間繰り下げられたため、制裁決定後の18日、19日の2日間も北村友騎手は騎乗機会があった。 ・2番仔ビギン 牡・父・キングカメハメハ は未出走。

>