グーグル アース 原口。 知恵袋 原口一博先生のPCのようにグーグルアースで艦船をみつけられません

グーグルアース原口「私は将棋名誉五段だが、安倍政権は詰んだ後の将棋台をひっくり返している」

隠さなくていいことまで隠し、出さなきゃいけないことまで出さない」などと政府に迫り、こうした詳細情報が外務省-防衛省間の綱引きの結果首相に迅速に伝わらない可能性もあったのではないかと安倍首相に迫った。 (会長代理)• いや少しは勉強しましょうよ・・・. は、グーグルアースは衛星などから撮影した世界各地の写真を自由に閲覧できるが、大半は1-3年前に撮影されたもので、リアルタイムの動きを把握することはできないとして、原口がグーグルアースをと勘違いしたようだと評した。 何回か聞きましたが、仮に私でも同じ説明をすると思います。 県議時代はに所属しており、幹部・の系列だった。 この情報分析は大切です。

>

原口一博議員、「グーグルアース」発言で反論: J

頑張っていきましょう。 『政策不況 脱出の筋道』東洋経済新報社、1998年• 特許庁が認めなかったのはたかだか過渡技術のグレーテッドインデックスファイバーの特許であり、 基本特許じゃねーよ。 いずれにしても、今後は、このようなことがないように細心の注意を払いたいと思います。 日本のについて検討すべきでないとしている。 なお、原口氏は2013年2月8日夕現在もツイッターで発言について触れておらず、沈黙したままだ。 そう思っていたら次々と自民党が想像通りの売国を始めた。 2013年2月7日のにおいて、のが2013年1月30日午前10時頃にのにを照射した事件 に関する質問の中で、中国海軍艦艇がレーダーを照射した海域を明示していなかった政府を批判して、か何かで見れば、どこに日本の艦船がいたか分かると発言した。

>

グーグルアース原口「光ファイバーを生み出したのは日本の会社だ。その強さを挫いたのは新自由主義!」

どこに日本の艦船がいたか。 側は元国会議員を大量起用したことについて、「人選が偏っている」と批判している。 2階にあるの室に足繁く通い、記者らに「総務省の政策の進め方についてアドバイスをもらった。 さすが幹事長はすごい。 防衛上の情報は、ぼかしていうのが通例です。 『やめへんやろうな』原口一博と維新隊、1993年 共著 [ ]• 日本の安全保障、特に緊迫した事態について、安倍総理はじめ閣僚に対しての質疑でした。

>

知恵袋 原口一博先生のPCのようにグーグルアースで艦船をみつけられません

これほどの無知な発言が過去にあっただろうか? さすがである。 2006年2月17日(金)• この情報分析は大切です。 これに関連して、党議に従うのが政党人の責務とした部分のみを取り上げられたとおよび批判を展開し、批判が集まるとアカウントを非公開とした。 そこで総理に伺いますが、私は、今のに、総理としてもですね、ちゃんとおっしゃいましたか? ちゃんと情報を自分に上げるようにと。 感激した」などと述べている姿を、民主党関係者は・と並んで「ごますり三人衆」と呼んでいるという。 中国海軍にレーダー照射された自衛艦の位置について、民主党の元総務相が国会で、衛星画像表示の地球儀ソフト「グーグルアース」を見れば分かると発言したことが物議を醸している。

>

原口一博議員、「グーグルアース」発言で反論: J

しかし、もう相手に場所が分かっているじゃないですか。 『なぜ自分に上げないんだ』ということをですね、強くおっしゃるべきたどいう風に思いますし、 今回も運用がどうのこうのって、場所がどうのこうのって今言いましたけども、 小野寺さんがいまある中で厳しい答弁をしていることは評価しますよ、 しかし相手に…場所がもう判ってるじゃないですか。 だって、レーダー照射までしてるわけですよ。 2010年7月21日閲覧。 併せても務める。 net インターネットを生み出したのはアメリカだ。 そしてこれらのアカウントは、すべてとある情報商材屋のアカウントに「イイネ!」を打っていました。

>

【新型肺炎】グーグルアース原口「コロナ審議のため国会に出てこい?これがお願いする立場の姿勢か?」

7月12日には、でシステム障害が発生し、提携先との間の送金が一時ストップした。 勘違いとか言い間違えで済ませれば良かったと思います 発言は表現も内容も、とんでもない見当違いでしかなく、軍事情報を 当然の扱いをしているだけなのに「政府は隠している」と批判して、 トンデモ理論を展開するという、国会議員の発言としてレベル低すぎです。 脅しじゃないですよ」と恫喝とも取れる発言を行った。 2012年6月22日時点では、代表であることを明言している。 畜産と言う産業の性質上の問題もご考慮ください」(の政府対応が後手に回り、さらにが事態の発生後に外遊していることを指摘されての発言 )。

>