妖怪 ネクロ。 【シャドバ】構築済みデッキ第7弾はどれを買うのがお得か解説!【ネタバレ:ドラゴン】

【シャドバ】妖怪ネクロで25連勝のデッキレシピ!妖怪ネクロのスタンダードな構築はこんな感じ?!デッキコードあり!

早めに切るのもあり! 場合によっては後攻4ターン目に進化をきって盤面づくりを急ぐのもありでしょう。 とにかく難しいので数をこなすことを、おすすめします。 「ソーラ」は、 2コストの動きの確保という狙いがまず1つです。 この子 時たま見るので一応これも。 アマツエルフにはあまり相性のいいカードとはいえないので、2枚積みがいいと思います。 — Lucifer sinsengumi0925. 「」のネクロマンス8、「」のネクロマンス8、「」のネクロマンス16など、 ネクロマンスを大量に消費するデッキです。 攻撃と防御のバランスが整っているのが強みで、新弾実装当初から根強い人気を誇る。

>

シャドバ妖怪ネクロの戦い方|Natsu|note

Xは「このフォロワーの攻撃力の値」である。 vs進化ロイヤルではこう使う! ペインレスサムライに対して、あまり強く動けない点に注意です。 ・コンボデッキなので、手札が枯れた後のデッキトップが弱くなりがち。 火車などがある場合は、百鬼夜行の餌として使うことも可能です。 シヴァだけの場合は疾走5点+バーン4点=9点で、鳴動のギガントスカルだけの場合は疾走6点(+全体3点除去)、 シヴァ+鳴動のギガントスカルなら疾走6点+バーン4点=10点(+全体3点除去)ですね。 高スタッツ置いて狐の餌にされるよりは攻撃力3以下に抑えて狐の体力が2以下でシノブで一網打尽に持っていくのがいいのかなと個人的には思います。 今後もゲームやアニメについて書いていくのでよろしくお願い致します。

>

【シャドバ】妖怪ネクロのデッキリストと立ち回り【UCLローテーション環境/デッキコード付き】

敵を知らずして勝利なし カードゲームにおいて、相手の強力な動きを把握しなければ勝利することは難しい。 — 下克上羽菜 はな シャドバ垢 hanashadow. BO3の相方候補 妖怪ネクロというデッキは、回復もドロソもあるので、かなり安定して勝てるデッキではあると思います その分練度は要りますが ですので相方には出来るだけ二回投げると強いデッキを持っていくのが良いと思っています。 自然ウィッチは常に強い盤面の形成とキャルのケアさえしてれば基本勝てます。 新弾アルティメットコロシアムの新カードを採用した自然妖怪ネクロの試作デッキです。 メタカード等の不採用カード達 アディショナル後で一番の採用候補はやはりプリンセスナイト 以下騎士君 でしょう。 ちなみに女子キャラは下の子たちです。 「」は、 「元の攻撃力1のフォロワー」「元の体力1のフォロワー」を1枚ずつサーチできるので、キーカードの「」や、疾走付与できるフォロワーを入手するのに役立ちます。

>

【シャドバ】妖怪ネクロ構築理論 前編

交戦時:交戦する相手のフォロワーに 3ダメージ。 グール 少し前にかなりTLでおみかけしたカードです。 他には、 「沈黙の詩」と組み合わせる方法もあり、 6PP:百鬼夜行(ギンセツを葬送)+ララ+ギンセツ(0コスト)+沈黙の詩 の動きをすると、ターン終了時にギンセツが破壊されずに盤面に残ります。 先行の場合は4に酒呑童子に進化が切れないので、タイミングを見て進化を切らなきゃいけません。 妖怪ネクロが強すぎて、どうやって勝てば良いのか分からない…と思っているユーザーも多いはず。 「」はラストワードで手札に加えたスケルトンを、「」で葬送したり、ギルトやマミーコックで破壊するために採用しています。 1という低い攻撃力もこのデッキにおいては、アドバンテージになるので、5コストがあまり重く感じません。

>

【シャドバ】妖怪ネクロのカードを1枚ずつ徹底解説!【ローテーション】

これから書くのはあくまで一例です。 採用理由について まず選んだデッキは妖怪ネクロです。 「スカルクレイン」は、2コストの動きとして非常に有効です。 「酒呑童子」は、 進化時効果のリーダー付与能力が強く、ターンごとに1回まで攻撃力or体力が1のフォロワーに疾走をもたせることができます。 妖怪ネクロは、アルティメットコロシアムで追加された「」「」「」「」「」などの 妖怪系の新カードを主軸にしたデッキタイプです。 ネクロは基本的にマナカーブは外したくないので不採用となりました。 リオードは機会鋸がない限りリオードを取るのが困難なので1コスのミヤコからガンガンせめて削られる前に削り切ってください。

>

【シャドバ】妖怪ネクロで26連勝のデッキレシピ!妖怪ネクロで採用したいニュートラルのフォロワーは?!デッキコードあり!

見てもらうとわかる通り、安定して大きな打点を与えられるカードが意外と少ないです。 リオードロイヤルが多かった時期には、「」から7ターン目のファフニールで潜伏リオードを処理できるのが大きく、進化ロイヤル対面でも「アサシン」で潜伏した「」などを取るのに便利だったりします。 極めればウィッチ以外かなり高確率で抜けるとおもうので頑張ってみてください! 少しでも参考になりましたら幸いです。 ガリュウへの返しか、先7で投げないと死にます。 2コストフォロワーの選択肢は非常に幅広いですが、 2コスト2/2で疾走対策となる「」は有力な採用候補の一つです。 場が弱くなりすぎて、形勢逆転されるからです。

>