信濃 毎日 新聞 社。 信濃毎日新聞

信濃毎日新聞社 8月から購読料値上げ 消費増税後は改定なし

官公庁、公共団体の公示事項• 最初は「夕刊信濃毎日新聞」。 関連会社の「夕刊信州社」を設立し夕刊を復活。 信濃毎日新聞社 2021年度採用 採用情報 人と時代をつなぐ 県民の主読紙 勤務地 長野市南県町657番地 業種 サービス 職種 営業職,専門職 採用予定人数 15名程度 求人詳細 募集職種は以下の通りです。 繰り越し制度・失効分の復活制度あり)、慶弔休暇、リフレッシュ休暇(勤続3、5、10、15、20、25、30、35年)、出産支援休暇、子・配偶者の看護休暇など 待遇・福利厚生 長野・松本でスポーツクラブ加入(支社局は利用料補助)、人間ドックなど各種検診実施。 東京FMのTOKYO FMと放送のラジオNIKKEIはハーフサイズで掲載。

>

ジャーナリスト基金賞、信濃毎日新聞編集局に大賞

後日、「に暗殺されたという最期が、評価をむずかしくしている」に訂正された。 須坂支局 - 屋部町1327番地• その他の掲載局については親局の周波数を局名の横に掲載。 なお、信濃毎日新聞は『河野さんへの疑惑報道が真実に反するものであったことを素直に認め、深く陳謝の意を表します。 契約期間中に契約段数の不足が生じた場合は、起算月にさかのぼって出稿実績段数に応じた料金を適用します。 長野製作センター - 長野市四丁目3番3号• 安曇野支局 - 豊科5935番地1• 自分自身で部品をつくって加えてもOKです。

>

ジャーナリスト基金賞、信濃毎日新聞編集局に大賞

ラテ欄 テレビ欄 以下の記述は朝刊掲載分についてであり、長野県内全共通。 6ヶ月の合計出稿段数が1段に満たないもの 例)同窓会の開催通知・標語募集• ラジオ欄 以下の記述は朝刊掲載分についてであり、長野県内全共通。 大町支局 - 大町4624番地1• 東御支局 - 田中178番地17• 出火おわび、近火見舞お礼広告• 内容としては、下伊那郡選出の県議会議員が2007年度の収支報告書に「ヘアブラシの購入代金(504円)を茶菓子代として記載した」「県政報告会での茶菓子代(1,050円)として報告したもののうち、320円分は開催日翌日付の領収書であった」 、さらに2006年度の収支報告書では、「仕出し弁当屋に支出した10,000円を茶菓子代として記載した」 といったものであった。 終戦前後、政府の命令で在京三紙(朝日新聞・毎日新聞・(当時は読売報知))と(当時は中部日本新聞)の長野版分を信濃毎日新聞に肩代わりさせ題号の下に四紙の題号を併載し共同新聞とした。 契約料金は、6ヶ月以内に合計1段以上を出稿する営業広告について適用します。

>

新聞の台紙、配布してます

「この間、紙面の充実を図るとともに、地域の文化芸術やスポーツ活動の支援、地域貢献活動などに努めてきた」としたうえで、「しかし、新聞製作の紙代やインク代、輸送のコストが上昇、戸別配達網を支える配達員不足も深刻になっている」と説明。 お詫び、謹告、訂正など• テレビ東京・中京広域圏5局はハーフサイズ。 4月6日(月)必着 選考プロセス 書類選考のうえ、筆記試験(日程は後日発表します)や面接などを実施 面接場所 長野本社 エントリーURL. 伊那支社 - 中央4628番地の3• 【新聞の台紙】 できた記事をはりこんで、新聞にしましょう。 ラジオ面(中面) AM (SBC) AM AM FM FM FM AM AM AM FM AM AM 短波• 詳細は「」および「」を参照信濃毎日新聞は1995年6月2日、「河野さん、事件と無関係」という見出しの記事を掲載した上で、二段囲みの「おわび」を掲載した。 1995年10月15日、特集「松本サリン報道検証」の『検証5河野さんに社名で「おわび」』において、おわび記事掲載を受けて原告側から「信毎の措置を評価し、訴えを取り下げたいという意向が伝えられた」と報道した。 疑惑報道そのものは、捜査状況を客観的に報じたものであり、法令違反に相当する故意や過失はなかったと判断しています。 上田支社 - 常磐城五丁目3番28号• - 内藤一水社• 社告によると、購読料の税抜き価格は1994年2月に改めて以来25年間、据え置いてきた。

>

ジャーナリスト基金賞、信濃毎日新聞編集局に大賞

長野県内の各ラジオ局(信越放送・NHKラジオ第1・NHKラジオ第2・FM長野・NHK-FM)はフルサイズで、長野県内各放送局の周波数は朝刊に関しては番組表上段にまとめて掲載。 茅野支局 - 仲町17番14号• また同時に「公文書毀棄容疑」などで告訴されていた当時の下水道課長ら2人も、「嫌疑不十分」で不起訴処分とした。 「信濃毎日新聞」((昭和27年)〜、日刊) 信濃毎日新聞株式会社 信濃毎日新聞株式会社 The Shinano Mainichi Shimbun 市場情報 非上場 略称 信毎 本社所在地 〒380-8546 657 設立 事業内容 新聞業 代表者 代表取締役社長 小坂壮太郎 資本金 2億円 従業員数 468人(2019年4月現在) 外部リンク 通称として「社」を付け「信濃毎日新聞社」と呼称される場合もあるが 、登記上の商号は新聞名と同じ 信濃毎日新聞株式会社である。 飯山支局 - 福寿町1114番地10• 現在の所在地はを参照。 新聞の台紙、配布してます 信毎では、学校のかべ新聞や自由研究向けの各種台紙を用意しました。 岡谷支局 - 赤羽二丁目2番13号• 2015年に掲載した連載記事「現代につむぐ神話」において、執筆者であるはについて「で殺された」と記載し、そのことが評価を難しくしているとした。

>

新聞の台紙、配布してます

読者の皆さまにご負担をおかけすることは誠に心苦しい限りだが、なにとぞご理解を」と求めた。 県内の局(・・・・)の番組表も地域面に掲載。 年次有給休暇(最高30日。 6ヶ月間合計段数 1段あたりの料金(円) 1段以上 263,000 5段以上 251,000 7段以上 243,000 10段以上 234,000 15段以上 226,000 20段以上 220,000 30段以上 214,000 40段以上 208,000 50段以上 201,000 60段以上 195,000 90段以上 187,000 180段以上 175,000 6ヶ月間の合計段数により、1段あたりの料金が決まります。 「新聞社、新聞販売店ともに経営合理化や経費削減の努力を重ねてきたが、購読料の改定をお願いせざるを得ないと判断した。 現在の事業所 2018年時点。

>

ジャーナリスト基金賞、信濃毎日新聞編集局に大賞

<記事下契約料金の適用>• 松本本社 - 中央二丁目20番2号• 2019年9月16日閲覧。 他に時間外手当、深夜勤務手当、宿直手当など 採用実績校 早稲田大、信州大、慶応大、明治大、筑波大、中央大、東北大、立教大、千葉大、法政大、上智大など 勤務時間・日数 1日実働7時間。 信濃毎日新聞. 「信濃毎日新聞」((明治14年)〜(昭和20年)・1945年〜(昭和21年)、日刊)• ただし、配属先により始・終業時刻が異なり、時間外労働もあります 休日・休暇 1週1日、ほかに新聞休刊日、国民の祝日、特別休暇を加え月7~10日(年間の所定休106日)。 登記公告• 詳細は「」を参照 2007年9月3日、は百条委員会によって告発された康夫の「公文書毀棄幇助容疑」に対し、「嫌疑なし」で処分とした。 飯田支社 - 本町三丁目26番地• メインテレビ面(最終面) 第2テレビ面(中面) 地上 (長野放送局) 地上 (長野放送局) 地上 (TSB) 地上 (abn) 地上 (SBC) 地上 (NBS) 地上 衛星 (BS1) 衛星 衛星 衛星 衛星 衛星 衛星 衛星 (プライム) 地上 地上 地上 地上 地上 衛星 (ライブ、シネマ) 衛星 1 衛星 衛星 衛星 衛星 衛星 衛星 衛星 衛星 衛星• 奨励賞は西日本新聞社取材班の「戦後75年企画『言葉を刻む』『あの日、何を報じたか』」など7点。

>

広告料金

千曲支局 - 粟佐1305番地4• 東京キー局や中京広域圏の局は県内ので視聴可能。 たくさんためてアルバムや日記のようにしてもよいですし、専用の台紙にはれば新聞にもなります。 ・記者 ・営業・総務(広告、販売、事業、総務) ・技術・印刷 給与詳細 本給、厚生手当、住宅手当、通勤手当、家族手当、地域手当、単身赴任手当。 東京支社 - 四丁目7番1号• 「官許長野毎週新聞」((明治7年)〜(明治9年)、週刊・毎週日曜日刊行)• 「長野新報」((明治6年)〜同年、隔月刊)• 「信濃毎日新聞」・「」(〜(昭和24年)、日刊)• 一部地域ではアンテナ受信でも視聴可能。 基本的に県内地上波局6局はフルサイズで掲載。

>