絶句 意味。 絶句 杜甫 漢詩の朗読

絶句とは

他にも日本の漢字を音読みにして、フ・ク・ツ・チ・キで終わる漢字は入声です。 さらに後世、詩聖と称える。 ・看:みすみす。 またこの4文字1句の中身は2文字+2文字の形になっており、22・22…とリズムが流れていきます。 隣り合った句を対にして表現するのですが、2つの句を1組にして「1聯(いちれん)」と呼び、最初の聯を「首聯(しゅれん)」、最後の聯を「尾聯(びれん)」と言って、この二つの聯は対句にする必要はありません。

>

「絶句」とは?意味や使い方を解説

今年の春もみるみるまた過ぎてしまう。 杜甫が成都に避難していたときの作ならば、成都を貫流して長江へ注ぎ込む多数の支流の一になる。 まずは比較的わかりやすい「韻」から説明しましょう。 くらいかな。 この場合、 「間」「還」「山」が、カン、カン、サンということで 脚韻を踏んでいるわけです。

>

絶句 杜甫 漢詩の朗読

ひょうそく で厳格に守らねばならないのは偶数番目の文字で,そのほか「下三手」 1句の下3字がすべて平声 ,「」 平声1字が孤立し,上下に仄声の文字がくる が比較的強い禁忌であるなど,すべて近体詩の規則と同じであるが,は必須の条件ではない。 実に優雅ですね。 またこの3の中身は1+2または2+1になります。 ヒクソン戦の控室から会場までの映像を見た髙田延彦が 絶句 株式会社ヘッドライン - www. またしても故郷に戻れないのです。 com• 五言では承および結、七言では起、承および結の句でする。

>

絶句 意味

字は子美。 その竹林の中で、一人シミジミと琴を弾いていという詩です。 明月照らす時、常に皎潔(こうけつ)、 尋討するを労せず、西東に問う。 ここでどのように挽回するかが大切なんだよね」 自分のミスに気づいたとき、その水の大きさによってはどうしたら良いのかわからない、絶句してしまう、という人もいるのではないでしょうか。 絶句には律詩ほどやかましい規則が無いので、 勢いにまかせて作詩するのに向いています。

>

【絶句する】の例文集・使い方辞典

詩吟でもよく吟じられる演目ですね。 のしさに言うべきがさせないさま• 絶句は一字一字が吟味され、一句一句が緊密に構成される。 「A是B」で「AはBである」。 大阪都構想の亡霊。 原田宗典『旅の短篇集 秋冬』 より引用• つまり慌て者。 るなどして言うさま• 近体詩のきまりには、五(七)言絶句・五(七)言律詩・五言排律・平仄(ひょうそく)・押韻(おういん)などがあります。 「 絶句」は詩の形式のことであり、特に題はありません。

>

「絶句する」の類義語や言い換え

そして五言、七言ともに盛唐に至って最高潮に達したが、とりわけ七言絶句はもっとも普遍的な体として盛行した。 南方・楚の武人項羽が敗北をさとって歌う『垓下(がいか)の歌』です。 良い意味での絶句 あまりの事にあっけにとられ、返す言葉が無かった事を教えてください。 人生似行客,兩足無停歩。 四十分あまり、変化をもって話しつづけて来た伸子は、そこで絶句した。 にりりするさま• 」は対になっており、「江碧鳥逾白」の一句も「江碧」と「鳥(逾)白」とは句中の対となっている。

>

寒山の詩 千年石上古人蹤・・の七言絶句の意味

絶句する• たとえば。 ・鳥:ここでは、白い羽の水鳥のことになる。 中国のある学者に言わせると日本語は古代中国語の冷凍庫なんだそうです。 入声 にゅうせい:つまる音。 その場合は皇帝関係。

>

【絶句する】の例文集・使い方辞典

広徳2年(764年)、杜甫53歳の作。 後世、中唐・白居易の『送春』「三月三十日,春歸日復暮。 例えば 「感情が高ぶってしまって絶句してしまった」という表現があります。 また、例えば、「これって本歌取ってない?」等というような付随して読み取れる事があればお教え下さい。 黄鳥漸無聲,朱櫻新結實。

>