Apex パッチ ノート。 [APEX] パッチノート要約 「強化を期待させながら 強化になってないパスファインダー」2020/10/06

アセンションパッチノート

インベントリで弾薬にピンを付けて、部隊へのリクエストを増やせるように• レイスが倒された時にポータルが消える問題の修正• New:ウィングマン、センチネル、ハボック、G7、オルタネーター ヘムロック• また、フェーズランナーと呼ばれるオリンパスの中心部を走るフェーズエネルギーのトンネルを使えば、数秒でマップを横断できます。 お好みのクラブが見つからない場合は、自分でクラブを作ってフレンドを招待することもできます! ea. 発射速度が1. また、プレイヤーに直撃することでフルダメージを与えることができるので、驚異的なショットも期待できます。 ・チャージ状態のセンチネルの基本ダメージ数は70から88に増加しました。 レジェンドの有効戦術 バンガロール• フェニックスキット使用時のセリフ音声を追加• フェニックスキット仕様時のセリフ音声を追加• 使いやすくなるみたいです。 各進化アーマーの 進化に必要なダメージ数が変更 詳細は下記記事をご覧ください。

>

『APEX シーズン7』開始!変更点などまとめ「パッチノート解説」

マッチメイキングの変更を追加しました。 圧倒的なキャラコンでその場を制しますから、あまりいじらなくても良いのかなと思います。 クラブ Steam Originからきている場合には進行状況やロック解除が引き継がれる模様。 クリプト ドローンがクリプトのインベントリからアイテムをドロップできるようになっていたバグを修正。 農業用の塔や美しい庭園、高級レストランなどが、熾烈な戦いの舞台となったのです。 45秒のままです。 今回の変更は、6. 25秒になりました。

>

Apex シーズン7 パッチノート(Apex アプデシーズン 7)

新登場:トライデント オリンパス限定のトライデントは、部隊の全員が乗れるようデザインされたホバリングマシンです。 グラップリングの最大クールダウンが、35秒から30秒に短縮されました。 ・ インベントリ内の弾薬にpingを指したとき、部隊に弾薬リクエストができるようになりました。 ドローンがクリプトのインベントリからアイテムをドロップできるようになっていた不具合を修正• 特に漁夫の対策などを考えると、弾は後から取れるので、漁り時間も短縮できて、立ち回りを楽にしてくれます。 ・ ステージ後半でこのパターンの反動が増加します。 ・L-スターはオーバーヒート されていない場合、熱をより速く低減するようになりました。 プサマテ上空、雲の中に浮かぶユートピア。

>

Apex Legendsシーズン7

レジェンド バンガロール ・ローリングサンダー 爆発にかかる時間を8秒から6秒に短縮。 ・プレイヤーが戦闘できない場所を減らすようにリング サークル に変更を加え ました。 シールドに対するボーナスダメージではなく、純粋なダメージ増加が発生するように• 54となっています。 音楽とロードスクリーンで ランダムお気に入りを選択できるようになりました。 ミラージュ• センチネル ・チャージ状態のセンチネルがシールドを着ている相手へのボーナスダメージ判定ではなく、純粋にダメージ数が増加するようになりました。 L-スター L-スターには新たな反動パターンを加えました。 ヘムロック ・バースト射撃での垂直反動が減少 ・2番目と3番目の射撃パターンの反動をわずかに減らすため、バースト射撃の最初の1発目の反動 キック が少なくなった。

>

Apex Legends シーズン7 スタート パッチノート アプデまとめ|📖HYS(ひす)🎮ゲームnote|note

和訳がダイレクトすぎて笑えますが、一般兵からキャプテン昇格みたいな人事もクラブによってはあるんでしょうね。 新マップ「オリンパス」の追加 これまでのキングスキャニオンや、ワールドエッジズと違って結構近代的なマップが登場しました。 クラブ内チャットができたり、マッチの結果などがタイムラインに載ってくるなど、社内掲示板的な使い方が可能になるかもしれません。 ワットソンの調整 インターセプターパイロンのトロフィーシステム機能でコースティックのNoxガストラップを撃ち落とせるようになった R-99が「金武器」になるなど、武器のバランス調整 装備関連の変更はアーマーの仕様変更が一番大きいだろう。 パスファインダーの離陸の地点から着地の地点までで計測。 オクタン• パッシブ:スペースウォーク ホライゾン独自の宇宙服で空中制御を向上させて、落下の衝撃を抑制する。

>

【Apex Legends】シーズン7開幕時に適用されるアップデートのパッチノートを紹介!【エーペックス レジェンズ】

クールダウンの最大値を35秒から30秒に変更、新たなクールダウンが設定されるまでは5秒としこれは35秒以上のクールダウンは発生することがないことを意味する• クリプトの調整 スパイドローンからリスポーンビーコンと調査ビーコンを起動できるようになった ドローンEMPはシールドがない状態のチームメイトもスロウするようになる(レヴナントのデストーテムを使ったプレイヤーもスロウするという意味) スパイドローンのHPが30から60に増加し、ヒットボックス(当たり判定)が大きくなる• ・オート射撃 モードでの水平方向の反動が増加。 45秒 センチネル• オクタン• ミシック ・アークスターを近くに投げられた時に「グレネード」のアイコンが表示されるのではなく「アークスター」のアイコンが表示されるようになりました。 確かに長かったですが。 PC版とCS版のクロスプレイが実装されて間もないApex Legends エーペックスレジェン. ただ、セルを使ってセンチネルを持つかということろですよね。 ゲーム内ストアで最新レジェンダリースキンなどのアイテムがセール販売されます。 ポッドを開けるとビームが消える点は変更なし。

>

アセンションパッチノート

2つのアタッチメントが復活 以前のパッチで削除されていた拡張エネルギーマガジンとターボチャージャーが復活• マッチ内では、プレイヤーはマップを開き、ゲーム内でこの同じウィジェットを見ることができます。 トライデントから降りて好きな場所に駐車したら、ゲーム終盤で急場を凌ぐカバーとして使用できます。 ローバ ・ウルトのクールダウンを3分から90秒に減少。 ・チャージ状態のベースダメージが70から88に増加します。 レヴナント ・狭いスペースでデストーテムを使用するとレヴナントが埋め込まれてしまうバグを修正しました。 トライデントは耐久性に優れているので爆発することはありませんが、敵の砲火によるダメージは車内のプレイヤーに分散されてしまいます。 ・ 単発モードの反動倍率を減らすことで、このパターンによって増加した反動とのバランスを取ります。

>