トライ ブリ ゲート。 【遊戯王ADS】連合テーマでタッグ!剣闘獣トライブリゲード【ゆっくり解説】 │ 遊戯王動画まとめ

【シムルグ】トライブリゲード入り無限妨害神鳥【デッキレシピ】2020/10制限

【デッキレシピ】 剣闘獣ウェスパシアス2 剣闘獣ノクシウス1 剣闘獣ベストロウリィ1 剣闘獣エクイテ1 剣闘獣ダリウス1 鉄獣戦線フラクトール3 鉄獣戦線ケラス3 鉄獣戦線ナーベル3 烈風の結界像1 灰流うらら3 増殖するG 2 エフェクト・ヴェーラー1 再起する剣闘獣2 鉄獣の戦線3 炎舞-「天キ」3 冥王結界波3 墓穴の指名者3 ライトニング・ストーム2 ハーピィの羽根箒1 剣闘獣の戦車1 計40 【EX】 剣闘獣ガイザレス1 剣闘獣総監エーディトル2 剣闘獣ヘラクレイノス1 剣闘獣ドミティアノス2 転生炎獣アルミラージ1 クロシープ1 戦華盟将-双龍1 スレイブパンサー1 剣闘獣ドラガシス2 王神鳥シムルグ1 鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ1 双穹の騎士アストラム1 【デッキ解説】 後攻でも戦えるように 《冥王結界波》《ライトニング・ストーム》を採用しています。 「烏合の行進」のデメリットにより同じターン中の他の魔法・罠カードの発動は封じられるため、他に発動したい魔法・罠カードがある際にはどちらを優先するか選ばなくてはなりません。 1 :自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 デッキから「鉄獣戦線 キット」以外の「トライブリゲード」カード1枚を墓地へ送る。 2 :このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 これが縁結び。

>

鉄獣の戦線(トライブリゲードライン)カード情報・評価・価格(最安値)

(《剣闘獣ドラガシス》と鉄獣戦線モンスターで《スレイブパンサー》をリンク召喚) 活用できるデッキ:【剣闘獣】 《剣闘獣ドラガシス》の効果はリンク召喚を条件としないため効果をフル活用できます。 (場の鉄獣戦線モンスターとリンク2~3モンスターでリンク2~4モンスターをリンク召喚) 初動を担う《鉄獣戦線フラクトール》については、獣戦士族中心のデッキなら自然と入る《炎舞-天キ》で、獣族or鳥獣族中心のデッキなら《鉄獣の戦線》 で簡単にサーチできるのもあり多くのデッキへの出張採用の可能性を秘めています。 多少無理な構築をしても楽しく遊べるのは見逃せないポイントですね。 《魁炎星王-ソウコ》あたりを立てるだけでもシンプルで強い動きとなります。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果はターン終了時まで無効化される。

>

十二獣鉄獣戦線(じゅうにししトライブリゲード) デッキレシピ・紹介 │ B.M.トレカカルテ ブログ

【戦華】も獣戦士族テーマのため、フラクトールのサーチ手段である《炎舞-天キ》が自然と入るのがいいですね。 一方で魔法・罠カードのセット自体は封じられないため、相手ターン中に発動したい速攻魔法カードや罠カードをセットする分には何の問題も無い点は覚えておくと良いでしょう。 《鉄獣戦線 ナーベル》を手札から捨て、《鉄獣戦線 ケラス》を特殊召喚し、《鉄獣戦線 ナーベル》の墓地に送られた場合の効果を使用し、「トライブリゲード」のモンスターをデッキから手札に加えます。 1 :相手メインフェイズに発動できる。 自身が墓地に送られた場合のサーチ効果も汎用性が高く、トライブリゲードの切り札といえるのではないでしょうか。 「ドラグマ」に所属している 「教導の聖女エクレシア」を保護していることや 「アルバスの落胤」への態度から察するに、「ドラグマ」からは邪教徒とされている彼ら「トライブリゲード」は 悪い人たちでは無いのかもしれません。

>

【トライブリゲード】でできる出張展開・相性のいいテーマまとめ/20201017更新

1 :自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、 獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ選んで効果を無効にして特殊召喚し、 そのモンスターのみを素材として「トライブリゲード」リンクモンスター1体をリンク召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに持ち主の手札に戻る。 次に手札に加えた「トライブリゲート」モンスターを通常召喚し、《鉄獣戦線 ケラス》と「トライブリゲード」モンスターでリンク召喚し、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》を特殊召喚します。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 。

>

キットが結ぶメルフィーとトライブリゲードの愛の共同戦線|因幡うさぎ|note

このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 加えて現状判明しているカードに「トライブリゲード」魔法・罠カードを参照する効果を持つカードは無いため、 サーチ等をしたい場合は魔法・罠カードの種類を参照する汎用的なサポートカードと組み合わせる必要があるでしょう。 《おろかな埋葬》1• 最後に《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》の効果を使用し、《真紅眼融合》をデッキから墓地に送り、《ブラック・マジシャン》と《真紅眼の黒竜》をデッキ、手札から墓地に送り、《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を特殊召喚します。 このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。 1枚からではさすがにリンク召喚できないので、特殊召喚しやすい《未界域のジャッカロープ》や《獣王アルファ》などの汎用性の高いモンスターも合わせて採用しておきたいところ。 以下は現時点で採用していないカードとその評価になります。

>

【トライブリゲード】《魔獣の懐柔》《レスキューキャット》対応の墓地効果持ち《鉄獣戦線 キット》考察

このページでは、「トライブリゲード」のカード効果、デッキレシピを紹介し、デッキの動かし方・回し方や、 相性の良いカードをまとめて解説しました。 1 :フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 EXデッキの枠が足りなければ0~1枚でOKです。 また、墓地から除外するモンスターは鳥獣族を優先するべきです。 2 :自分の「剣闘獣」モンスターが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にそのモンスター1体を持ち主のデッキ・EXデッキに戻して発動できる。 いろいろ試しましたが、やはり初動として必要な場面が多かったです。

>

鉄獣の戦線(トライブリゲードライン)カード情報・評価・価格(最安値)

2 :このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 《神鳥の来冠》 シムルグのサーチ手段。 それと《鉄獣の戦線》を採用していれば【戦華】モンスターや手札誘発などのモンスターを種族が違う「トライブリゲード」モンスターに変換ができ墓地除外でリンクモンスター特殊召喚効果を狙いやすくなります。 デッキから「鉄獣戦線 ナーベル」以外の「トライブリゲード」モンスター1体を手札に加える。 《レスキューキャット》2• ]の効果はあくまで特殊召喚でありリンク召喚ではありません。 鉄獣戦線は高リンクモンスターをポンポン出せる為、《ヴァレルロード・S・ドラゴン》の効果を最大限に活かせます。

>

鉄獣戦線 (トライブリゲード)ケラスの評価|値段・効果・使い方や裁定・採用デッキを解説

デッキから通常罠1枚を除外し、その同名カードをデッキから発動できる状態でセットできるカード 「トライブリゲード」の罠2種を使い分けることで《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》を安定して展開できるようにできます。 今回は《王神鳥シムルグ》が属する【シムルグ】に【トライブリゲード】の要素を組みこみ無限妨害盤面を目指します。 攻撃力が低いのでほぼ使い切りではありますが、自身を対象にバウンス効果を使えばOK。 この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。 このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。 リンク召喚をせずに条件を満たしたリンクモンスターを特殊召喚できる効果であり、 墓地に獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが溜まっているほど高リンクモンスターの特殊召喚も視野に入ります。

>