新聞 購読 者 数。 全国紙でも進む「リストラ・支局統廃合」新聞記者の苦悩と見えぬ未来(松岡 久蔵)

最近、紙の新聞を読んでますか? 新聞は今、誰がどう読んでいるのか データに見る新聞の購読者層の姿とは

して記事の信頼性向上にご協力ください。 日本の新聞発行部数の減少率が2008年以降大きくなったのと、スマートフォーンの普及はもちろん関連性がある。 さしあたり、新聞史関係で言えば、書店でも手に入れることが出来る書籍としては、春原昭彦著『日本新聞通史』(新泉社)が、分かりやすくて良いです(参照)。 最新値となる2019年は一般紙においては記録のある中では最大の下げ率を示してしまっている。 食べログ• 読売新聞 - 歌壇(選者は、、、)、俳壇(選者は、、、)• 『』の場合、2012年11月までは(2010年2月までは「株式会社デイリースポーツ社<初代>」)、株式会社中四国デイリースポーツ社(現・「株式会社デイリースポーツ<2代目>」の2社が、同じ紙名の新聞をそれぞれ発行していた。 昔ならば、どんなに朝日新聞編集部が偏向報道を繰り返しても、その論調を盲信してくれた読者層が多かったはずです。

>

「新聞崩壊」はたった一年でこんなに進んでしまった(磯山 友幸)

かつては格下だった日経に東京、神奈川、愛知の三つの大都市圏で3位の座を奪われ、新潟、静岡、広島、鹿児島といった有力県でも「4位日経、5位毎日」と逆転されている。 不調ぶりがここ数年の傾向ではなく、記録の限りでは前世紀末期からであることが分かる。 産経新聞はやや気になる動きが目に留まる。 。 新聞が閲覧できる図書館など [ ]• 大阪本社 読者センター 0120-4343-81• これらの額絵は希望者全員がもらえますので、非常にお得です。

>

新聞の購読者数の減少理由を考え直してみる

前述のように東京、神奈川、愛知で3位に躍進し、富山、石川、福井でも1万部を超える部数を保つ。 その資格に大きな疑問符が付くのは毎日だ。 逆に4位以下に低迷している県は、中日の金城湯池である岐阜、愛知、三重、地元紙・徳島新聞の寡占状態にある徳島、沖縄タイムスと琉球新報の牙城・沖縄の5県だけ。 5%を占めます。 「販売店で過剰になっている新聞のなかには、販売店が自主的に仕入れたものもあります。 を使用したフィルムプリンタの登場により、新聞紙面大のフィルムに文字を焼き付け、現像。 また、新聞の印刷は前半ごろまでは を使い、手作業で紙面を製作していったが、1980年代後半以後からは、という方式を採用し、紙面作成のイメージをで組み立てるようになり、紙面作成・印刷までの時間の大幅な時間短縮にもつながった。

>

【更新】新聞の販売部数などの推移をグラフ化してみる(2019年前期まで)(最新)

2020年1月26日閲覧。 『日本新聞年鑑 2017』、120、225、230、233、237、249、254、263、265頁。 一般紙 [ ] 一般紙には、国内全域で販売される 、複数の都道府県を対象にした 、一つの県単位で発行される地域密着の がある。 一方で毎日新聞の2017年後期以降の加速のついた下落ぶりは、月ぎめ購読料が変更されていない以上、値上げによるものではなく、何か別の理由があるものと考えられる。 漢字文化資料館()• 震災当時、大阪朝日新聞では東京から電話で原稿を読み上げてもらって記事製作中であったが、電話回線途絶によりそれが不可能となった。 対毎日で18都県で部数が上回っているだけでなく、対朝日でも富山、石川、沖縄の3県で、対読売でも愛知、沖縄2県で凌駕している。

>

全国紙でも進む「リストラ・支局統廃合」新聞記者の苦悩と見えぬ未来(松岡 久蔵)

しかも、読売は人口が多い関東と関西で1位を占め、部数を荒稼ぎしている。 日本経済新聞 -• 近年の、による記者クラブ改革は、このような閉鎖的状況に一石を投じた。 「日経電子版」は紙媒体の約3倍もの豊富な記事数 日経電子版の大きな特徴は、毎日約900本と、 紙媒体の約3倍もの記事が読める点です。 元記事では「 読み手が欲する情報を新聞側が伝えていないという指摘もある」として、新聞社側の報道姿勢をチクリと皮肉る記述も添えられている。 日本新聞協会. 2014年における読売新聞の下落ぶりや、2013年後期の日経新聞の下げ方、そして2016年前期の毎日新聞の急降下ぶりなど、先の産経新聞の大きな下落同様に何らかの事案が影響したと考えられる大きな下落の動きも見られる。 県知事も財界も否が応でも徳島新聞を重視せざるを得ない。

>

1年間で210万部減、1世帯あたり部数は0.66部まで減少…新聞の発行部数動向(最新)

しかし、安倍首相がブロック・地方紙にここまで意を用いる狙いは何か。 2016年6月15日現在• 新聞社株式の譲渡制限 [ ] 非公開会社の株式譲渡制限は一般的であるが、新聞社に関しては (法律第282号)という特別法が制定されており、株式の譲受人を当該新聞社の事業関係者に限定し、既存の株主が事業関係者でなくなったときは他の事業関係者に譲渡しなければならない義務を課すことが認められている。 将棋 [ ]• 500円のため、比較的手頃な値段で手に入れることが出来ます。 読売新聞の投書欄は「気流」で、その中には長年にわたって世相を投稿者からの川柳で紹介する「よみうり時事川柳」が掲載されている。 産経新聞社編が扶桑社文庫で刊行した『新聞記者 司馬遼太郎』は、「旧来の新聞が軍国主義に大きく加担していたことから勢力を削ぐため、GHQは貴重である紙を旧来の社に少なく新興の社に多く配給して新たな媒体の育成を図り、新たな新聞を次々に誕生させた。 明治7年11月2日の創刊以降の新聞がほとんどすべて対象ですので、好きな日付を4日分選んでください。

>

最近、紙の新聞を読んでますか? 新聞は今、誰がどう読んでいるのか データに見る新聞の購読者層の姿とは

朝日新聞が最近2年間で急激な読者離反を招いているようです。 一般的な記事構成 [ ] (経済中心型の日経新聞以外の多くの全国紙・地方・ブロック紙の朝刊を例に挙げる )• 全国紙の看板に偽りはない。 もうひとつ、言葉が大きかった。 この1年の減少部数は 14. 発行は週1〜2回から、月1〜2回刊の場合が多い。 やや戻す機会があるも底深い低迷感は否めず。 プレミアム:3,456円 産経新聞• 34頁 全面広告• に民選議院設立建白書の提出などを契機としてが盛んになると、それまでのより民権派の勢力が強くなり、政府に批判的な論調が目立つようになった。 中日系4紙全体合計にすると4位相当の数値となる。

>

全国紙でも進む「リストラ・支局統廃合」新聞記者の苦悩と見えぬ未来(松岡 久蔵)

ただ、高齢の年金を受給している世帯における購読や、新聞購読におけるチラシなどの副次的なメリットなども考慮する必要があるでしょう。 1・2ヶ月の場合、これらの特典は受けられませんので注意してください。 ので治安が悪化し地方の交通手段が悪化したことから、都市圏以外の地方都市へ向けた新聞の輸送が困難になり、全国紙(中央紙)の輸送を東京・大阪・福岡の3大都市とその周辺府県のみに制限し、残りを地方紙と合同題字とする「」 とした。 また、世帯年収500万円未満の世帯も全体で33. ここまで述べてきた内容から、各紙について、どのような人に向いているかをご紹介します。 だからこそ、新聞経営者もネット優先にシフトすることへの抵抗感がなかった」 電子化によって、それまでの紙時代よりも読者数を増やすことができた、というのだ。 世論工作を最大の生業とする特定勢力とのしがらみで、アフォな社説を垂れ流して、読者離れを起こしジリ貧経営を続ける朝日新聞が、毎日新聞と肩を並べるのも意外と早く来るかもしれません。

>