ダノン ハーロック。 【メイクデビュー小倉6Rレース後コメント】ダノンハーロック北村友一騎手ら

【2歳次走】ダノンハーロックはもちの木賞― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

体にもところどころ、黒い部分があり、体を洗っている時は模様が際立つ。 このLuminousについて説明します。 今年の2歳戦線はシラユキヒメ一族が盛り上げることになりそうだ。 昇級しても通用しそうだ。 (サンケイスポーツ:2020-11-01)• 九州産限定のレースだったが、勝ち時計も同週の2歳戦3鞍中で最速と評価できる。 見た目も走りも、初戦から注目の1頭だ。

>

JRA重賞ジャック「大躍進」シラユキヒメ一族! ソダシ、メイケイエール以外に忘れてはならない2歳の個性派に注目

初戦としては内容が良かったです。 もっと素軽さが出てくれば」と上積みを望むコメントを残した。 5日に行われた札幌2歳S(G3)は2番人気ソダシが優勝した。 「ファンからも人気高い白毛馬を次々に輩出しているシラユキヒメ一族。 それだけ期待が高いということだろう。

>

白毛ダノンハーロック「馬格ある血統」/もちの木賞 (日刊スポーツ)

その初戦と同様に外を回したが、良い瞬発力を見せて楽々と突き抜けた。 向こう正面で1頭捲ってくる馬がいたが、それに動じることなく2番手でレースを進める。 ついでに、産駒のメイケイエールも、9月 6日の小倉2歳ステークス・GIII(小倉・芝1200m)を制しています。 シラユキヒメの孫にあたる馬も次々にデビューしており、昨年はハヤヤッコがレパードS(G3)を勝ち、重賞ウィナーとなりました。 こちらは残念ながら白毛ではなく、ウォッチの対象ではありませんが、ひそかに注目したいと思います。 近親にアドマイヤムーンやヒシアマゾンがいるKatiesの一族。 500キロを超す大型馬でまだ緩さもあり、今後に期待。

>

白毛ダノンハーロック「馬格ある血統」/もちの木賞|極ウマ・プレミアム

父エピファネイアに母父ディープインパクトという組み合わせ。 自由なローテーションが選択できる立場になりましたので、来年のクラシックに向けて順調に力を付けていってほしいです。 (スポーツニッポン:2020-09-05)• だが1週前前追い切りでは見事逆転に成功。 (中日スポーツ:2020-08-22)• この競馬なら上のクラスでも。 林助手は「やるごとに反応は良くなっています」と評価。 通算成績は1戦1勝。 ミッキーアイル産駒として初の重賞制覇になった。

>

白毛ダノンハーロック「馬格ある血統」/もちの木賞 (日刊スポーツ)

モーリス産駒で、近親にはベッラレイア(フローラS)。 「大跳びでドタドタと走るところはありますが、やるごとに良くなってきました。 鹿毛のウェイブウインドの仔であるシラユキヒメは、父が青鹿毛のサンデーサイレンスということで、突然変異で生まれた白毛馬だ。 「シラユキヒメ自身は活躍できませんでしたが、仔の活躍は年々勢いが増しています。 血統・馬体的には距離延長で。 。

>

白毛ダノンハーロック「馬格ある血統」/もちの木賞 (日刊スポーツ)

珍しい毛色で注目を集めたが、現役時代は1勝も挙げることなく引退した。 【辻敦子】• 味のある勝ち方で、馬体やフットワークにはまだまだ伸びしろを感じさせるルーラーシップ産駒。 540キロ以上あった馬体は520キロ台まで絞れた。 その見た目から、『宇宙海賊キャプテンハーロック』が名前の由来ではないかと言われている。 2019年のセレクトセール1歳で、ダノックスが7128万円の高値で落札している。

>

JRA新たな白馬は“宇宙海賊”!? シラユキヒメ一族が送り出す新鋭に熱視線!!

(デイリースポーツ:2020-09-06) (2020-09-06) 8月22日のメイクデビュー小倉(小倉・ダート1700m)で、がデビュー戦を圧勝しました。 距離短縮と控える形で脚が溜まったようで、最後までシッカリとした末脚で快勝。 勝ち時計は平凡だがポテンシャルは高い。 (スポーツニッポン:2020-09-06)• 4角は大外を膨らみ気味に進出したが、直線はシッカリと伸びてきて差し切ってみせた。 com:2020-03-22) 2019年 9月からニュージーランドに遠征している小崎綾也騎手の勝利を伝える記事ですが、という白毛馬に騎乗していたとのことです。

>