法務局 法定 相続 情報 一覧 図。 相続関係説明図とは?書き方と使う場面、法定相続情報一覧図との違い

法定相続情報一覧図の写しを相続税の申告書に添付するときの注意点

取得費用を節約するために、ひとつの手続きが終わって、原本の還付を受けてから次の手続きを行う方法もありますが、それではすべての手続きが終わるまでに大変な期間が必要になります。 法務局での申請手続 代理人として司法書士が必要なすべての手続を行います。 登記官の認証文言が入ってるのが、特徴です。 法務局に頼めば作成してもらえるわけではないので誤解のないようにしましょう。 金融機関によっては、相続手続きが完了するまで原本を返却してくれない場合があり、その場合は戸籍謄本等が返却されるまで他の金融機関の相続手続きをすることができなくなり時間を無駄に要してしまいます。

>

法定相続情報一覧図の申請方法/申出人・必要書類・申請先・費用

書式はエクセル形式のみで、ワード形式はありません。 フォーマット( )• ただ、登記完了にかかる日数ほどはかからない、とのことです。 フォーマット( )• 無料の作成ソフトの利用等も良いですが、自力で作るのは少し心配…という方は、 ぜひ弁護士に相談して作成してもらいましょう。 この交付された一覧図の写しが実際の相続手続きにおいて戸籍の代わりとして利用できるわけです。 住民票の写しは原本還付されないため、原本が必要な場合はコピーを提出します。

>

【法定相続情報一覧図】サンプルあり。初心者向け解説|ファイル行政書士事務所

<法定相続情報一覧図取得にかかる必要書類>• 両親が存命の場合には、上の例のように記載しましょう。 取締役等が死亡した場合に行う退任登記の添付書面としても、一応利用できることになっています。 相続関係説明図は記載すべき事項が比較的あいまいですが、法定相続情報一覧図は比較的しっかりと決められています。 法定相続情報証明制度のみ依頼する場合は、一概にはいえないものの、行政書士が比較的安価で受けてくれるのでお勧めです。 法定相続情報証明制度の申出だけでなく、相続登記等を併せて依頼すると、セット割引があることもあるようです。 登記所への申出 申出を行う登記所は、 次のうちのいずれかの登記所を選択することができます。 再交付手数料は、 無料です。

>

法定相続情報証明制度の具体的な手続について:法務局

同業者の方はご注意を。 平成29年5月29日から、全国の法務局において "法定相続情報証明制度"が始まりました。 「作成日より〇〇以内のもの」「記載の申出日から〇〇以内のもの」などの条件のことです。 尚、法定相続情報一覧図の発行手数料自体は無料ですので、多少余裕を持った通数をお伝えください。 法定相続情報一覧図の書式 法定相続情報一覧図を作成される際には、以下の書式により行ってください。

>

法定相続情報証明制度の具体的な手続について:法務局

また、図形式のみで列挙式は利用できません。 法務局で認証を受ければ公的な証明として相続手続きで使うことができます。 なお、提出方法については、実際に窓口に行き提出するか、または郵送での提出となります。 法定相続情報一覧図の写しとは? 法定相続情報証明制度の申出をすることで、「 法定相続情報一覧図の写し」が法務局から交付されます。 相続欠格になった人:氏名、続柄などを 記載する(相続欠格になったことは記載しない)• 簡単に説明すると、相続人が作成した法定相続情報一覧図原案を法務局が相続関係に間違いがない一覧図であると証明してくれると言うのが法定相続情報証明制度で、申出人である相続人が作成した相続情報一覧図に法務局が印を押す形になります。 交付自体無料ですが、再交付にも費用はかかりません。

>

「法定相続情報一覧図」と「相続関係説明図」の違い

法定相続情報一覧図と相続関係説明図は何が違うのか 法定相続情報一覧図については「法定相続情報証明制度とは」、「法定相続情報一覧図の申請方法」で簡単に説明しましたが、法定相続情報一覧図に似ているものとして、相続関係説明図というものがあります。 しかし、戸籍謄本は数が膨大になることもあって、取得の手間や費用が相続人の負担になっていました。 なお、運転免許証のコピー等の本人確認に使用した書類については返却されません。 01)。 また、相続人間で遺産分割が行われた場合や相続人に相続放棄をした者がいる場合はその旨を相続関係説明図に記載しますが、その記載も法定相続情報一覧図にはありません。 また、 法定相続情報証明制度を専門家に委任する場合は、登記と併せて依頼するなら司法書士に、相続税申告と併せて依頼するなら税理士に、遺産分割協議と併せて依頼するなら弁護士がお勧めです。 相続放棄した人がいる場合 その人の記載は、他の放棄していない相続人と同様の形式であり、その人が相続放棄した旨については記載しません。

>