Imitation rain ピアノ。 Imitation Rain / D.D.

X JAPAN YOSHIKI、SixTONES(ストーンズ)デビューに祝福の『Imitation Rain』ピアノ動画を投稿(WWSチャンネル)

Imitation……本物を目指して、原石たちは雨の中で己を磨き続けました。 2012年、『』のキャストに起用された彼らは、 それぞれが見たいと願った夢のためにその歩みを始めたのです。 ミュージックビデオの撮影。 まだリリース前にもかかわらず、歌番組やラジオで披露される度に「YOSHIKIサウンドが全面に出ている」と、SNSで話題になっている。 バンド• X JAPANのYOSHIKIといえば、鬼のように速いテンポでドラムを叩くイメージの方も多いかもしれないが、YOSHIKIの音楽ルーツはクラシックにある。

>

X JAPAN YOSHIKI、SixTONES(ストーンズ)デビューに祝福の『Imitation Rain』ピアノ動画を投稿(WWSチャンネル)

そこから強烈な4つ打ちビート再開から燃え盛るように展開し、<Imitation Rain 時には激しく>と進んだところでまたビートが変化する部分にはキュンとさせられる。 SixTONES — Imitation Rain Music Video [YouTube Ver. CDでしっかり聞き込んだら、MVで世界観を目にしたら、6人が歌い表現する姿を見たら……。 ふと立ち止まり、振り返ると、 そこには、もう戻ることのできない道ができていました。 「Imitation Rain」は、ある種の定型のある展開とは一味違い、新たなアプローチとも言える構成で繰り広げられている。 128 "Laugh" In the LIFE 128 BE CRAZY 124 JAPONICA STYLE 122 Jungle122 光る、兆し 122 Hysteria 120 この星のHIKARI 113 Night Train 110 Beautiful Life 94 手計測なので誤差あります。 IN THE STORMーー荒れ狂う雨風の中を。

>

多くの人の心を掴む“YOSHIKIサウンド”の正体 SixTONES「Imitation Rain」を機に考える

の中でもだいぶ先輩になっていました。 ここではYOSHIKIの深い世界観が広がる「Imitation Rain」の楽曲の魅力に触れてみたい。 教則・音楽理論• では、雨が練磨するもの、磨くものと言えば何か? 大地に眠る原石()だ。 『』の放送が終わり、6人はバラバラになってしまいます。 目を閉じて、思い浮かべる。

>

Imitation RainとSixTONES歴代オリ曲のBPMについて

このタイミングだからこそ話せること、これまでの思い出、いろいろな感情が入り混じるSixTONESへの想いをSnow Manが語ります。 さらに、YOSHIKI曲のピアノは、印象的な旋律をリフレインするのが特徴だ。 いつか本物の太陽のように輝けるよう、 長い年月をかけて磨き続けた原石に「光る、兆し」がーー見えたのです。 磨き続けても、石は石だと。 何故なら「偽物」という意味で歌詞中に「fake」という別の言葉があるから。 それほどに激しい雨の中を彼らは歩いた。

>

YOSHIKIのアレンジマジックに迫る 斬新さが光るSixTONES「Imitation Rain」:【音楽】

そして再び別のキーに転調し<戻れない 時代を振り返る>へと進み、ラストのバースではまたもとの(序盤から中盤の)調に戻り「キーが上がることによる高揚感」とは別種の、えも言えぬ快感が得られる。 そこにしっとりとした切ない歌メロが重なることで絶妙なバランスが生まれ、人の心を揺さぶるYOSHIKIならではのサウンドになるのだ。 アンサンブル• YOSHIKIが手がける「Imitation Rain」には、音楽としての深みと華、斬新な楽曲展開、ジャンルを超えた魅力がフレキシブルに表れ、X JAPANのYOSHIKIという唯一無二の存在感が表されているテイストもしっかりと含まれている。 ドラマ、そして映画の中で6人はそれぞれ夢に想いを馳せていたのに。 全体的にクールなイメージが強く、サビのフレーズも高ぶる感情を抑えたような控えめだからこそ、このハイトーン部分でリスナーの感情は揺さぶられる。

>

多くの人の心を掴む“YOSHIKIサウンド”の正体 SixTONES「Imitation Rain」を機に考える

ゴールじゃない。 2台4手• ただ、これは、彼らと共に、彼らをこの星の光だと信じる人たちが、 Team が、少しずつ増え続けて、そうやってたどり着いた第二章の始まりです。 ベース• そして密度の濃い時間を感じさせてくれる。 聞けば、氏はネガティブな印象を持つ言葉を あえて楽曲に取り入れることがあるそうです。 気がつくと何度も頭の中でリフレインし、ふと口ずさんでしまうような、 そういう不思議な引力が、この曲には、あります。

>