ご 教示 いただけれ ば 幸い です。 「ご教示/ご教授ください」の意味や使い方!違いや使い分け・誤用例文

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け

ご教示ください• 「このパソコンの使い方について、ご教示いただけますでしょうか。 また、都合のいいさま。 研修をしたいので、都合のいい日程のご提示願います。 メール結びに使うときは「よろしく!」を加えると丁寧 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツ。 「相手に都合のいい日時を教える」ことは情報を知らせる意味での「ご教示」となります。 バイク便で発送しましたので、後ほどお受け取りください。

>

「ご教示/ご教授ください」の意味や使い方!違いや使い分け・誤用例文

しあわせ。 」 「彼女にアカウントのログインのし方をご教示願います。 また、大学などの教育機関で、専門の学問や技能を教える上位の職位置を「教授」といいます。 (4)幸甚に存じます 「幸甚」は、何よりの幸せ、非常にありがたく幸せに思うこと、という意味です。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 「いただければ」は「いただく=してもらう」+「のであれば」という意味です。 時にはクッション言葉をプラスしたり、ここぞという場面に格式の高い表現を用いたりして、言葉のバリエーションを増やすと、よりきちんとした印象を与えることができ、仕事を円滑に進められます。

>

「ご教示いただけますでしょうか」の意味と使い方・敬語|メール

「この前は助かったよ、ありがとう」「とんでもないです」とやり取りするわけです。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 ご教示いただけましたら幸甚でございます• ご教示賜りますと幸いです• さらに、「どうぞ」と固く表現した「何卒」と「言わせていただきます」の謙譲語である「申し上げます」を使用した表現が、「ご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」という表現になります。 ビジネスメールで頻繁に利用する「ご教示」と言うワード。 常識や道徳から考えて、あってはならない様子。 幸甚という言葉そのものが格式高く、かなり気を使う場面でこそ生きてくる表現です。

>

「幸いです」の言い換えは?ビジネスでの使い方と例文まとめ

「ご助言」の「助言」は「 役に立つような言葉を添えて助けること、その言葉」「 口添え」を意味していて、主に目上の相手にアドバイスを求めるときに使います。 ご教授の意味 「ご(御)」は敬意を表す接頭語です。 「先週にお電話させていただきました者ですが、どうしてもその後の情報公開におきましてわからない点がございますので、その点についてご教示いただけますでしょうか。 お聞かせいただきたく存じます。 ~ならば、~であれば、という使い方をします。

>

「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

よろしくお願い致します。 たとえば楽器の弾き方、スポーツ、医学やプログラミング知識といったものは何度も練習したり、しっかり勉強したりしない限り身につきません。 資料を作成し、後ほどメールで送付致します。 どちらを使っても正しい敬語です。 「ご教授」までの高度な内容でなければ 「教えていただけますと幸いです」 が良いでしょう。 例文にあるように、「結果から分かったことがあったら教えてください」は「ご教授」です。

>

「ご教示ください」と「ご教授ください」の意味や違い、正しい使い方を解説【ビジネス用語】

「ご提示」とは、「提示」という言葉に尊敬語の「ご」をつけて、尊敬語の「ください」を使用した敬語表現です。 「ご示唆」の元の言葉「示唆」は、「直接的ではなく遠回しに示す・伝える」という意味を持っている言葉です。 ご教示賜れますと幸いです• 表現としては間違いではありませんが、場面に合った言葉を選ぶことも大切なので、柔らかい表現を用いると良いでしょう。 例文 「ぜひとも今後の改善点についてご教示のほどよろしくお願いいたします」 「今後の売り上げ向上にむけてご教示のほどよろしくお願いいたします」 「もし証拠となる目撃情報があればご教示のほどよろしくお願いいたします」 「ご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」だとより丁寧 「ご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」は、「 教えてくださいますよう、どうぞよろしくお願いします」といった意味でさらに丁寧な表現になります。 ここでは「ご教示いただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。

>