レイズ アルミ ホイール。 レイズのホイールブランドと人気ホイールを大紹介!

GT

グラムライツには20種類を超える鋳造ホイールがラインナップされており、その中でも人気の高いホイールが「57CR」です。 惜しむらくはサイズ展開が17インチから21インチとなっており、小型車への装着が難しいところです。 さらに他ではあまり見られない処理がリム奥へのピアスドリルの処理。 世界のレースフィールドで培った製造技術が、市販のアルミホイールにも惜しまず投入されているレイズ製品。 非常に独創的なデザインでありながら、ゴージャスな雰囲気の演出を実現しています。

>

アルミホイールのおすすめメーカー10選【車のカスタム初心者向け】

ロードスターには、16インチの場合はリム幅6Jのインセット43mmか52mmが適合し、17インチの場合はリム幅7. スポーツホイールのベンチマークとなっているモデルも少なくありません。 全ては思い通りに走り抜けるためにVOLK RACING TE37 SONIC SL TE37 SONIC SL. NTD. デザインはシンプルな5本スポークですが、その1本1本に太さを持たせ、深リムを採用したことで、非常に力強さを感じる造形となっています。 「ウルトラレッジェーラ」がイタリア生まれであることにも納得できます。 「ウルトラレッジェーラ」はF1にホイール供給を行ったことで、蓄積した技術やノウハウを結集し、開発が進められたアルミホイールのひとつ。 揺らめき立つ 炎(ほむら)をイメージさせるクロススポークデザインがベースで、5、7、9、10クロススポークのシリーズが用意されています。 タイヤのみお求めの方• 自動車部品製造メーカーとしてのBBSの歴史は1970年までさかのぼりますが、アルミホイールメーカーとしての歴史は1983年からです。 シンプルなデザインなので、どんな車の足元にもマッチします。

>

ボルクレーシング (レイズ) の一覧|ホイールカタログ|カーポートマルゼン公式サイト アルミホイールとタイヤの専門店

しかし、レイズはアルミホイールの開発・製造だけを一貫して行ってきました。 メタリックカラーとポリッシュ仕上げリムの組み合わせは、車の足元に迫力と高級感をプラス。 CV04は細長い15本のスポークがユーロテイストを感じさせる、フィンタイプのアルミホイールです。 このサイトはグローバルサインにより認証されています。 実はアルミホイールの開発・製造に携わっているメーカーは無数に存在します。 ディスク部のカラーは3色で、さらにゴージャスにしたゴールドと、気品を感じるダイヤモンドシルバー、そして黒に明るい光沢をミックスしたダイヤモンドブラックがあり、それぞれにシルバーダイヤカットのリムが付きます。 発売当時はまだ主流ではなかった鍛造製法を世に知らしめた、レイズの傑作アルミホイールです。

>

RAYS VOLKRACING

レース用ホイールは作る数こそ少ないが、1本製造するのに必要な時間は市販品とは別物。 スタイリッシュなデザインなので、先進性を感じる車の外観の足元で強い輝きを放つでしょう。 ホイールデザインは直線基調の6本スポークが見どころ。 また、同じくレイズならではの高度な技術として「REDOT」があり、こちらはA. me ブラック フリートはレイズホイールにおけるマルチピースの代表格。 MID NITRO POWER DERINGER 装着サイズ:20inx8. カスタムユーザーから高く評価されている「WORK」ブランドの中でも、特に勢いのあるアルミホイールが第7位にランクインしました。 さらにリム部にダイヤモンドカット、さらにリムフランジにMC文字を配したアクセント処理を加えているのもTOURERを名乗る同モデルの特徴。

>

【トヨタ ランドクルーザープラド】グッと印象を変えるアルミホイール&タイヤ8選装着レビュー

そこでのホイールも市販車のイメージを持たせるため、フラグシップモデルである「TE37」をオマージュしたデザインになっているとのことだった。 0Jにインセット42mmと47mmがマッチングします。 いま、僕らのマシンはレイズのホイールを履いていますが、非常に剛性が高くステアリングを切った瞬間から違いを感じます。 インナーリムの剛性の重要性はレースシーンから得られた知見だ。 伸びやかで軽やかなイメージは誤りではなく、性能面もしっかりと考慮。

>

ボルクレーシング (レイズ) の一覧|ホイールカタログ|カーポートマルゼン公式サイト アルミホイールとタイヤの専門店

全国以外の都道府県から探す :• 2017年12月14日には、ダークチェリー色のソフトトップをエクステリアに装備した、特別仕様車「RED TOP」が発売されました。 話はそれたが、その鍛造製法により当時「規格外の軽さ」、そして6本のスポークと、そのスポーク間に生まれる正三角形が応力の分散性に優れ、スポーツホイールにふさわしい剛性も持ち合わせていたことで、スポーツモデルに乗るユーザーなら誰もが憧れ、大いに支持されたホイールとなった。 レイズのホイールはそれぞれのコンセプトに合わせ10種類以上ののブランドで展開されています。 この鍛造製法の特徴である高圧プレス加工はホイールに高い剛性と軽さをもたらしますが、高コストのためホイールの価格が高くなってしまうという欠点があります。 やREDOTはレイズが特許を取得しているので、類似の表現はできないようになっている。 斬新なデザインモデルもラインアップする。 またアンダーカットを施してホイールとリムフランジがあたかも別体であるように見せる処理も見どころ。

>

ボルクレーシング (レイズ) の一覧|ホイールカタログ|カーポートマルゼン公式サイト アルミホイールとタイヤの専門店

レイズ・ホムラ(HOMURA) 次世代のスタンダードへ 出典元:dressup-navi. 軽量で高剛性でありながら、デザインの質を高めています。 しかし17インチホイールをチョイスした際に、タイヤとのボリュームバランスで負けてしまうケースも多い。 力強く煌びやかなブラックポリッシュカラーがライズをラグジュアリーにドレスアップします。 こうすることでレイズのホイールと組み合わせたタイヤは、例えば激しいブレーキングからのターンイン、といったシチュエーションにおいても、トレッド面を路面にキチンと押しつけることができるようになり、その結果、マシンのエンジニアが設定した空力やサスセッティングの効果が有効に使えるだけでなく、グリップフィールが安定することでドライバーがより正確にクルマを操れるようになるのだという。 CARTUNEでは軽スポーツカーやラグジュアリークーペへの装着が多いですが、ミニバンやスポーツセダンに装着している人もいます。 3種類のモデルは5スポークの V205C(19、20インチ)、ブランド初のオーバーリムデザインを取り入れた10スポークの V625C(19、20インチ)、緻密な10交点メッシュデザインの V210Re(20インチ)で構成。

>