消え た 聖 槍 篇。 『ストライク・ザ・ブラッド』スペシャルOVA「消えた聖槍篇」&第4期OVAシリーズが制作決定。消えた聖槍篇は発のオリジナルエピソードに

ストライク・ザ・ブラッド

眷獣は、精神支配の力を持つ鞭「ロサ・ゾンビメイカー」と、無数の真紅の蜂の群れ「毒針たち(アグイホン)」。 事件解決後は、更なる異世界である「東の地(エルセ)」へ「最高の強敵」に出会うことを求めて、クレードを道案内にして旅立った。 そんな折、絃神島の周辺海域で起きている原因不明の海難事故について、 獅子王機関と太史局が合同調査を行うことに。 最近では彼氏である基樹と会う機会が極端に減り、彼の友人からはすでに別れているのではと思われているが、基樹が負傷した際には菓子折りを持って見舞いに行こうとするなど、本人にその意思はない。 その後、自分が魔女になる際に結んだ「阿夜を監獄結界から解放する」という契約を合法的に履行するため、攻魔官としてLCOの残党を追っている。 戦王領域出身の元にしてナラクヴェーラ事件の首謀者。 「です」と言うべき語尾を「でした」と過去形で言う独特の口調で会話する。

>

【HMV限定特典つき】『ストライク・ザ・ブラッド』OVAスペシャル&第4期 Blu

国家攻魔官の資格を持つ、自称26歳。 千羅の死亡後も夜の帝国(ドミニオン)の資源を手に入れるために聖殲を使うべくカイン復活の計画を進めていたが、タルタロス・ラプスの一件で自らを死亡扱いと偽装して姿を隠していたことを利用される形で、幾磨と那月によって逮捕・解任される。 最終決戦で他の眷獣ともどもアヴローラから古城に譲渡されたが、古城自身が単独で使う場面は無かった。 【矢瀬基樹】 私立彩海学園高等部1年。 「三聖」闇白奈の精神支配術式を完全コピーしてみせ、「眷獣弾頭」の依り代の少女たちに自身の体験をもとにした仮想人格記憶を植え付け、「眷獣弾頭」を無力化する活躍を見せた。 「焔光の宴」以降は牙城と共に子供たちとアヴローラを救うべく、当人たちにも気づかれないよう密かに動いていた。 森林を無数の木の蔦で構成される守護者に変えることで、ほぼ無限に使役できる。

>

『ストライク・ザ・ブラッド スペシャルOVA 消えた聖槍篇』の感想レビュー

ヴァトラーを尊敬する一方、古城に対しては冷たく彼を好ましく思っていない(キラ曰く「ヴァトラーが古城を気にかけていることに嫉妬している」)。 。 第1部「聖殲編」は第15巻をもって完結し、第16巻からは第2部「終焉編」となり、こちらも第22巻をもって完結した。 105• 世間には男性として認知されているが、領主選争参加のため絃神島に現れた際には紫色の髪の美少女の姿をとりやや片言の女性語を用いていた。 自らの名前以外の記憶を失い、第四真祖の眷獣を喚び出すこともできない古城。 イロワーズ魔族特区 香管谷 雫梨・カスティエラ(かすがや しずり カスティエラ) 声 - 聖団(ギゼラ)の修女騎士(パラディネス)を名乗る白髪の少女。

>

スペシャルOVA『ストライク・ザ・ブラッド 消えた聖槍篇』とOVA4期シリーズ『ストライク・ザ・ブラッドⅣ』制作決定!

その後は、さり気無く古城にアピール行動を取っている。 義父である賢生の手により「模造天使」へ変えられそうになるが、古城と雪菜、ラ・フォリアにより回避される。 【暁凪沙】彩海学園中等部3年。 本来ならば20歳だが、後述の理由で成長が6年間停止している。 その後、冬佳に憧れて剣巫となり、知らないうちに彼女の武神具と同じ銘の雪霞狼を受け継ぐことになった。

>

スペシャルOVA『ストライク・ザ・ブラッド 消えた聖槍篇』とOVA4期シリーズ『ストライク・ザ・ブラッドⅣ』制作決定!

咎神とその関係者 ヴァトラーや「静寂破り」たちがたびたび「あの御方」と口にし、那月と矢瀬と賢生をはじめとした数多くの者たちが「聖殲」絡みで重大なまでに警戒している「咎神」。 藍羽 仙斎(あいば せんさい) 浅葱の父親。 その結果、即座に傷が完治し、真祖に匹敵する不死性を得ることになった。 真の完結篇の決め台詞では、「ここからは、第四真祖 オレ 達の戦争 ケンカ だ! 通称「お倫」。 ロウからはBBと呼ばれる。

>

ストライク・ザ・ブラッド(シリーズ)

脱獄防止機構を解除するべく無力化した那月へ襲いかかるが、同行していた浅葱によって特区警備隊やアスタルテの待機所に誘い出され敗北し、監獄結界へ再収監される。 HMV 全巻収納BOX(キャラクター:雪菜、紗矢華). 獅子王機関とは商売敵に当たるため、折り合いが悪い。 領主選争の際には契約の関係で終焉教団とは表立って対峙できず、人工島管理公社の主要メンバーを安全な場所に逃したり、斥候役を努めたりしていた。 108• が故郷の文化と謳い、筋骨隆々の身体に着ける衣装もそれに倣っている。 笹崎 岬(さささき みさき) 声 - 彩海学園中等部の女性教師で、雪菜たちのクラス担任。 第四真祖であることが深森にばれると解剖されかねないという懸念を抱える古城の心情を原初発掘の時点から把握しており、彼の前では知らないふりをしている。 17歳。

>

【HMV限定特典つき】『ストライク・ザ・ブラッド』OVAスペシャル&第4期 Blu

記憶もおぼろげな彼の視界に飛び込んできた光景は、 自分がくるまって寝ていたらしい一枚の毛布と 頬を赤らめ、涙ながらに訴えかけてくる雪菜の顔。 その特性ゆえに物理的拘束を任意で透過できるほか、応用で「死都」に保管してある武器を自在に取り出すことが可能になっている。 攻撃手段として自らを砲身としたを用いるが、小さくなった身体では力不足のため、夏音から霊力を借りている。 自身を取り巻くさまざまな事件を通して複数の女性(特に身近な雪菜と浅葱と紗矢華)から好意を寄せられているが、彼女らの気持ちに気づかない鈍感な面があるうえ、眷獣を覚醒させるための霊媒として不可抗力とはいえさまざまな女性から直接吸血を行うため、吸血対象以外の女性(主に雪菜)からの怒りをよく買う。 しかし、ザナが作った指輪に崩壊しかかった彼女の肉体からこぼれた血が反応し、古城が復活。

>