つくば 分析 センター。 試験項目

利用できる機器/委託

その組成や含有量を分析することで製品の特長を知ることができます。 所在地 電話番号 東京ラボ 〒133-0057 03 3672-1251 代 西東京ラボ 〒181-0013 0422 70-2311 代 千葉ラボ 〒260-0851 043 201-6222 代 木更津ラボ 〒292-0832 0438 22-7531 代 東関東ラボ 〒287-0015 0478 57-1231 代 取手ラボ 〒302-0014 0297 73-2922 代 水戸ラボ 〒311-4151 029 254-1244 代 北関東ラボ 〒374-0039 0276 74-9011 代 宇都宮ラボ 〒321-0905 028 662-9257 代 新潟ラボ 〒950-0951 025 284-8874 代 長岡ラボ 〒940-2116 0258 47-5256 代 郡山ラボ 〒963-0547 024 963-1600 代 米沢ラボ 〒992-0003 0238 37-7500 代 仙台ラボ 〒984-0002 022 390-9851 代 北上ラボ 〒024-0072 0197 71-5581 代 盛岡ラボ 〒020-0891 019 632-3033 代 所在地 電話番号 城東営業所 〒133-0057 03 3672-1251 代 城南営業所 〒140-0011 03 5715-5411 城北営業所 〒123-0841 03 3854-1571 代 城西営業所 〒181-0013 0422 70-2311 代 埼玉営業所 〒343-0835 048 990-4811 代 千葉営業所 〒260-0851 043 201-6222 代 木更津営業所 〒292-0801 0438 97-5146 北総営業所 〒270-1408 047 491-9001 代 船橋営業所 〒273-0022 047 434-2311 東関東営業所 〒287-0015 0478 57-1231 代 東総営業所 〒289-2511 0479 63-4595 つくば営業所 〒305-0854 029 837-0243 代 水戸営業所 〒311-4151 029 254-1244 代 北関東営業所 〒374-0039 0276 74-9011 代 宇都宮営業所 〒321-0905 028 662-9257 代 新潟営業所 〒950-0951 025 284-8874 代 長岡営業所 〒940-2116 0258 47-5256 代 酒田営業所 〒998-0018 0234 34-3151 郡山営業所 〒963-0547 024 963-1600 代 福島営業所 〒960-0102 024 553-7595 代 会津営業所 〒965-0006 0242 25-0976 米沢営業所 〒992-0003 0238 37-7500 代 山形営業所 〒990-0052 023 615-0031 代 いわき営業所 〒970-1144 0246 36-7113 代 原町営業所 〒975-0031 0244 23-1923 代 仙台営業所 〒984-0002 022 390-9851 代 古川営業所 〒989-6175 0229 23-7875 代 北上営業所 〒024-0072 0197 71-5581 代 盛岡営業所 〒020-0891 019 614-0127 代 所在地 電話番号 環境分析センター 〒970-1144 0246 36-8558 環境分析センター つくば 〒305-0854 029 837-2721 代 環境分析センター 新潟 〒950-0951 025 280-9381 環境分析センター 盛岡 〒020-0891 019 614-0127 代 環境分析センター弘前 〒036-8085 0172 29-1761 代 食品分析センター 〒963-0547 024 963-1005 代 食品分析センター つくば 〒305-0854 029 837-2721 代 食品分析センター 札幌 〒063-0801 011 688-8590 保菌検査センター 〒970-1144 0246 47-0866 所在地 電話番号 東京地区 東京営業所 〒133-0057 03 3671-5941 西東京営業所 〒183-0015 042 352-0971 神奈川営業所 〒252-0311 042 767-5581 埼玉営業所 〒343-0835 048 990-4818 さいたま岩槻営業所 〒339-0057 048 790-1381 静岡営業所 〒412-0043 0550 -81-6371 札幌営業所 〒063-0801 011 688-8590 千葉地区 千葉営業所 〒260-0851 043 201-6226 木更津営業所 〒292-0832 0438 22-7531 北総営業所 〒270-1408 047 491-9001 代 船橋営業所 〒273-0022 047 434-2311 東関東営業所 〒287-0015 0478 57-2224 東総営業所 〒289-2511 0479 63-4595 茨城地区 つくば営業所 〒305-0854 029 837-0267 水戸営業所 〒311-4151 029 253-9788 北関東地区 北関東営業所 〒374-0039 0276 74-9920 高崎営業所 〒370-0043 027 322-6933 宇都宮営業所 〒321-0905 028 662-9898 所在地 電話番号 北陸信越地区 新潟営業所 〒950-0951 025 280-9381 長岡営業所 〒940-2116 0258 47-5256 佐渡営業所 〒952-0014 0259 58-7477 酒田営業所 〒998-0018 0234 34-3151 松本営業所 〒390-0861 0263 31-3290 南東北地区 いわき営業所 〒970-1144 0246 36-7131 原町営業所 〒975-0031 0244 23-1923 郡山営業所 〒963-0547 024 963-1870 代 福島営業所 〒960-0102 024 553-7595 代 会津営業所 〒965-0006 0242 25-0976 米沢営業所 〒992-0003 0238 37-7500 山形営業所 〒990-0052 023 633-4404 仙台営業所 〒984-0002 022 390-9841 古川営業所 〒989-6175 0229 23-7875 代 北上営業所 〒024-0072 0197 71-5581 代 北東北地区 盛岡営業所 〒020-0891 019 614-0127 代 釜石営業所 〒026-0021 0193 27-8235 湯沢営業所 〒012-0824 0183 79-5071 大館営業所 〒017-0043 0186 44-6401 弘前営業所 〒036-8085 0172 29-1761 八戸営業所 〒031-0001 0178 72-1820. 特定原材料(7品目): えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生(ピーナッツ) 特定原材料に準ずるもの(21品目): アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、 くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、 ゼラチン 平成18年5月29日に「ポジティブリスト制度」が施行され、農薬、動物用医薬品および飼料添加物の約800項目に残留基準値が設定されております。 食品衛生法において、食品添加物は、添加物ごとに食品それぞれに対して使用基準が定められております。 食品を構成しているアミノ酸、糖、脂肪酸などは、食品によって異なります。 食品表示法が施行され、加工食品等への栄養成分表示が義務化されました。

>

利用できる機器/委託

当センターでは食品中のこれら成分を把握する各種分析を行っています。 使用原材料や商品の状況確認のため、当センターの放射能試験をご利用ください。 カビ毒(マイコトキシン)は、カビが産生する代謝産物のうち、人や動物に対して有害な作用を示す物質の総称で、食品衛生法において、アフラトキシン(食品全般)、デオキシニバレノール(小麦)、パツリン(りんご果汁)に基準値が設定されております。 平成16年 2004年 からは、5つのセンターの統合により研究基盤総合センター分析部門に改組となった。 当センターでは、多成分一斉分析法や通知試験法に準じた個別試験法を行っています。

>

研究基盤総合センター分析部門(一般向け)

商品の品質管理を行ううえで、その量を把握しておくことは重要な事項です。 そこで、研究基盤総合センター分析部門では、共用性の高い分析装置および専用測定機器を、大学全体の資産として集中的に管理し、効率的活用を図るとともに、研究従事者や大学生に適切な技術支援を行い、研究・教育現場での利用および各分野への応用を推進することを目的として運営をおこなっている。 顕微鏡観察、蛍光X線装置、FTIRなどの各種分析装置を利用して分析を行い、異物の種類を確認いたします。 。 アレルゲンを含む食品に関する表示は、食品表示基準(平成27年内閣府令第10号)と「食品表示基準について」(平成27年3月30日消食表発第139号消費者庁次長通知)にて、特定原材料(7品目)と特定原材料に準ずるもの(21品目)が定められています。

>

事業所

特定原材料は、症状が重篤または症例数が多いため表示が義務化されており、特定原材料に準ずるものは推奨表示となっています。 当センターではアレルゲン表示や工場等での工程管理の適正さを確認する試験を行っています。 食品および食品添加物は、食品衛生法において、重金属などに係る規格基準が定められています。 カビ毒のリスク管理は、農作物の生産や貯蔵、加工、流通および消費の各段階で求められております。 本公募実施の有無は当部門運営委員会で毎年検討され、実施する場合には、当該年度5月頃、分析部門経費支払責任者宛にお知らせ致します。 この計画は分析部門の機器を利用する研究をサポートするために、部門機器利用料金の一定額を当部門が助成するものです。 申請を検討されていた方には申し訳ありませんが、ご了承ください。

>

研究基盤総合センター分析部門(一般向け)

原発事故後から現在でも、食品の放射能汚染が確認されております。 また、平成24年7月より、文部科学省が進めている設備サポートセンター設備事業により発足されたオープンファシリティー推進室の事業の中核的存在として、共同利用機器の利用促進に努めている。 異物の種類は、金属、プラスチック、動植物片など多岐にわたります。 当センターでは食品中の食品添加物量を把握する各種分析を行っています。 当センターでは栄養成分表示のため各種分析を行っています。 分析部門保有機器の高度利用を図る目的で、毎年、研究助成を計画しております。 学内の方はへ• 当センターでは、規格、安全性に関する試験を行っています。

>

研究基盤総合センター分析部門(一般向け)

当センターでは、カビ毒の各種分析を行っています。 また保存温度、保存期間の違いによる食品中の細菌数の変化をとらえる保存試験も実施しています。 大型分析装置や専用測定機器は、研究に必要不可欠な設備であるが、近年、科学技術の発展に伴う高性能化、大型化、高価格化が急速に進んでおり、これらの装置を個々の研究室や部局で維持するという事は容易ではない。 食品の安全性を確保するには、ポジティブリスト制度に対応したリスク管理が重要です。 試験項目一覧 食品中の衛生指標菌や食中毒に関わる微生物の検出から同定までの試験を行っています。 栄養成分表示をする場合、これらの基準を守った正確な表示が求めらます。 平成24年4月1日より、食品に含まれる放射性物質の新しい基準値が適用され、従来の暫定基準値より厳しい基準値となっております。

>