メゾン 刻 の 湯。 小野美由紀さん×野木青依さん|【第1回】価値観が変わる! 銭湯の新しい魅力と楽しみ方

小野美由紀さん×野木青依さん|【第1回】価値観が変わる! 銭湯の新しい魅力と楽しみ方

「形にならなかったもの、行動できなかった時間、紡がれなかった言葉ーーそれら全てが意味を持つ瞬間というのが、人生には必ずやってきます。 銭湯の魅力に落ちた瞬間かぁ。 2月9日発売の「メゾン刻の湯」ですが、都内の銭湯の店頭で販売するなど、銭湯好きの手に届く販売の工夫をされる予定だそうです。 シンプルに小説として、とても良いです。 性別、宗教、人種、セクシャリティなど… ある属性なんて一人の人間の一部にすぎないのに、わかりやすくつけられたラベルがすべてであるかのように見られ、判断される。 サウナハイ、入浴ハイみたいな感じで精神が整ってくるというか。 「秋になったらさぁ、落ち葉集めて、焚き火しようぜ。

>

銭湯小説「メゾン刻の湯」2/9 発売記念!作家 小野美由紀さんインタビュー

元落語家志望だったらしい。 ただフラットに、リアルに、我々の気持ちが表現されています。 タイルが六角タイルだったり、傘立てがあったり、格天井が立派だったりすると素敵ですよねぇ……。 いろんなことはそれなりに住民たちにとって事件で、気持ちの変化をもたらしてはいるのだけど。 小野さん: 「『喜楽湯』さんや『梅の湯』さん、その他、高円寺の『小杉湯』さんなど、 若い番台さんの頑張っていらっしゃる銭湯を中心に販売していただけないか呼びかけているところです。

>

『喜楽湯』で実際に働いた筆者渾身の銭湯小説「メゾン刻の湯」 ポプラ社より2018年2月9日(金)発売決定!

「何十通も履歴書送って、やっとここに採用してもらったんだよ」 「ほら、僕、仕事、忙しいし、足もこれだし、異性と出会おうと思ったら、こっちからガツガツいくしかないんだ」 「それに俺、人に好かれやすいんだ。 仕事ができなくなり、引きこもり、文筆業を志し、31歳で芥川賞を受賞した。 「公衆浴場」という枠を超えた新しい取り組みが各地で起きているのです。 それはきっと「乗り越えた!終了!」なんて簡単なものではなくて。 偏見も、心無い批評も、意外と身近に転がっている。

>

楽天ブックス: メゾン刻の湯

お話はたくさんするんですけど、ほとんどの方が貸しロッカーの番号しか知らない間柄なんです。 会って接して交わって、体感したことが全て。 様々な現代社会の様相を、銭湯を舞台に描き出す希望の青春群像劇「 メゾン刻の湯」。 私も「人の裸を見るのが苦手」と言いましたが、銭湯に通うようになって「みんなそれぞれ素敵」だと思うようになりました。 【龍くん】唯一恋人がいる。 そしてお相手は、普段は マリンバ奏者として活動しながらも高円寺の老舗銭湯 「小杉湯」番頭として勤務する 野木青依さんです。 」 久住昌之さん(「孤独のグルメ」「昼のセント酒」): 「面白くて、お昼を食べるのも忘れて一気に読み切った。

>

『喜楽湯』で実際に働いた筆者渾身の銭湯小説「メゾン刻の湯」 ポプラ社より2018年2月9日(金)発売決定!

小野さんは マイノリティの「分かりにくい」生きにくさを丁寧に描き出しているように思う。 そこには数人の若者が暮らしていて・・・ ・妙に居心地のいい刻の湯での暮らしに馴染みつつこのままでいいものかどうかマヒコは行く末をつねに探している。 その後も病は氏に襲い掛かった。 だから、手伝えるときに銭湯の仕事を手伝うのがこの家のルール。 どちらかというと銭湯や温泉は苦手なタイプでした。

>

『メゾン刻の湯』小野美由紀/ポプラ社【本が好き!】

それでも、どこか人と違うことに対する引っかかりが残るのは理解できるし、私もどこかで同じように感じている部分はあるのかも知れません。 進むべき道を照らしてくれる人もおらず、その道を行きやすいようにならしてくれる人もおらず、肩を貸して一緒に進んでくれる人もおらず、周りがまるごとボロボロになったら。 構造!? はい。 片足が義足。 東京・下町にある創業の昔ながらの薪で湯を沸かす銭湯「刻の湯」が舞台。 貼られたラベル、そうじゃない俺 「メゾン刻の湯」にはシリアスなテーマも隠されている。 「見えるもの」が増えた分、「見えないもの」への想像力を失っていないか、と自問する。

>

『メゾン刻の湯』(小野美由紀)の感想(28レビュー)

こんなボロボロでもう進めそうにないよ…と思っても、私には進むべき道を照らしてくれる人もいれば、その道を行きやすいようにならしてくれる人もいれば、肩を貸して一緒に進んでくれる人だっていた。 。 この小説は、自分と異なる多様なものを受け容れ、寄り添っていく優しさが求められる今の時代にふさわしい物語です。 創作活動をしていると頭が煮詰まってくるじゃないですか。 その時に龍くんが紡いだ言葉は、普段の様子と少し違った。 戸塚さんの亡妻。 実際、障害を負ってから、私のことを高校生くらいのテンションで接してくれる人が沢山いる。

>