安野 花 の 駅 公園。 可部線:安野花の駅公園(広島県安芸太田町)

「Planar 50mm F1.4 SEL50F14Z」で撮る”安野(広島) 花の駅公園”

この駅舎には、運賃表も時刻表も残っていました。 グループが写真に写り込まないようアングルで調整したため見えませんが、芝生広場が奥まで続いています。 脚注 [ ] []• 花や駅舎、キハ58の維持管理をしとる人に感謝して募金にチャリーン。 4 SEL50F14Z」を使って広島県の安芸太田町にある安野駅の桜を撮影してみましたが、「50mmレンズは、もうこれ1本以外いらなくね?」って思うくらい個人的には満足度の高い写りでした。 安芸太田町にある安野 花の駅公園が、花に包まれる季節になりました。 旧安野駅に展示されとるキハ58554は電車ではなくディーゼルエンジンで動く気動車じゃけんの。 そんなことを思っていると、三江線はもちろん、芸備線の三次以北、もっといえば狩留家以北といったところも廃止と隣り合わせなのかもしれません。

>

Photo Diary from Hiroshima: 安野花の駅公園(旧JR可部線安野駅)の桜の写真 2017.04.14 (広島県安芸太田町)

国道191号線は普段からツーリングでよう通るけん、その時に安野花の駅公園に寄ることがあるんじゃけど、春の花咲く時期以外は殆ど人がおる事はないけんそのイメージが強い。 広島県と近県の桜の名所はこちらでまとめています。 コロッケと天むすも美味しかったです。 もくじ クリックして表示• 花の駅の名前のとおり春には桜が咲き、常時展示してある列車「キハ58」とのコラボレーションが楽しめます。 最後に 安野花の駅公園は山奥にある事もあり、祭り開催時以外では意外と人が少ない。 沿線にあった安野駅も廃線となると同時に、その役目をいったん終えましたが、その後、2005年春に、駅一帯が花の咲く公園として整備されました、特に春の桜の季節には「安野はなまつり」が開催され多くの方が訪れる名所となっています。 サクラと列車で有名な旧JR可部線安野駅の「 安野花の駅公園」。

>

ドライブついでに立ち寄りたい、安野 花の駅公園と道の駅 来夢とごうち

また、切り抜きや他の画像等との合成は不可とする。 ひっそりと佇む旧JR可部線安野駅。 写真の主な被写体である建物や植物などをクローズアップして使用するため、上下左右の必要最小限のトリミングを行うことは許可します。 (踏切も残されている) この姿を美しく写真に残そうと、その周辺にはカメラマンたちが集まっていました。 若干色目が濃いのはご愛嬌ということで、だけどホントに春の色どりあふれる安野花の駅公園でした。 先ずは列車、キハ58と桜の景色を堪能する。 公園というだけあって、ちょっとした芝生広場もあります。

>

可部線:安野花の駅公園(広島県安芸太田町)

。 しだれ桜は1分咲きほど、安野花の駅公園は時期をずらして花が植えてあるので、長く楽しめるんですよ。 駅名の由来 [ ] 開業当時の所在地である安野村から。 黄色いレトロなデザインのディーゼルカーは旧可部線仕様に塗り改められたものだそうで、桜の木をバックにどこか懐かしくホッとするような佇まいを見せてくれます。 現在は廃線となっていますが、2005年春に素敵な公園として生まれ変わっています。 山の上ではまだ桜が色付いていますね。

>

花と列車が楽しめる「安野花の駅公園」!桜の時期は過ぎましたが素敵な場所です

また、広島色のがされている。 前回散ってしまっていたレンギョウも見頃でした。 安野花まつりの時だけトロッコ列車も登場!!俺も子供と一緒に乗らせてもろうた。 写真データの使用にあたり、事前確認を希望される場合、土日祝休日等の閉庁日を除き、回答までに1週間程度要します。 下の写真左側のピンク色の濃いのがひょっとして桃の花か?? ソメイヨシノ、しだれ桜、レンギョウ、ユキヤナギ全て満開じゃ~!! 線路跡地わきには残されたままのコンクリート柱の標識も。

>

安芸太田町の「安野花の駅公園」でかつてのローカル路線の思い出をたどる

保存されている駅舎。 この廃止された区間にあったが「安野 花の駅公園」として、2005年より生まれ変わっています。 道の駅にはたくさんの植物やちょっとしたお土産品、食品や雑貨などが並んでいますが、こちらの建物にはあまり見所がないというのが正直なところ。 駅のホームにはディーゼル車「キハ58」が存在感を放っています。 ただレンギョウは綺麗に咲き誇っています。 こうやってずっと残されているのも地元の方に親しまれてきた駅だからこそなのでしょうか。

>