約束 の ネバーランド 172。 約束のネバーランド【第173話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

約束のネバーランド172話の最新話ネタバレが確定|エマがピーターに共に生きる事を提案

それとも袖のナイフを抜くのか。 GFに侵入したときから、食用児の目的は「勝利と対話」だったのです。 驚きと切なさが、混じったような表情を見せたイザベラ。 ピーター(僕にもう未来はないが、エマさえ殺せばお前たちも地獄へ逆戻りだ。 眠っていた鬼たちが目覚める エマがピーターの説得を始めたころ、鬼たちが目覚め始めます。 「あなたを殺すつもりはない」 突然銃を下ろすエマ。 武器を持っていないので、すぐにエマに襲い掛かるという馬鹿な真似はしないかと思います。

>

【約束のネバーランド】172話ネタバレ確定感想&考察、エマらしさ炸裂![→173話]

「約束のネバーランド」は、白井カイウさん原作、出水ぽすかさん作画による、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載中の人気マンガを原作としたアニメ作品。 叔父のラートリーが、どんな人物なのかも気になりますね! ピーターの補佐役として、二世界間の調停に携わってきた人物だと予想しましたが、どうなのでしょうか。 イザベラと和解した瞬間は、読んでいてつい、もらい泣きしてしまいました…。 自分達の私利私欲のため、邪血を殺し、民を見殺しにしてきたも同然です。 もう変えられるんだ。 変革と華々しい未来が待つ こいつらに対して——— 僕に待つのは転落と地獄。 「この支配も限界だ」 スポンサーリンク 道連れ 「あとはまぁ…なんとなく……だね」 そう言ったレウウィス大公の脳裏には猟場で戦ったエマたちの面々が思い浮かんでいた。

>

約束のネバーランド第172&173話【約ネバ通信VOL.72】|maesaqu|note

オリバーは、それでも話の通じる相手じゃないと思うぞと忠告しますが、対話を、話し合うことを放棄したくないとエマは言い、最終的にはジリアンも折れ、できるところまでやってみましょと賛同します。 ついにエマは銃を捨て、この苦しみを終わらせ一緒に生きることをピーター・ラートリーに提案しました。 もともとイザベラは人間世界に行く気もなさそうですしね。 ついにエマに手の届く距離まで近づいたピーター・ラートリーに対し、あなたを殺すつもりはない、話し合いをしようと提案するエマ。 「私達の大事な未来だもの 悔いは絶対残したくない」 笑顔で頷くエマ。 はたして、エマの説得は実るのでしょうか? というところで、漫画「約束のネバーランド」172話は幕を閉じました。

>

約束のネバーランド【第173話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

「あなただってあなたの正義で二世界を守ってきたんでしょ?」 エマ自身は食用児として生まれたので、ラートリーのしてきたことは当然許しがたいことです。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で読めますよ。 「恐れることはない 邪血は断じて病毒などではない」 レウウィス大公は邪血の真実について民衆に語り出します。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!. ピーター・ラートリーと話に来たエマ エマ、ノーマン、レイに銃を向けられ追い詰められたピーター・ラートリー。 しかしこれまで社会を支配してきた女王や五摂家がいなくなり、代わりに合議連合が支配者に成り代わろうとしていることにレウウィス大公は反対していた。 そんな人間世界に食用児たちはこれから向かおうとしているわけですが、ピーターが残した言葉を叔父に伝えることで実現するのか気になります。

>

アニメ「約束のネバーランド」2期キービジュ公開、シリーズ構成に白井カイウ参加

さらに原作者である さんが、編集部に持ち込んだネームの実物など、作品づくりの裏側に迫るエリアがファンを待ち受けている。 スポンサーリンク 追い詰められたピーター ピーターは完全に追い詰められた。 鬼たちは自分たちが死んでいないことを不思議がっていた。 当主であるピーターが残した言葉ですから、叔父にとっては強い効果を発揮するのではないでしょうか。 ピーターは迷うジェイムズに嬉々としてユリウスの選択を英断だとして褒めちぎりました。

>

最新ネタバレ『約束のネバーランド』172

使命に囚われていたことを認めることは、兄の死が無意味だったということにもなりかねません。 全部許せるわけがない。 今、ようやくピーターは悟りました。 それに対して猛烈に反対するのはジリアンだった。 イザベラから気をつけてねと言われて、元気よく言ってきますと答えました。 その決意通り、GFに突入してからも、エマ達は鬼の職員たちを無力化しておらず、殺していなかった。 待っているのが転落と地獄だと理解していた。

>

約束のネバーランド 最新第172話自由ネタバレ含む感想と考察。道連れを企むピーターに対してエマが示した意外な選択。

それを差し引いて考える…ということが、どれだけの人間に可能なのか…。 ピーター(道連れだよ パパと一緒に死のう 食用児共よ) 【エマの覚悟】 ピーターは口では命乞いをしながらナイフの射程距離まで一歩一歩と近づいて行きます。 ピーターの表情がとても胸に刺さり、印象的な物語でした! そんなピーターは食用児たちに人間世界の闇と、助言を残しましたがどんな意味を持っているのでしょうか。 そこで次に有力候補となるのが、叔父の存在です。 許すことはできないけれども、それ以上にみんなが悪しき運命から脱却しなくてはいけないとの想いがエマにとっては強かったのでした。

>