4 字 熟語 一覧。 【四字熟語100選】小学生向けのよく使う四字熟語

創作四字熟語|住友生命保険

千編一律 (せんぺんいちりつ)• 一日三秋 (いちじつさんしゅう)• 千篇一律 (せんぺんいちりつ)• 元気・健康を表す• 一飯千金 (いっぱんせんきん)• 四字熟語 意味 一挙一動 いっきょいちどう ひとつひとつの動作、ふるまい。 凡聖一如 (ぼんしょういちにょ)• 千秋万古 (せんしゅうばんこ)• 七五三縄 (しめなわ)• すべてが、この上なくうまく進んでいることをいう。 付和雷同 ふわらいどう 自分の考えがなく、他人の意見にすぐ賛成すること。 一大決心 (いちだいけっしん)• 一つの文字と一つの句。 物事を完成するための最後の仕上げ。 七種菜羹 (しちしゅのさいこう)• 表立ってみんなに示せるちゃんとした理屈。

>

小学生用 四字熟語 一覧プリント|ちびむすドリル【小学生】

よく出る 三寒四温(さんかんしおん)寒い日が三日ほど続くと、そのあと四日間ぐらい暖かい日が続くということ。 五蘊皆空 (ごうんかいくう)• 一人当千 (いちにんとうせん)• 朝三暮四 (ちょうさんぼし)• 親に慈しみ育てられた恩のこと。 壁立千仞 (へきりつせんじん)• 大切な所と、どうでもいい所とを取り違えていることをいう。 法華三昧 (ほっけざんまい)• 一竜一猪 (いちりゅういっちょ)• 運命を賭けて、いちかばちかの大勝負をすること。 情愛のこもった深い付き合いのこと。 音信不通 おんしんふつう 便りや連絡がまったくないこと。

>

四字熟語辞典

千秋万歳 (せんしゅうばんざい)• 必要なものは、自分で作り出してまにあわせること。 三十六計 (さんじゅろっけい)• 一望千里 (いちぼうせんり)• 一刀三礼 (いっとうさんらい)• 一虚一盈 (いっきょいちえい)• 作文三上 (さくぶんさんじょう)• 世の中に一つだけで他に並ぶものがないもののこと。 千巌万壑 (せんがんばんがく)• 四六時中 (しろくじちゅう)• 昔から今まで、そして東から西まで。 寵愛一身 (ちょうあいいっしん)• 一死報国 (いっしほうこく)• 二河白道 (にがびゃくどう)• また、そういう仕組みをいう。 四苦八苦 (しくはっく)• 一生に一度だけの機会。

>

逆引き検索一覧

聞一知二 (ぶんいちちに)• 言文一致 (げんぶんいっち)• 一徳之愚 (いっとくのぐ)• 「身命」は体と命。 九死一生 (きゅうしいっしょう)• 千呼万喚 (せんこうばんかん)• あるものごとに心を奪われて、自分の現在の状態を忘れること、またそのさま。 心に何のわだかまりもなくさっぱりして穏やかな様子。 千荊万棘 (せんけいばんきょく)• 四百四病 (しひゃくしびょう)• 全体のまとまりもなければ、筋道も通ってなく、てんでんばらばら、めちゃくちゃなこと。 四荒八極 (しこうはっきょく)• 七珍万宝 (しっちんまんぽう)• 手紙やメッセージに入れれば、長い文章のアクセントになったり、一味違ったおしゃれな感じに! 人生での座右の銘としても、ぜひかっこいい四字熟語を使ってみてください! これからも、どんどん紹介して行くのでぜひご活用ください!. 切磋琢磨(せっさたくま)仲間同士が、お互いに競争・励(はげ)まし合い、自分を磨(みが)くこと。

>

逆引き検索一覧

死にかかっているものが生き返ったり、だめになりそうだったものが、いい状態にもどったりすること。 朽索六馬 (きゅうさくりくば)• 四衢八街 (しくはちがい)• は 破顔一笑(はがんいっしょう)顔をぱっとほころばせて、にっこり笑うこと。 一日が千年にもあたるくらい、長く感じられること。 一石二鳥 (いっせきにちょう)• よく出る 三者三様(さんしゃさんよう)考え方、やり方などが、人それぞれ違うこと。 物事を完成するための最後の仕上げ。

>

かっこいい四字熟語!座右の銘にも使える厳選113の熟語(意味付)

一進一退 いっしんいったい 進んだりあともどりしたりすること。 ひたすらひとつのことに、心を向けて集中すること。 三老五更 (さんろうごこう)• 一顰一笑 (いっぴんいっしょう)• 一蓮托生 (いちれんたくしょう)• 一倡三歎 (いっしょうさんたん)• たいへんなご馳走。 四方八方 (しほうはっぽう)• 十年一昔 (じゅうねんひとむかし)• 油断や手抜きを一切せず、自分の持っている能力のすべてを全力で発揮すること。 完全無欠(かんぜんむけつ)欠点や不足がまったくないこと。 獅子が奮い立って、猛進するような激しい勢い。

>

四字熟語辞典

一味同心 (いちみどうしん)• 自業自得 じごうじとく 自分のおこないの結果を自分が受けること。 縦横無尽 じゅうおうむじん 自由自在、思う存分のたとえ。 ほんのわずかな文字や言葉のこと。 よく出る み 三日天下(みっかてんか)国や組織などで権力を握っている期間がきわめて短いこと。 恐れ敬う相手から厚意を受けた時などに使う言葉。 絶望的な状態が劇的に好転することをいう。 一字褒貶 (いちじほうへん)• 精神一到 (せいしんいっとう)• 苦労や困難があっても決して諦めることがないこと。

>