南シナ海 人工 島。 【主張】南シナ海「占拠」 中国は国際法違反やめよ

中国の「南シナ海人工島」をトランプが爆撃破壊する可能性(近藤 大介)

そしてそれに応じなければ、いよいよ爆撃となるのではないか。 尤も中共に比べれば韓国なんて影響力は殆ど無いようなゴミ国家だから、崩壊しても世界経済への影響は殆ど無いが、流石に中共はヤバい。 南シナ海南部のスプラトリー諸島(南沙諸島)で中国が建設した7つの人工島に中国のアクセスさせない人工島封鎖案を示したのだ。 ティラーソンは米国務長官としても、アメリカのために同じことをしてくれるのだろうか? 先週水曜のティラーソンはまさにそう考えているように見えた。 2019年の動向 [ ] 2月11日、アメリカ海軍は「航行の自由」作戦を実施し、ミサイル駆逐艦「」「」の2隻が、中国が実効支配するミスチーフ礁とフィリピンが実効支配している 仁愛礁 から12海里内の海域を航行した。 ただしアメリカが細心の注意で何が起きているのか説明しない限り、中国はその意図を察してくれないだろう。

>

中国が完敗、言い渡された「5つのダメ出し」 南シナ海境界線

また人工島を造成しているすべての岩礁は「島」ではなく「岩」または、時に海面に出ない「」であるとし 、人工島に200海里範囲の排他的経済水域 EEZ は生じないと判断した。 アースライズの分析によれば、ミスチーフ礁とファイアリークロス礁には、それぞれ約190の独立した建造物・構造物が存在する。 沿海域戦闘艦「フォートワース」や哨戒機「P8ポセイドン」は、すでに中国の人工島のすぐ近くで活動している。 議長国フィリピンのドゥテルテ大統領の「南シナ海問題は触れない方がよい」という主張を受け 、11月16日のマニラのASEAN首脳会議の議長声明では従来掲載されてきた南シナ海問題への「懸念」の文言が消える代わりに南シナ海行動規範の大枠合意など「中国とASEANの関係改善」への評価が盛り込まれた。 横須賀には海上自衛隊の基地もある。 2016年11月28日閲覧。

>

南沙諸島(南シナ海)の中国人工島基地は「3つ」もある

日米を含む多くの国が海上交通路(シーレーン)とする南シナ海はインド太平洋の中央部に位置する。 もう一つ、ライメイカーズは、フランス領ポリネシアに注意を喚起している。 フィリピンは第2次大戦以降、米国から軍事支援と訓練を受けているが、中国の「侵入」対応するには旧式の米沿岸警備艇2隻しか持っていない。 8月10日・11日に大統領特使としてラモス元大統領がを訪問し、中国の外事委員会主任委員の傅瑩と非公式に会談した。 エスパー国防長官はハワイのダニエル・K・イノウエ・アジア太平洋安全保障研究センターで演説し、インド太平洋地域を「中国との大国間競争の中心」と呼び、中国が国際法を順守せず、南シナ海で軍事化を進めていると批判した。 中国海軍フリゲート3隻、502 南充(江南型)、556 湘潭(江滬型)、531 鷹潭(江東型)、負傷1名。 もし中国政府が見て見ぬふりをすれば、共産党が面目を失う形となって国内問題に波及する可能性がある。

>

中国の実効支配態勢が着々と固まる南沙諸島の人工島群:朝日新聞GLOBE+

だが、裁定を「紙くず」「政治的茶番」と非難してきた中国は態度を改めようとしない。 産経ニュース(2016年7月20日)• 中国が南沙諸島を埋め立てて基地を造っている 周辺諸国は猛反発しているが、中国の巨大な軍事力になすすべもない このまま中国海軍の基地になるだろう 21世紀も弱肉強食の時代である たしかこの地域は台風の通り道になっている それも巨大台風が毎年のように通る所だ 台風がこの場所を通るときは人が住んでいないのでニュースにはならないが かなり激しい嵐になるだろう 今は無人島になっている日本領の南の島(名前は忘れた)に人が住んでいたことがある 台風が通過した後に行ったら島全体が波に洗われ、家は影も形も無かった それから無人島になった 南沙諸島に作られる基地はこれとは規模が全く違うので 巨大台風が来ても大丈夫なように作られているだろうが スーパー台風が来て海面が10mも上昇したらどうなるのだろうか? 基地だから人が避難して空にすることはできないだろう 人類が経験したことが無い猛烈な高波と戦って勝てるのだろうか 更に温暖化により海面が上昇する 温暖化とも戦わなければならない 軍事大国は自然の驚異との戦いに、まず勝たなければならない! 負けたら、周辺諸国の笑いものになるだけだ <追記> 10月26日のニュースから アメリカの軍艦が人工島12海里内を通過した 人工島には領海の権利は無いという国際ルールを示した行動だ 中国は猛烈に反発しているが、衝突事態は発生していない フィリピンはアメリカの行動に賛意を表明している 南沙諸島の領有権を主張している周辺諸国も同様だろう アメリカの軍事行動に周辺諸国が反対することはあっても賛成したことは聞かない それほど中国のやり方が汚いからだ 今後の進展を見守る 中国は強大な軍事力を持っているので、東南アジア諸国の反対などは全く気にしないで勝手に行動している。 こんな状況だから、本来は中共が米国との戦闘を行う何て事は自殺行為であり、人民解放軍の軍人達だって米国と戦闘などする気は全くないだろうが、近平が面子に拘って米国の人工島破棄警告を無視する事もあり得る。 「レーガンを派遣した目的は『力による平和』だ」と、ロナルド・レーガンの指揮官であるパット・ハンニフィン大佐は言う。 さらに問題なのは、「埋め立てている場所」だと言われており、国際法上は 「満潮時に、全てが海面下に沈没してしまう岩礁ならば、国際法では埋め立てをしても領海や排他的経済水域(EEZとは認められない。 また、埋め立てから滑走路や港湾施設の建設によるインフラ整備に重点が移行していることも指摘した。

>

米、中国の企業と個人に制裁 南シナ海の人工島造成で 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

南シナ海で何が起きているのか 「緊急ニュースをお伝えします。 2016年の動向 [ ] 1月2日に中国外交部が、ファイアリー・クロス礁で建設していた飛行場の完成と滑走路を使用して試験飛行をしたことを明らかにした。 ですので、トランプ政権の幹部が繰り返す対中強硬論はすでにアメリカの政治のコンセンサスとなっており、今後も変わることはないでしょう。 南シナ海には豊富な天然資源(原油、天然ガス)があるからです。 これで南シナ海における米中軍事バランスは、より一層米国側不利になるだろう。 だがおそらくティラーソンは、既にある7つの人工島すべてを指していた可能性が強い。

>

焦点:南シナ海人工島に中国の「街」、軍事拠点化へ整備着々

判決が下った翌13日、中国国務院は2万字に及ぶ白書で反論。 そもそも中国当局によると「中国固有の領土である南沙諸島に人工島を建設したのは、古来より中国の海である南シナ海で操業する中国をはじめとする各国の漁民の安全や、国際的な海上航路帯での航行の安全を確保するため」とされ、中国の国際貢献の一つということになっている。 アメリカが考慮すべきリスクは多い。 2.なぜ中国は南シナ海を支配したいのか 南シナ海を制すれば、海上交易の要衝を支配することになるからだ。 そうならば上記のように米軍関係者が「三つの人工島航空基地は、米海軍空母 10隻の働きをする」と警戒することはない。 南太平洋の諸国が脆弱で中国に取り込まれる危険が常にあることは明白である。

>

中国 米の南シナ人工島造成制裁に内政干渉だと反発

現在は、それぞれの3000メートル級滑走路に加えて軍用機の格納整備施設や、各種レーダー装置をはじめとする管制施設も設置され、航空基地の機能が整っているありさまだ。 「今や島が完成した以上、中国政府の次の動きには、ある程度の慎重さが出てくると考えられる」と同氏は指摘。 航空施設や港湾施設に加え、各種レーダー施設と考えられる建造物も多数確認されている。 人工島の軍事拠点化は、習主席が15年の訪米時にこれを否定した約束に反しているとも指摘した。 2015年11月14日閲覧。

>