インテージ ホールディングス。 (株)インテージホールディングス【4326】:リアルタイム株価チャート

インテージホールディングス (4326) : 決算情報・業績 [INTAGE HOLDINGS]

これならある程度株価が暴落してもそこまでダメージは大きくないですね! PERが10〜15倍の範囲に収まっているのでだいたい日本平均のperになっていますね 指標的には手出ししても問題なさそうです。 小学校では「21人以上30人以下」、中学校・高等学校では「31人以上40人以下」を適正なクラス人数と考える人が多い• 商品名がカタカナの漢方薬は、主成分が漢方薬と認識されている割合が低い 複数の具体的な商品それぞれについて「主成分が漢方薬であると思う」と回答した人の割合は、商品名に漢字を含む漢方薬を認知している人で62%(3商品の平均値)でした。 まずナイトプールについて見てみると、最も高かったのは「一緒に行く人がいなかった」が2割、次いで「家の近くになかった」「休みがとれなかった」が続いています。 また訪日観光客がほぼゼロの状態が続く中、外用鎮痛・消炎剤が前年同月比97. 逆に言えば行きたかったが行けなかった方が7割にのぼることになります。 また、性年代別の認知度を見ると、20~40歳代男性において低いことが分かりました。 「ナイトプール」は0. 関連キーワード• 小学生と同居している人ほど「少人数学級」を望む傾向に 続いて、小学生との同居の有無によって、適正と考えるクラス人数が異なると仮定し、分析しました。

>

インテージホールディングス(4326)の株主優待紹介

このことから、小学校には「少人数学級のきめ細やかな指導」を求める保護者が多いと考えられます。 ROEのみの観点からすると投資対象候補銘柄になりそうです。 しかし、「ビアガーデン」「海外旅行」「キャンプ」「音楽フェス」「フードイベント」「ナイトプール」「グランピング」などは、「行きたいと思った」人のうち「実際に行った」人の割合が3割を下回りました。 0%であり、呼称自体がまだ広がっていないことが明らかになりました。 小学校に対しては、東北地方で「21人以上30人以下」の回答が73. インテージホールディングスの1株配当と配当性向の推移は? ビジネスの展開を踏まえながら、多様な使い方ができるようになります」 川口氏 運用面でも気づきがあった。 未来:クローンやタイムトラベルを活用、新たな付加価値を提供していく インテージテクノスフィアでは、DWH基盤にSnowflakeを採用した新しいパネルデータ提供・分析システムを2021年に公開する予定だ。 4倍にも増配しています。

>

インテージホールディングス(インテージH)【4326】の大株主と資本異動情報|株探(かぶたん)

殺菌消毒剤は、今年4月に初めて販売金額上位10薬効に入りましたが、当月になり11位にランクダウン。 9%となりました。 株価は1,000円未満• そこで、本調査において、小学校・中学校・高等学校それぞれの適正と考えるクラス人数を聴取。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 右肩上がりですとよっぽど配当性向が高くない限り減配の可能性は低いですからね。 2008年度連結売上(米ドル換算)に基づくランキング(アメリカマーケティング協会)で世界TOP10にランクイン。 そのため、呼称だけではなく、子ども食堂やフードパントリーのような活動内容の認知が、さらに幅広い年代に拡大していくことが期待されます。

>

クラス人数は少ない方がいい?~地方・学年によって違う意識|株式会社インテージホールディングスのプレスリリース

6()をご覧ください 【問】あなたは、子ども食堂の取り組みを知っていますか。 性年代別に見てみると、「花火大会・お祭り」は特に20~30代女性で行った人の割合が高く、約4割の方が花火大会やお祭りに出かけたと回答しています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 一方、東北・中部地方などでは、それより少ない「21人以上30人以下」の割合が高くなっていました。 特に、近年増えている商品名がカタカナの漢方薬の商品において、この傾向が強いことから、これらの商品は「漢方薬であること」とは別のポイントで消費者に評価されている可能性がありそうです。 【調査結果のポイント】• 6%などと、前月に引き続き記録的な大幅マイナスとなっています。

>

増税後の買い控えがあった昨年10月との比較で103% 乾燥の季節、新製品も貢献し前年比121.4%と好調な皮膚用薬|株式会社インテージホールディングスのプレスリリース

全国の16~79歳の男女1万802人を対象にしたインターネット調査で、適正と考えるクラス人数を尋ねたものです。 また、災害対策やセキュリティ対策、アップグレード作業もSnowflakeにまかせることができる。 6%も上回った。 「パネルデータを提供・分析するシステムは、インテージグループにとってビジネスの要となる最重要プロダクトの1つです。 「データに魂を吹き込み、世の中を感動させる Intelligence Integrity Impression」をビジョンとして掲げ、データ活用ノウハウを駆使し、AI(人工知能)のビジネス適用、ソフトウェア開発・販売、システム運用、維持・管理、データセンター運用、システム構築・運用による業務プロセス改善支援などを展開しています。 2億円となり、7-12月期 上期 計画の8億円に対する進捗率は66. 「フードバンク」の認知度は約7割、「フードドライブ」は4割弱 子ども食堂やフードパントリーと同様、食の支援の一つである「フードバンク」や「フードドライブ」についても認知度を調査。

>

「子ども食堂」の認知度は8割で高止まり? ~コロナ禍で注目の「フードパントリー」、認知はこれから~|株式会社インテージホールディングスのプレスリリース

拡張性やコストの面で注目したのは、コンピュートとストレージを分離したアーキテクチャだ。 7%で、過去5年間の6月の販売金額の平均を100とした場合の指数で見ると2番目に低い97. 生活者の暮らしや想いを理解するための情報基盤をもって、お客様企業が保有するデータをアクティベーション(活用価値を拡張)することで、生活者視点に立ったマーケティングの実現を支援してまいります。 関連URL. 消費税増税後の買い控えで市場が縮小していた昨年10月との比較では103. 総合感冒薬は、風邪のシーズンに入ったことによる立ち上がりが見られ、販売金額で71. 0 %。 中学校に対しては、地域に関わらず「21人以上30人以下」の回答が多く、現状と同程度、あるいは少ない学級規模が望まれています。 特に、「実際に行った」人の割合が1割を下回る低い結果となった「ナイトプール」「グランピング」は、そのハードルを見直すことで更なる消費拡大につながると考えられます。

>