群馬 県 建設 技術 センター。 概要

公益財団法人群馬県建設技術センター

平成21年 4月 1日 技術開発支援係、研究開発係、電子・計測係、材料・食品係を廃止。 図書販売 群馬県が監修した図書の販売をしています。 PDFデータの種類は、次のとおりです。 さらに、太田市( 株 ぐんま産業高度化センター内)に東毛支所準備グループを設置。 企画管理G、産学官共同研究G、情報G、電子・計測Gを設置。 昭和53年 4月 1日 醸造部(酒類課、食品課)を食品部 (発酵食品課、食品加工課)に組織改正。 対象企業 経営改善の策定支援を受けることで、金融機関からの支援(条件変更や新規融資)が見込める中小企業・小規模事業者 事前申請 認定支援機関と連名で当センターに事前申請を必要とします。

>

群馬県経営改善支援センター

昭和12年3月30日 群馬県醸造試験場の名称および位置を前橋市新町に定める。 昭和35年4月 富岡にあった和紙研究室を廃止。 平成17年 4月 1日 群馬県立群馬産業技術センターにおいて、新たに研究開発グループと計測グループを設置(9グループ)。 お気軽にご相談ください。 昭和25年4月 農村経済の合理化に資するため、農産食品加工の試験研究業務を開始、9月に農産加工室を建設し、業務を遂行。

>

ごあいさつ

昭和12年 鉄工部増設。 電磁・光計測係を設置。 ・本サイトの資料を無断で転用、もしくは複製して第三者に提供することを一切禁止します。 ) 業務について 建築確認・各検査の申請 各種様式(申請様式のダウンロード) 受付票 申請様式 New! データをCDで配布いたします。 ・本サイトの資料及び内容は、予告無しに変更・削除することがあります。 提供先 公益財団法人 群馬県建設技術センター 利用環境 Microsoft Internet Explorer 10以上でご利用ください。

>

群馬県経営改善支援センター

ボーリングデータ 2731件 ボーリングデータ更新 1756件 ボーリングデータ更新 2417件 ボーリングデータ削除 1件 ボーリングデータ更新 538件 ボーリングデータ更新 367件 ボーリングデータ更新 63件 計 7871件 利用規約 1. 電子機械係、応用機械係を設置。 また、公の資料として、申請やその他資料として利用することはできません。 ただし、閲覧のための通信費等は利用者側の負担となります。 閲覧時間は、平日の午前9時~午後5時までです。 記 1 配布物 工事案内板イラスト集及び工事補助標示板電子データ(pdf、ai 形式) 2 対象者 群馬県内に本支店または営業所等を置く法人 3 利用料 無償 4 利用申込方法 本データを利用希望する方は、「工事案内板イラスト集及び工事補助標示板電子データ利用申込書」を記入の上、ご持参ください。 これまで以上に体制の強化を図り、職員一同心ひとつに力合わせてお客様の笑顔が見られるような組織を目指して取り組んで参ります。 お問い合わせ. データを希望する方には、PDFデータをCD-Rにてご提供いたします。

>

群馬県経営改善支援センター

工事関係者はもとより広く学術関係者や一般県民の方にも利用していただければ幸いです。 平成20年 4月 1日 係制(8係)を導入。 地図部分の利用についてはGoogle社の規約に準じてください。 昭和37年 郷土土産品、民芸品の復元研究等実施。 付記 群馬県工業試験場 大正11年4月 繊維工業原料検定所が前橋市神明町から岩神町に移転、群馬県工業試験場と改称。

>

群馬県建設業協会

今後ともご指導、ご鞭撻を賜るとともに、是非ご活用くださるようお願い申し上げます。 群馬県建設技術センターでは産学官の共同研究として、これら貴重な地盤情報の散逸を防ぎ、新たな社会資本整備や防災事業への活用が図れるよう研究を進めています。 群馬県県土整備部「積算基準及び標準歩掛」の公表について 令和2年10月1日付で改正された令和2年度積算基準及び標準歩掛については、群馬県県土整備部積算基準及び標準歩掛公表要領(平成31年1月1日付)に基づき公表いたします。 以降統合まで業務続行。 非常に規模の大きい団体です。 [] 群馬県工芸所 昭和2年 群馬県工業試験場に木工部が新設され本場および高崎分場で県下木製品製造業の指導業務を開始。

>

図書販売等

ますます多様化する社会の変化に応えるため、一昨年度10年後を見据え、センターのあるべき姿を「中長期計画2018」としてまとめました。 ・本サイトの資料は、特定の機関(団体)の政策をあらわしたものではありません。 各冊子の目次は、以下によりご覧いただけます。 その後、2012年4月「公益財団法人」への移行を経て、今年35年目を迎えました。 適用は令和2年10月1日からです。 なお、印刷を製本(冊数)単位で希望される場合や大量の印刷を希望される場合は、申込後、後日現金引き渡しとなります。 概要 財団の概要 1966年 8月 土木部監理課内に試験機材係を設置(試験室・前橋市岩神町) 1967年 8月 土木部土木工事検査室(試験機材係) 1970年 4月 土木機械事務所構内に試験室移転 1973年 11月 土木部土木工事検査課(試験機材係) 1978年 4月 土木部技術管理課(設計積算室) 1979年 4月 土木部技術管理事務所(設計課・試験課・研修係) 1986年 6月 (財)群馬県建設技術センター発足(総務課・設計課・試験課・研修課) 1993年 4月 建築防災課新設 1994年 4月 設計課設計第三係新設 1994年 9月 土木遺産収集保存事業発足 1996年 6月 建築物耐震診断判定委員会発足 1999年 5月 建設事業相談室新設 2000年 10月 指定住宅性能評価機関としての住宅性能評価業務開始 2001年 10月 指定確認検査機関として建築確認検査業務開始 2002年 4月 建築防災課を建築課へ課名変更 2003年 2月 ISO9001認証取得 2003年 4月 グループ制施行(総務・研修グループ、工務第一グループ、工務第二グループ、試験グループ、建築グループ) 2004年 2月 地質調査システム開発事業発足 2005年 4月 総務・研修グループを総務・企画研修グループに、工務第一グループと工務第二グループを工務グループにグループ名変更 2006年 1月 JNLA制度による試験所認定取得 建設業経営特別相談窓口新設 2006年 3月 建設ふれあい情報館新設 2008年 4月 係制施行 総務係、企画研修係、工務第一係、工務第二係、建築係、試験係 2008年 11月 新試験棟完成 2012年 4月 公益財団法人群馬県建設技術センター発足 2013年 4月 技術支援係新設 2015年 4月 営繕係新設 2020年 4月 課制施行 総務経営課、企画研修課、工務第一課、工務第二課、技術支援課、建築審査課、建築支援課、材料試験課) 組織• ) 業務規定 申請方法 申請書を窓口に持参してください。

>