池上 彰 youtube。 12月12日に池上彰客員教授による公開講演会「グローバル社会を生きる」を開催

池上彰、“教育系YouTuber”に 増田ユリヤと『YouTube学園』開校

博士(経済学、東京大学)。 タイムリーな話題から、世界史のディープなところまで、楽しみながら学べ、「勉強って面白い!」と思える企画が満載だ。 皆さんに見ていただきたいという思いはあるんですけれど、やっぱり、そこで衝撃的な動画に引っ張られないで、そもそもこれはどういう意味があるのかとか、映像の持っている意味や(ニュース自体の)歴史的な意味をキチッと伝えるということが、プロに求められてくることだと思うんですよね。 「スゴイ映像があるよ」「ほら、みんな見て!」「ああ、スゲエ!」で終わるのではなく、ニュース番組で取り上げるのであれば、そこはやっぱりプロとしての分析が求められてくるなと思います。 ただ、YouTubeを使った情報発信には消極的で「YouTuberになってみようと思ったりしますか?」の質問には「全くありません」と笑った。

>

12月12日に池上彰客員教授による公開講演会「グローバル社会を生きる」を開催

(構成/小野田鶴) 小田中直樹(以下、小田中):歴史を振り返ると、感染症の流行と都市化は、密接に関係しています。 16日お昼に『池上彰と増田ユリヤの YouTube学園』を開校する。 すると、本当に事故の直後とか、あるいは事故そのものとかの映像が見られるようになってきました。 何時に(動画を)上げればいいのかも考えて、みんなが夜8時に見るから、8時半に上げるとか。 2024年、本学は創立150周年を迎えます。 #2【東京都知事選挙目前】テレビじゃ教えない選挙の不思議 ・知らないとヤバい選挙の仕組み ・知ってる? 二元代表制と議院内閣制 ・世界の選挙はパスタパーティー カフェで投票 ・日本の選挙は戸別訪問NG 選挙カー ・池上彰が教える東京大統領の選び方•。 コレラと都市インフラ整備の関係と、ちょっと似ている感じもします。

>

池上彰氏“YouTube進出ない”もYouTuber「ヴァンゆん」の熱意に感心「反省させられました」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

その努力に感心した。 ジャーナリストの池上彰氏と増田ユリヤ氏が教育系YouTuberとしてデビューすることが決定。 お二人が取材してきた裏話も有り!オタクな趣味も全開でお茶目なプライベートにも迫ります! こんなにも喋ってくれる、池上彰さんと増田ユリヤさんはYouTube学園でしか見られません。 アメリカ大統領選など、日々飛び込んでくる国際ニュースにどう向き合うか、本学で2016年度より客員教授として教鞭をとる池上彰氏による本講演および高校生からの質疑応答を通して、視聴者とともに考える機会とします。 プロが撮影するというのは、みんなそういうものでした。 例えば、あおり運転はこういうことなのかとか、ドライブレコーダーがあると、こういうことが分かって事故の原因もすぐ分かるよねとか。 今年4月28日、コロナ禍を受けて感染症の歴史を振り返る共著(ポプラ社)をいち早く刊行。

>

池上彰氏“YouTube進出ない”もYouTuber「ヴァンゆん」の熱意に感心「反省させられました」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

《桑田あや》. その結核が、「時代の病」になるのが19世紀。 今後、【二人のリモート打ち合わせ映像】も配信予定です!! 東京都知事選目前! 6月17日のお勉強は、池上さんと増田さんが『世界の選挙と日本の選挙』について配信します。 防犯カメラ映像やドライブレコーダー映像、スマートフォン動画など、決定的瞬間をとらえ、時代を変えたスクープ動画を徹底解説する。 7月には、コロナ禍がもたらす経済危機の乗り越え方を歴史に学ぶ(ポプラ社)も共著で刊行している。 19世紀にはコレラの感染爆発もあり、その後、ヨーロッパの各都市で、感染予防対策の狙いもあって上下水道が整備されるなど、都市改造が進みました。 6月16日の初回配信は、「テレビじゃ教えない『感染症VS人類』のお話」というテーマで、「ジャーナリストがコロナそっくりの事例をこっそり明かします」「逃げ場ナシ? 新型コロナ感染拡大の行方に迫る」「パンデミック マスク転売 歴史は繰り返す?」「4000万人死亡 コロナ第2波 待ったなし?」「情報統制 密 相撲で感染 水面下で進む感染の正体とは」をトピックとして取り上げる。

>

池上彰と増田ユリヤのYouTube学園、6/16配信開始

願わくば、本書を起点に、読者に自分の関心やニーズに即して「その先」を探求してもらいたい。 小田中直樹(おだなか・なおき) 東北大学大学院経済学研究科教授。 ちょっと反省させられましたね。 ここ数年、動画によって分かるようになってきたこと、変化したことを、この番組では体系的に整理してお伝えできると思います。 ところが、たまたまそこにいた人が、それを動画で(SNSなどに)上げる。 またライブ配信会場にいる2名の高校生から、直接質問を受け付けます。 松本恵介プロデューサーは「今回の番組では、スマホやドライブレコーダーなどの登場で急速に身近な存在になった視聴者提供などの映像が、どれだけ衝撃を与え、社会を変えていったのかを池上彰が徹底解説します。

>

池上彰&増田ユリヤのコロナ特別講義「リモートワーク格差と新自由主義」:日経ビジネス電子版

1963年生まれ。 感染症は、人間の生きる世界をいかに変えてきたのか? 歴史学者である、東北大学大学院経済学研究科の小田中直樹教授が、この問いに答えるのが、。 それは確かに衝撃的だったりするんですけど、逆にその衝撃的な映像にちょっと頼ってしまうことがあるんですね。 そうするとだいたい、事故現場が(事故から時間が)だいぶ経ってからなんですね。 86年、東京大学経済学部卒業、91年同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。

>

池上彰&増田ユリヤのコロナ特別講義「リモートワーク格差と新自由主義」:日経ビジネス電子版

今日、YouTuberの2人が出てこられたでしょ?あの熱意とか努力っていうのはスゴイですよね。 うわ、テレビ局の編成と同じことを考えているよと思いました。 2人組人気YouTuber「ヴァンゆん」への密着取材も敢行。 テレビで活躍中の 『池上彰さんと増田ユリヤさん』二人が、 教育系YouTuberになりました! 歴史を学んでいる子どもたち、まだまだ学び足りない大人たちに向けて、テレビや学校では教えてくれないことを中心にYouTubeチャンネル 『公式池上彰と増田ユリヤのYouTube学園』で配信中です。 ゲストは、りんご娘・王林(21)、カミナリ、麒麟・川島明(40)、ゆきぽよ(23)のほか、ヴァンゆん、中高生に人気を誇るTikToker・ねお、ライブ配信サービス「SHOWROOM」の前田裕二社長(32)。

>