シャープ 決算 発表。 本日の決算発表予定 … シャープ、住友電、ソニーFHなど 49社 (5月19日)

シャープ、2018年度決算発表会 ~今後は最先端技術を核にグローバルブランドを強化

04-06 517,290 9,083 7,794 7,950 13. pdf】をご確認いただきますようお願いします。 2020年 11月6日 8月5日 6月29日 5月19日 2月4日 2019年 11月1日 2020年3月期 第2四半期決算発表 8月1日 2020年3月期 第1四半期決算発表 6月25日 第125期定時株主総会 5月9日 2019年3月期 決算発表 1月30日 2019年3月期 第3四半期決算発表 2018年 10月30日 2019年3月期 第2四半期決算発表 7月31日 2019年3月期 第1四半期決算発表 6月20日 第124期定時株主総会 4月26日 2018年3月期 決算発表 1月31日 2018年3月期 第3四半期決算発表 2017年 10月27日 2018年3月期 第2四半期決算発表 7月28日 2018年3月期 第1四半期決算発表 6月20日 第123期定時株主総会 普通株主様による種類株主総会 5月26日 中期経営計画説明会 4月28日 2017年3月期 決算発表 2月3日 2017年3月期 第3四半期決算発表 2016年 11月1日 2017年3月期 第2四半期決算発表 7月29日 2017年3月期 第1四半期決算発表 6月23日 第122期定時株主総会 普通株主様による種類株主総会 5月12日 2016年3月期 決算発表 2月4日 2016年3月期 第3四半期決算発表 2015年 10月30日 2016年3月期 第2四半期決算発表 7月31日 2016年3月期 第1四半期決算発表 6月23日 第121期定時株主総会 5月14日 中期経営計画説明会 5月14日 2015年3月期 決算発表 2月3日 2015年3月期 第3四半期決算発表 2014年 10月31日 2015年3月期 第2四半期決算発表 8月1日 2015年3月期 第1四半期決算発表 6月25日 第120期定時株主総会 5月12日 2014年3月期 決算発表 2月4日 2014年3月期 第3四半期決算発表 2013年 10月31日 2014年3月期 第2四半期決算発表 8月1日 2014年3月期 第1四半期決算発表 6月25日 第119期定時株主総会 5月14日 中期経営計画説明会 5月14日 2013年3月期 決算発表 2月1日 2013年3月期 第3四半期決算発表 2012年 11月1日 2013年3月期 第2四半期決算発表 8月2日 2013年3月期 第1四半期決算発表 6月26日 第118期定時株主総会 6月8日 経営戦略説明会 4月27日 2012年3月期 決算発表 2月1日 2012年3月期 第3四半期決算発表 2011年 10月27日 2012年3月期 第2四半期決算発表 7月28日 2012年3月期 第1四半期決算発表 6月23日 第117期定時株主総会 6月3日 経営方針説明会 4月27日 2011年3月期 決算発表 2月3日 2011年3月期 第3四半期決算発表 2010年 10月28日 2011年3月期 第2四半期決算発表 7月29日 2011年3月期 第1四半期決算発表 6月23日 第116期定時株主総会 5月17日 経営戦略説明会 4月27日 2010年3月期 決算発表 2月3日 2010年3月期 第3四半期決算発表 2009年 10月29日 2010年3月期 第2四半期決算発表 7月30日 2010年3月期 第1四半期決算発表 6月23日 第115期定時株主総会 4月27日 2009年3月期 決算発表 4月8日 経営戦略説明会 2月6日 2009年3月期 第3四半期決算発表 将来の日程は、本日現在の予定です。 それに伴い、5月29日までは『決算特報』を毎日3本配信します。 シャープにとって 米州市場は 今まで空白市場だったからこそ、そこのところを広げていきたいと考えています」. 13%と大幅に上昇しています。 8%となったものの、市場コンセンサスは数億円程度の水準でした。 21年3月期第2四半期累計 4-9月 の連結経常利益は前年同期比26. 1%減となったアドバンスディスプレイシステムは、中国市場でのテレビ販売の抑制や、スマートフォン用パネルの需要変動などの影響を受けたとのこと。

>

シャープ、通期業績予想を下方修正

私どもが想定した売り上げには届かなかったものの、スマートホームやスマートビジネスソリューションについては収益性を確保できたのではないかと思います」。 経常利益の減少止まらず、2Q累計は27%の大幅減…• ただ、好材料出尽くし感もあり、今後株価が大きく上昇できるかは不透明さも残ります。 さらに、「商品事業は、マーケットの変化に合わせて5G対応機器などを投入する通信事業、ローカルフィット製品でグローバル展開を強化する白物家電事業、8K・4Kやスマートテレビなど国内外で商品ラインナップを強化するテレビ事業で大幅な増収を見込んでいる。 ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算 単独決算 ]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準 IFRS 、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更• 10月30日の公表時に比べ、売上高は2兆5000億円(前回発表予想は2兆6900億円)、営業利益は1070億円(同1120億円)、経常利益は960億円(同1010億円)としたが、当期純利益は前回発表時の900億円を据え置いた。 シャープ株の上昇要因 新型コロナウイルスの影響は甚大ではない 新型コロナウイルスや巣ごもり需要に対応する戦略が奏功する可能性 先述した通り、シャープの第一四半期決算は、新型コロナウイルスの影響下にありながらも想定より好調な結果で着地しました。

>

大型株シャープ(6753)の株価が決算受け急上昇!なぜ?今後はどうなる?【買い時か】 | 株式投資アナリティクス@金融×戦略コンサル

シャープ 執行役員管理統轄本部管理本部長の榊原聡氏は、「国内は、テレビ、白物家電ともに上昇している。 野村氏は「2019年度は中期経営計画の最終年度にあたる年。 株価が上昇する要因としては、新型コロナウイルスへの対応に併せた製品・プロモーション戦略奏功、が挙げられます。 。 だが、足もとでは、新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、その動向や各国政府の対応を注視している。 シャープのような大型株の期待銘柄 シャープは国内の大手電機メーカーで 時価総額が高く、事業の安定性や流動性に優れた銘柄です。

>

本日の決算発表予定 … シャープ、住友電、ソニーFHなど 49社 (5月19日)

9%増となったスマートホームでは、掃除機や洗濯機が好調に推移したほか、2018年10月に連結子会社化した「Dynabook株式会社」の効果もあったとした。 13%と大幅に急伸しました。 ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。 一方、同28. 直近3ヵ月の実績である7-9月期 2Q の連結経常利益は前年同期比14. 07-09 605,673 22,344 19,169 14,854 24. デバイス事業ではIGZOなど長年培ってきた技術を活用し、中型パネルへのシフト、有機ELパネルの外販推進などに取り組んでいきます」 野村副社長 米州でのブランドビジネスの本格展開について野村副社長は次のように補足する。 また、同15. 売上高は約1割伸びており、利益はかなりの伸びがある」と述べた。

>

本日の決算発表予定 … シャープ、住友電、ソニーFHなど 49社 (5月19日)

8Kエコシステムの売上高は前年同期比10. 「商品事業では中国で量から質への転換を加速するとともに、白物家電事業を本格展開し、米州でブランドビジネスの本格展開を図るなど各地域でのニーズと当社の強みを考慮した効果的な取り組みを進めていきます。 適切な対策をタイムリーに講じ、販売状況やサプライチェーンへの影響を最小化することに努め、従業員の安全と業績の両立、財務体質の改善、株主価値の向上を図るとともに、事業活動を通じた社会貢献に取り組む」と述べた。 「2019年度第4四半期を底に、各事業で回復が進んでおり、第2四半期は黒字し、上期トータルでも黒字化している」と述べた。 9月7日には、今年でちょうど20年の歴史を持つプラズマクラスターイオンが、新型コロナウイルスの減少に効果があることも発表した。 【新型コロナウイルスの影響】 出典: 新型コロナウイルスの影響で販売減はもちろんあったものの、生産拠点・サプライチェーンは正常化。

>

シャープ (6753) : 決算情報・業績 [Sharp]

シャープの株価が急上昇したことに対するツイッターの反応 知名度が高い国内大手企業だけあり、好調な決算や株価急上昇に対してツイッターで多くの反応が見られます。 5Gのミドルレンジの製品を出しており、今後はこの製品の貢献が期待できる」と述べた。 2021年3月期の連結業績は、売上高が前期比3. スコア算出にあたっては、発表内容を(1)前の期の実績(2)直近の会社予想(3)市場予想(QUICKコンセンサス)--との比較で分類してパターン化。 ただし、新4K8K放送が開始された日本国内は伸長している。 【決算スコアについて】 企業の発表する決算や業績予想修正が、どの程度株価にインパクトを及ぼすかを統計的に算出した参考指標です。 2018年度に続き資本の質的向上にも取り組んでいきます」 野村副社長 2019年度の業績予想は売上高が10. このあと追々いろいろな発表をさせていただきたい。

>

本日の決算発表予定 … シャープ、住友電、ソニーFHなど 49社 (5月19日)

【2020年度の取組】 出典: 新型コロナウイルスの影響に伴う「巣ごもり需要」に対して白物家電やテレビ、パソコン、通信事業の取組みを変化させる計画です。 デバイス事業でも、回復基調にある顧客需要を着実に取り込み、スマートフォン向け、PC、タブレット、産業用ディスプレイなどが大きく伸長する見込み。 2020年度第2四半期連結業績概要 ジャパンディスプレイ白山工場は2020年下期に稼働へ シャープ 代表取締役社長兼COOの野村勝明氏は、「2020年度第2四半期の業績は、ほぼ想定通りに進捗。 8Kディスプレイも医療分野に活用している。 この要因について野村副社長は次のように語った。 その一方で、通信事業は「新製品の発売時期の違いもあり、前年同期を上回り、上期トータルでも増収となった。

>